公演情報
Space早稲田演劇フェスティバルオープニング公演
『OKINAWA1972』

Space早稲田演劇フェスティバルオープニング公演『OKINAWA1972』



【作・演出】詩森ろば
【企画・出演】流山児祥
【出演】
伊藤弘子、栗原茂、甲津拓平、荒木理恵、五島三四郎、佐原由美
新納敏正、村松恭子、眞藤ヒロシ、杉木隆幸、酒巻誉洋、東谷英人、芦塚諒洋、江口翔平、岡野優介、佐々木恭平

【日程】
2016年9月15日(木)〜10月2日(日)

【会場】Space早稲田

【チケット】
全席自由・入場整理番号つき
一般 3,500円
前半平日割引 3,200円(15、16、20、21、23日の回のみ)
U25・学生割引 2,500円
高校生以下 1,000円
7月29日(金)より前売開始

公演詳細はこちら
☆リーディング出演者募集
Space早稲田演劇フェスティバル2016特別企画『北村想 名作戯曲リーディング』

【募集人員】30 名(経験不問)
【稽古日程】10/5(水)〜11(火)のうちで調整
【公演日程】10/12(水)〜15(土)
【作品と演出家】
『十一人の少年』シライケイタ(温泉ドラゴン)
『DUCK SOAP』佐野バビ市(東京ミルクホール)
『グッドバイ』スズキ拓朗(チャイロイプリン)
『虎☆ハリマオ』伊藤靖朗(地下空港)

【オーディション】9/7(水)11時〜新宿区内
【審査料】1,500 円
【応募方法】プロフィール/芸歴書(写真添付)に「出演希望作品名」を明記の上、フェスティバル事務局までご郵送ください。
【応募〆切】8/31(水)必着

【お問合せ・お申込み】
流山児★事務所「Space 早稲田フェスティバル事務局」
〒162-0045
東京都新宿区馬場下町60 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13〜17時)
FAX:03-3205-917
http://www.ryuzanji.com
☆☆ワークショップ参加者募集
Space早稲田演劇フェスティバル2016特別企画『大人のための流山児祥演劇ワークショップ&発表公演』

【募集人員】20名(40歳以上、経験不問)
【日程】
11/28(月)〜12/1(木)18:00〜22:00
12/2(金)〜4(日)13:00〜21:00
最終日12/4(日)18:00より発表公演
【講師】流山児祥
【テキスト】寺山修司・岸田國士作品を予定
【参加費】25,000円

【応募方法】郵送かメールで流山児★事務所に以下をお知らせください。
(1)名前 (2)性別 (3)年齢 (4)住所 (5)電話番号 (6)メールアドレス(ない方は結構です)
【応募期間】10/1(土)〜 定員になり次第〆切

【お問合せ・お申込み】
〒162-0045
東京都新宿区馬場下町60 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13〜17時)
mail@ryuzanji.com
Ryu's Club21サポートメンバー 2016年度 会員募集
1.会員割引(前売の20%OFF)でお求めいただけます。
2.最優先でお席を確保いたします。
3.主催公演のパンフレットにお名前を掲載させていただきます。
4.不定期ですが、劇団員の客演情報をお知らせします。
5.交流会を開催します。
会員のコースは3種類あります。
特別会員15,000円(各公演1回ご招待つき)
一般会員3,000円
シニア会員2,000円(資格は65歳以上)


【2016年度 公演スケジュール】
『代代孫孫 2016』
6/15〜21 ザ・スズナリ
作:パク・グニョン 演出:シライケイタ

『OKINAWA 1972』
9/15〜10/2 Space早稲田
作・演出:詩森ろば

『Space早稲田演劇フェスティバル特別企画』
10月 Space早稲田

『メカニズム作戦』
2017/1/13〜29 Space早稲田
作:宮本研 演出:流山児祥

『だいこん』戌井版ゴドーを待ちながら
2017/3/15〜22 ザ・スズナリ
作:戌井昭人 演出:流山児祥
*日程、作品名の変更をすることがあります。ご了承ください。

【お問合せ・お申込み】
流山児★事務所
TEL.03-5272-1785(平日13〜17時)
Eメール:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2016年度新人募集
情熱溢れる新人を募集します。

【募集人員】
若干名 (俳優・スタッフ・制作) 18歳以上35歳未満。国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「自分自身の広告」(800字以上)
(4)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(800字以上)

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785 FAX:03-3205-9170 E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

OKINAWA1972快調に稽古進んでいます。
昨日は、今回殺陣師の上田和弘いわくの「ぶちかまし」のオープニングシーン、3分あまりのメチャかっこいいモノが出来上がった。
近年、『義賊☆鼠小僧』『新殺人狂時代』『代代孫孫2016』『台湾マクベス』と、どんどん殺陣師としての実力をつけてきた上田和弘、すごいモノである。なんでも、パンクでヘビメタな絵が「降りてくる」そうである。

OKINAWA1972、まさにエンターテインメントに出来上がりつつあります。息つく暇を与えない、ノンストップ・アクション劇。
・・・・・・・・・・・・・

書店で演劇雑誌「テアトロ」9月号をめくる。
「今年上半期の舞台◎ベストワン・ワーストワン」

演劇評論家の林あまりさんが「上半期の好舞台」の一つに『代代孫孫2016』(作:パク・クニョン、脚本・演出:シライケイタ)を取り上げている。

『代代孫孫』はスズナリの空間に役者のエネルギーがはじける、わくわくする舞台だった。ベテランの塩野谷正幸、伊藤弘子がいい味を出している。人間の愚かさとおかしさが代々受け継がれてゆく、その大切さにしみじみと思った」

詩森ろばさんの『残花』(いわてサポートセンター制作)も高く評価されて、「今月のベストスリー」でも選出され劇評が掲載されています。ぜひ、ご購読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、OKINAWA1972 初日まであと19日。
もうしばらくお待ちください。

予約はお早めに→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-08-27 16:35 この記事だけ表示
今年も出演します。OKINAWA1972出演中の東谷英人くんも一緒です。
※まだお席には「大いに余裕アリ」です。ぜひ、ふらりと西新宿までおいでください。

☆非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.19☆
『すべての国が戦争を放棄する日』
構成・脚本:石原 燃  演出:坂手洋二

日時:2016年8月31日(水)19:00
日時:2016年9月 1日(木)14:00 ※9/1のみ託児サービスあり
日時:◎開場は開演の30分前です。◎当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。
日時:◎9/1(木)は託児サービス(有料)があります。詳細は下記問い合わせ先までお尋ね下さい。
日時:◎非戦を選ぶ演劇人の会 TEL:070-5457-2003 MAIL:info「@」hisen-engeki.com
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
会場:〒151-0053 渋谷区代々木2-12-10 全労済会館1階 TEL:03-3375-8741(代)
会場:◎JR新宿駅南口より徒歩5分 ◎京王線・都営大江戸線・都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分

◎第1部 朗読劇「すべての国が戦争を放棄する日」

非戦を選ぶ演劇人の会が去年ピースリーディングの公演をした日、衆院特別委員会で安保関連法案が強行採決された。公演後、駆けつけた国会前。そこでは多くの人が集まって声をあげていたけれど、強行採決は阻止できなかった。あれから一年。この春、安保関連法が施行されたことに続き、南西諸島への自衛隊配備が決定、南スーダンでのPKOでは武器の使用範囲が広げられようとしている。私たちはいま、どこを歩いているのだろう。これでもまだ武力行使をしていないと言えるのだろうか。日本は戦争を放棄したはずだ。私たちは言い続ける。いつか、すべての国が戦争を放棄する日のために。

【出演予定】※五十音順。出演予定者は変更になる場合があります。
東谷英人 あべよしみ 占部房子 円城寺あや 大沢 健* 大谷賢治郎 大月ひろ美
岡本 舞 荻野貴継 木内みどり 小嶋尚樹 小林あや 古村比呂* 関根信一 高橋長英
武山尚史 田根楽子 原 日出子 洪明花 本郷 弦 益岡 徹 丸尾丸一郎* 宗像祥子
宮城康博 流山児祥 ほか *印=8/31のみ出演
★追加出演決定! 井手麻渡 中野亮輔 HiRO みやなおこ
★出演日変更 大沢健の出演日が8/31のみとなりました。
★追加出演決定その2! 鴨川てんし 猪熊恒和 さとうこうじ 石井くに子 重田千穂子 NEW!

◎第2部 スペシャルトーク
【8月31日(水)】
・新垣 毅(琉球新報社東京報道部長)
あらかき・つよし 琉球大学卒、法政大学大学院修士課程修了(社会学)。1998年、琉球新報社入社。沖縄の自己決定権を問うキャンペーン報道で、第15回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」を受賞。著書に『沖縄の自己決定権』(高文研)など。
・宮城康博(元名護市議会議員)
みやぎ・やすひろ 沖縄県名護市生。80 年代に東京演劇アンサンブル等で演劇 活動。97年、辺野古新基地に関する市民投票代表。名護市議3期。著書『沖縄ラプソディ』(御茶の水書房 ) 、共著『普天間を封鎖した4日間』(高分研)他。

【9月1日(木)】
・高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
たかとお・なほこ 2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピス、2003年5月からイラクでの活動開始。現在もイラク人道支援活動を継続中。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人
・高林敏之(アフリカ国際関係史研究者)
たかばやし・としゆき 早稲田大学非常勤講師、西サハラ問題研究室主宰。(社)アフリカ協会職員、四国学院大学専任教員を歴任。アフリカ国際関係史(日本の対アフリカ外交を含む)を研究。育児パパとして保育問題団体やPTAの役員も経験。

▼料金(全席指定・税込)
大人1,500円/中高生1,000円/小学生以下500円

▼チケット取り扱い(前売開始日:2016年7月23日(土))
◎チケットぴあ(Pコード:452-883)
【コンビニ】
・セブン-イレブン
【コピー機のディスプレイで以下のような操作をして下さい。
【(1) トップメニューの「チケットぴあ」をタッチ
【(2)「Pコードで探す」をタッチ
【(3) Pコード「452883」を入力
【(4) 必要事項を入力
【(5) コピー機からプリントされる払込票を持って30分以内にレジで精算・発券
【※詳しい操作方法はこちら
・サークルK・サンクス
【店内設置の「カルワザステーション」からお求めいただけます。
【※操作方法はこちら。
【ぴあのお店】
【店舗によっては座席がお選びいただけます。店舗検索はこちら。
【TEL】0570-02-9999
【インターネット】http://t.pia.jp(要会員登録)

◎スペース・ゼロ チケットデスク(一般のみ) http://www.spacezero.co.jp
◎※上記でご予約後、お近くのセブンイレブンやファミリーマートなどでチケットをお引き取りいただけます。(手数料等がかかります)
2016-08-24 13:28 この記事だけ表示
昨日は日本演出者協会主催:国際交流演劇セミナー パククニョンWS、発表会を観る。熱気あふれる多くの参加者、温泉ドラゴンの筑波竜一、阪本篤、白井圭太の顔も。
五島三四郎、植野葉子さんも見学に。

代表作「青春礼讃」をテキストにクニョンの作・演出家としての「もうひとつ」の実験、想像=創造の翼の《原点》がみられて面白かった。中国本土、香港、韓国の役者たちも参加していて文字通り国際演劇セミナーになっていた。パクウネ政権のブラックリストに載っている反骨の演劇人:クニョンはあくまでも下層の民衆の激烈な《生と性》を描く。いい漢(おとこ)である。

打ち上げも楽しかった。パク・クニョン+日本の役者によるコラボレーションをやるか!と、和田理事長と盛り上がる。

で、ひさびさに大久保まで歩いて「はち」に。
シライケイタと来年の「新作書き下ろし」作品の打ち合わせ。
・・・・・・・・・
台風直撃!のトーキョーである。

リオ五輪の閉会式に、小池百合子の着物姿に加えてなんと、気持ち悪いアベマリオ登場した。ああ、最悪のファイナル!!。80年前、ナチス政権下のベルリン大会で、独裁者:ヒトラーは[国威発揚」のため自ら開会宣言を行いオリンピックの政治利用の「最悪のケース」として歴史に刻まれている。アベヒトラーも東京五輪まで独裁者を続けるぞ!とアピールしたのである。おぞましいほどの「日の丸・君が代」ニッポンゴミ低國、かく、極まれり!恥ずべき椎名「電通」林檎らといったゴミ文化人どもが腐臭・死臭を世界に撒き散らしている、これが独裁者のたまうアンダーコントロール下のニッポンの現在である。

大本営放送局某NHKが「五輪開催5つのメリット」をこう説いている。@国威発揚 A国際的存在感 B経済効果 C都市開発 Dオリンピック文化の定着・・・・五輪憲章の説く平和、人権、差別撤廃はどこにいった!「国威発揚」!と、平気で嘯くアベ放送局、まさに、日本はまさに終末:戦前(中)である。
。。。。。。。。。。。
ごうごうと渦巻く神田川を見ながら、襤褸アパートで「OKINAWA1972」のラストの書き換えを覚えている。
今日から稽古早まる予定なんだが・・・・。

予約はお早めに→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-08-22 11:43 この記事だけ表示
【ブランキ殺し上海の春 上演に向けて】

 2014年6月『阿部定の犬』2015年12月『キネマと怪人』と続いて、文化庁・劇団協議会主催「新進演劇人公演」として佐藤信の「喜劇・昭和の世界」2作を連続上演した。2作とも超満員好評であった。

 『阿部定の犬』は「実に面白い阿部定事件と昭和史を重ねた佐藤信の傑作、もっと定期的に上演してもいい作品。」(「悲劇喜劇」劇評:演劇評論家:高橋豊)「歴史を理解し、難解な戯曲を腑分けし、自分の体の中に入れる。時代精神という援護もない。極めて困難だが、貴重な体験だったに違いない。若手育成の名の下、敢えてこの難物に立ち向かった蛮勇に拍手を贈りたい」(演劇評論家:今村修)

  『キネマと怪人』では「そのセンスで昭和の日本の断面を、ばさっと切り出す佐藤の手腕は素晴らしい。演出の西沢栄治が、音楽の諏訪創、振付のスズキ拓朗と合同して、見事に西沢流にこの芝居を現代に蘇らせた」(演劇評論家:江森盛夫)、「もつれたフィルムから浮かび上がる、これぞアングラという破天荒なイメージの連鎖が小さな空間を圧倒する。今回は、特に女優陣の華やかさに目を奪われる。波子を演じた山ア薫の可憐なヒロインぶりに思わず胸が高鳴る。濤子大佐の神在ひろみの男装の麗人の凛々しさよ。山丸りな、佐原由美、廣田裕美の七変化の可憐さも眼福」(演劇ジャーナリスト:山田勝仁)といった風に「新進演劇人」の成長ぶりが高い評価を得た。

 現代演劇の基盤を作った60年代アングラ演劇、唐十郎の紅テント(状況劇場)、鈴木忠志の早稲田小劇場、黒テントは「社会的変革」を目指す「運動の演劇」を展開した。社会に対する演劇(小劇場)の役目が問われる現在、私たちは2017年10月、佐藤信の代表作「喜劇昭和の世界・三部作」完結編『ブランキ殺し上海の春』を小劇場の聖地:下北沢ザ・スズナリで上演する。冷徹に「昭和」を描くブレヒト的音楽喜劇を、高い評価を得ている西沢栄治が、若手演出家であり振付師でもあるスズキ拓朗、音楽家:諏訪創と組み、この4年の間に圧倒的に成長を遂げた役者たちと共に創作する。

【昭和三部作初演:劇評】
扇田昭彦(演劇評論家) 晶文社刊「開かれた劇場」所収。

 断言してもいいが、これは近来出色の、ほとんど「屹立する」という形容句を使うに足るすぐれて劇的な舞台であった。(中略) この三部作のねらいは、昭和五十年という時点に立って、昭和史における民衆の革命との無残なずれゆきを、天皇制を主軸としてかみあわせながら、心情的、ロマン主義的にではなく、冷徹なまでに醒めた意識で総括する点にある。いわば、これは、冷徹な「喜劇」の視点からする佐藤信独自の「昭和史」の本論であり、ここに私たちは、いわゆる従来の「新劇」的な日常的写実主義とはまったく体質と感性を異にした〈事物の本質的なるもの〉の重層性によってのみ構成された新しいタイプの「現代史劇」を共有することができたのである。

【物語】

 1945年8月15日、革命の陰謀渦巻く国際都市上海に、パリ・コミューンの武装蜂起主義者オーギュスト・ブランキあらわる。歴史の虚実をかいくぐって、「昭和」が妊(はら)みそこねた革命の夢を鮮烈に描き出した《運動の演劇》の旗手佐藤信の「喜劇昭和の世界」三部作、ついに完結。

大日本帝国崩壊のその日から翌年にかけての上海を舞台に、破天荒な虚構を駆使した波乱万丈の超大作!
2016-08-20 12:28 この記事だけ表示
さて、OKINAWA1972@Space早稲田9月15日(木)初日まであと4週間である。

お昼、事務所で西沢栄治と打ち合わせ。

「阿部定の犬」「キネマと怪人」の大ヒットに続いて、来年2017年秋、喜劇昭和の世界3部作「ブランキ殺し上海の春」を愈々、@下北沢ザ・スズナリで上演することを決める。 若い役者たちとの5年に及ぶ協働作業の完結編である。

西沢栄治・スズキ拓朗・諏訪創の黄金トリオで行けるところまで行こうぜ、である。 もちろん、私はOKINAWA1972同様、役者で参加。 ご期待下さい!!

で、昨日はエピローグの粗立ち。
膨大な? 難しい、使い慣れないコトバを使う政治家:佐藤栄作との格闘は続く。

詩森さんは朝日新聞の取材を受けていた。
で、衣装合わせ。

沖縄だから衣装合わせが華やかである。
リオ五輪の狂騒、台風の影響で大雨のトーキョー、一時渋谷川氾濫?なんてニュースも。甲子園も熱闘が続いている。
暑い夏である。

予約はお早めに→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca … … … …
2016-08-20 12:12 この記事だけ表示