公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ということで、3月@スズナリ公演戌井昭人:新作書き下ろし『だいこん・珍奇なゴドー』小屋入りまであと2週間、秒読み開始となりました。ここまできて絶好調で、メチャクチャアナーキーでパワフルな「作品」に進化しています。明日から昼夜みっちり、わたしたちの「劇」が早稲田に棲みつき、発酵を始めることとなるでしょう。

音楽と芝居が奇妙にコラボする、世界で初めての「音楽劇ゴドー」が生まれます。それにしても、凄いエネルギーの塊のような役者たちが「凄い」!いやあ、面白い!!

まるで『ゴドーを待ちながら』のウラジミールとエストラゴンを思わせる男1・2を演じる佃典彦VS谷宗和が登場する。が、どっこい!すぐ、そんな「劇世界」は、木端微塵にぶっ壊れる。これがオもろい!でもって、女1・2・3 伊藤弘子、月船さらら、山崎薫の美女トリオがやってくるともうそこから、戌井昭人「どん底」的ゴドーワールドが始まります。

でもって「やってくるヤツラ」がものすごい、大久保鷹・栗原茂・里美和彦の大根さんトリオ、塩野谷正幸、土井通肇、佐藤華子、平野直美の怪優、畏優、快優たちが「集中力」をもって傍若無人・乱暴狼藉・ナンセンスの限りをし尽します。これは、不条理劇を超えた超スラップスティックの「ニンゲン喜劇」なのです。そこには「熱い身体を持ったニンゲン」が存在する「劇」をわたしたちは目指しているのです。果てか?トートツか?登場人物全員による打楽器アンサンブルがさく裂する!そんな「妄想」世界を目指して、怒涛のような1時間45分ノンストップアクションの『戌井版ゴドーを待ちながら』きっちり、みっちり、テッテイテキに創り上げます。もう少し、お待ちください。そして、ご期待ください!演劇的な「評価」を超えた「事件」に近い役者たちの暴走を観たいと思っています。

まだ、全ステージ「大いに余裕アリ」ですが、予約はお早目に!!
※3月18(土)夜の回の終演後、流山児祥、戌井昭人と庭劇団ペニノ主宰のタニノクロウのトーク開催。
※3月19(日)昼の回の終演後、18時より劇団員によるファン感謝デー開催。(ドリンク代:1000円)
ぜひ、ふらりとスズナリまでおいで下さい。

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/daikon?m=0abjgca

詳細はこちら↓
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-daikon.html
劇団で活動することに興味がある人を募集しています。締切は2月22日(水)必着です。お急ぎください!待ってます、アナタを!!
 

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」    
     (400字程度)

● 応募〆切:2017年2月22日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

●審査日:2017年2月25日(土) 午前

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみ。

*******【お問合せ・応募先】*******

流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
2017-02-19 00:46 この記事だけ表示
演劇関係者の皆様、佐伯隆幸さんの偲ぶ会のご連絡です。お知り合いの方々に連絡していただきますと、助かります。よろしくお願いします。

身体表象文化学専攻・フランス語圏文化学科主催/文学会共催
 「追悼講演会 演劇人佐伯隆幸とは誰だったのか」
 日時:2017年3月29日(水)17:30〜18:30(開場17:00)
 会場:学習院大学(東京・目白)百周年記念会館正堂
  (キャンパス案内はこちら⇒ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
 講演者:佐藤信氏(座・高円寺芸術監督)
     高橋治男氏(中央大学名誉教授)
     渡邊守章氏(東京大学名誉教授)
 受講料:無料
 申込:不要
 ※講演会後「佐伯隆幸先生の思い出を語る会」を開催いたします。
 「佐伯隆幸先生の思い出を語る会」
 日時:2017年3月29日(水)18:30〜20:00
 会場:学習院大学(東京・目白)
百周年記念会館小講堂(3階)
 会費:2000円
 ※会費は百周年記念会館内受付にて徴収いたします。
 申込:不要
 ※「追悼講演会 演劇人佐伯隆幸とは誰だったのか」、
「佐伯隆幸先生の思い出を語る会」ともに
 御香典、御供花等につきましてはお取次ぎいたしかねますので、何卒ご了承ください。
 主催:学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻・文学部フランス語圏文化学科
 共催:学習院大学文学会
 【問い合わせ先】
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/cult/
 03-5992-1404
2017-02-17 13:35 この記事だけ表示


以下、掲載します・

日本ペンクラブ声明 「共謀罪に反対する」

共謀罪によってあなたの生活は監視され、
共謀罪によってあなたがテロリストに仕立てられる。
私たちは共謀罪の新設に反対します。

 私たち日本ペンクラブは、いま国会で審議が進む「共謀罪(「テロ等組織犯罪準備罪」)」の新設に強く反対する。過去の法案に対しても、全く不要であるばかりか、社会の基盤を壊すものとして私たちは反対してきたが、法案の本質が全く変わらない以上、その姿勢に微塵の違いもない。
 過去に3度国会に上程され、いずれも廃案となった法案同様、いま準備されている共謀罪は、事前に相談すると見なされただけでも処罰するとしている。これは、人の心の中に手を突っ込み、憲法で絶対的に保障されている「内心の自由(思想信条の自由)」を侵害するものに他ならない。結果として、表現の自由、集会・結社の自由など自分の意思を表明する、あるいは表明しない自由が根本から奪われてしまう。
 しかも、現行法で、十分なテロ対策が可能であるにもかかわらず、共謀罪を新設しなければ東京オリンピックを開催できないというのは、オリンピックを人質にとった詭弁であり、オリンピックの政治的利用である。
 このような法案を強引に成立させようとする政府の姿勢を許すわけにはいかない。  
 法案の成立を断固阻止すべきである。

 2017年2月15日
                  
一般社団法人日本ペンクラブ      
会長 浅田次郎    
言論表現委員長 山田健太
2017-02-16 16:37 この記事だけ表示
発売中の「テアトロ」3月号「劇評」に1月@Space早稲田公演『メカニズム作戦』(宮本研:作、流山児祥:構成・演出、朝比奈尚行:構成・音楽)の劇評が掲載されています。とっても素敵な「劇評」です。感謝。それにしても、きっちり見てくれているな。

齋藤偕子(演劇評論家)

宮本研:作『メカニズム作戦』は、組合運動に引き込まれ、会社との軋轢の中で自己存在証明を求める若者中心に描く。

1962年初演当時は(残念だが観ていない)移入したてのブレヒトの影響もあろう先進的多場面音楽劇で、今回その線は流山児祥の担当した構成・演出により、現代リズムの中で更に前面化。
音楽に迎えた特異な活動歴長い「時々自動」の朝比奈尚行も(構成・音楽、演奏も「時々自動」の一員)ドラマ性含め生かした。

いわゆる職場演劇=働くものの姿を職場という社会集団の中の軋轢と葛藤で描く=出身作者の素材はそのままだが、構造の多面化と音楽性がそれを超えて今日の前衛にも通じてくる。

確かに、職場にセットされた作品として、個々の人間もそのコンテクストで生きてきているが、集団(社会)性を強化するのみでなく、寓話的に生かし得たのは、リズムがドラマに合体していく音楽性と矢継ぎ早の場面転換だ。パースペクティブを与えた効果である。

育成対象者七人が新鮮で元気で、独唱にも合唱にも振りがついてくるので、歌とダンスがいっぱいの舞台になる。この点から、現在では古風と見える争議に関わる人々の努力の仕方も、今日も「未解決のこと」なのだと思い起こさせてくれる。
日本的人間関係、集団描写も万歳だ。
2017-02-15 11:57 この記事だけ表示