公演情報
豊島区テラヤマプロジェクトファイナル ミュージカル「青ひげ公の城」

3年続いた豊島区テラヤマプロジェクトのファイナル、今年も劇は中池袋公園から始まります。

【作】寺山修司 【音楽】宇崎竜童
【振付】前田清実【演出】流山児祥  【出演】
河原崎國太郎 毬谷友子 美加理 蘭妖子 伊藤弘子 山崎美貴 風間水希 関谷春子/大久保鷹 塩野谷正幸 福士惠二 麻田キョウヤ 龍昇 栗原茂 小林七緒 勝俣美秋 阿部能丸 ほか

【日程】
2014/11/21(金)〜30(日)

【会場】豊島区公会堂 みらい座いけぶくろ(東京)

【チケット】
●プレオーダー受付
2014/8/23(土)12:00〜8/27(水)18:00
●一般発売
2014/9/6(土)10:00〜

≫チケット申込みはこちら

【予約・お問合せ】
流山児★事務所 TEL03-5272-1785

流山児★事務所創立30周年記念公演 第1弾「どんぶりの底」

第151回芥川賞ノミネート、第40回川端康成文学賞受賞作家 戌井昭人の「新作戯曲」書き下ろし

【出演】
若杉宏二 月船さらら 大内厚雄 大久保鷹 伊藤弘子 栗原茂 佐藤華子 里美和彦 冨澤力 平野直美 木暮拓矢 坂井香奈美 武田智弘 桐原三枝 根本和史 土井通肇 塩野谷正幸

【スタッフ】
作:戌井昭人 演出:流山児祥 美術:島次郎 音楽:諏訪創 振付:北村真実 照明:沖野隆一 音響:島猛 衣装:大野典子 舞台監督:小林岳郎

【日程】
2014/9/26(金)〜10/5(日)

【会場】下北沢ザ・スズナリ(東京)


【チケット】
●プレオーダー受付
2014/7/25(金)12:00〜7/29(火)18:00
●一般発売
2014/8/9(土)10:00〜

≫チケット申込みはこちら

【予約・お問合せ】
流山児★事務所 TEL03-5272-1785

CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

「どんぶりの底」小返し稽古、みっちり後半。
その後、一気に振付5曲、見事なまで立体化され面白く変化してゆく。終わったのは10時半過ぎ。役者にはほんとにハードな1日となる。さえまくっている真実先生。ま、これはラフスケッチ。いや、更なる音楽劇に進化中。
いや、みなさんお疲れさま!!

かくして劇団創立30周年記念公演「どんぶりの底」@スズナリまで2週間。ほぼ出来上がりつつある。
こんなに早く振付が終わるのも久し振り。それにしても、稽古期間を長く取ることはいい。
モノつくりの楽しさ。今年の新人たちも例年の新人たち同様、イワヲ,三四郎のリーダーの下、連日の深夜作業。こうやって芝居つくりを覚えてゆくのである。

流山児★事務所の看板役者:塩野谷、若杉、弘子、栗原の四人がひさびさにがっぷり組んで芝居している感じの現場=30年の総ざらいである、実に馬鹿馬鹿しい「30年の大笑い」をやっていて面白い。

で、確実に劇団力は里美、直美、香奈美、木暮、力らの次世代に引き継がれている事の証、それが「どんぶりの底」である。

そして、今回ほど様々な劇の身体の面白さを体感できる場はない。状況劇場の大久保鷹、早稲田小劇場の土井通肇、黒テントの根本和史の競演!!アングラ劇団御三家とよばれた3劇団のトップ男優の初競演!!これだけでも、アングラ演劇ファンには絶対観る価値があります。

実に贅沢な現場、40年前には決して予想もつかなかった「現場」に立ち会える僥倖。生きていると面白いことfがいっぱいあるものだ。
・・・・・・・・・・・・・
《「死ぬかと思った」という表現ではなく、吉田昌郎所長は「死ぬと思った」「死んでいた」といい「死のイメージは東日本壊滅ですよ」とまで語る。
その言葉遣いからは、死と破滅が本当に紙一重で存在していた現実が3年半の時を隔てて迫ってくる。
原発避難住民12万人、原発関連死者千百人》東京新聞原発避難住民12万人、原発関連死者千百人》東京新聞「筆洗」

まだ、「どんぶりの底」全ステージ「大いに余裕あり」です。
お早めにご予約ください。
※流山児祥ご予約は
https://www.quartet-online.net/ticket/the-depth2014?m
2014-09-12 10:51 この記事だけ表示
北海道では豪雨が降り続いている、トーキョーでもいつ起こってもおかしくない事態が続いている。もはやイジョー気象がイジョーでない日々が続いている。
そんな秋、わたしたちは早稲田の地下の稽古場で1日中「どんぶりの底」の追い込み稽古である。「どんぶりの底」は日々進化・深化している。

戌井さんいわく「役者の皆さんで、ちょっと意味を持たせ、最後は、ハチャメチャな、良い意味で、なんだかわけの分からないものに仕上げて」います。そんな、実に馬鹿馬鹿しい、何処にもない新しい「演劇」を作り上げます。

で、昼からの小返し稽古のあと、今夜は振付である。
戌井昭人ワールドに北村真実世界を加えた、きっちり音楽劇に。島次郎の美術がこれまた!!!いや、劇的才能たちが戌井昭人のデビューを支えている。スタッフはSpace早稲田で深夜まで作業中。。本番2週間前のいつもの風景が始まった。

ご期待下さい。
まだ、全ステージ「大いに余裕あり」です。
でも、お早めにご予約ください。
※また『どんぶりの底」の流山児祥ご予約は
https://www.quartet-online.net/ticket/the-depth2014?m
2014-09-11 11:46 この記事だけ表示
すっかり、秋の気配である。
世間はデング熱とやらで大変みたいだが・・・・・わたしは、相変わらず稽古三昧の日々である。
・・・・・・・・
秋9月の大作「どんぶりの底」@下北沢ザ・スズナリ。順調に稽古進んでいます。
トップシーンの全員の歌の振付も付きました。
これからどんどん深化してゆくことでしょう。役者たちはどんどん、シーンを膨らませて「どんぶりの底」の世界を創造中である。
とにかく何度も書いているが、30代の若手から70代超のベテランまで、みごとに「3世代同居」のメチャグッド・コラボレーションである。面白い。メディアの取材も来ている。注目の秋の大作、ご期待下さい。

で、「どんぶりの底」の稽古を終えて、なぜか、朝も夜も1日中、寺山修司のコトバ・ことば・言葉と格闘中である。楽塾の2015年は『不思議な国のエロス』に続いて、寺山修司の未上映シナリオ『くるみ割り人形」に決定!座・高円寺2と仙台のエルパークホールでの上演も予定している!!
中高年劇団=楽塾は2年続けてテラヤマ作品に挑みます。
これは流山児★事務所創立30周年記念公演でもあります。しっかり、男優陣も『不思議な国のエロス』に続いて出演する、豪華版です。ご期待下さい。で、『くるみ割り人形』彩るのは楽塾の座付き音楽家:多良間通朗の全編オリジナル楽曲、チャイコフスキーを超える?音楽劇を目指します。
タイトルもずばり「寺山歌劇☆くるみ割り人形」こちらも、ご期待下さい。
只今、シナリオ戯曲化の真っ最中です。
・・・・・・・・
で、「どんぶりの底」稽古中にすでに冬の超大作『青ひげ公の城』の前売も開始しました。3年目の豊島区テラヤマプロジェクトのファイナル『青ひげ公の城』。今までの上演とはまったく違う真の決定版にします。いま、共同演出者のV.銀太氏と上演台本最終稿に向けて作業中。

というわけで、今日も楽塾の稽古を終えて喫茶店で4時間も2本の台本と格闘!いやはや、脳みそがパンクしそうである。これも劇的快楽、劇的痙攣の日々である。

※尚、流山児★事務所では『青ひげ公の城』のボランティアを募集中です。
ご希望の方、ぜひ!!
ブログ更新しました / ボランティア募集します。: http://ryuz.blog.shinobi.jp/Entry/1217/
※また『どんぶりの底」の流山児祥ご予約は
https://www.quartet-online.net/ticket/the-depth2014?m
2014-09-07 22:50 この記事だけ表示
涼しい日が続いているトーキョーである。

20日に広島市で起きた大規模な土砂災害は72人の死亡が確認。発生から1週間、まだ10人が行方不明警察、消防、自衛隊が捜索を続けている。約1300人が避難所で生活を続けている。約15万人を対象とした避難指示・勧告が現在も継続しており、住民の生活再建のめどは立っていない。
・・・・・・・・
「在日韓国・朝鮮人など特定の民族や人種の差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、毎日新聞が47都道府県と20政令市に対し、規制の必要性などを問うアンケートを実施したところ、約9割がヘイトスピーチを問題視し、そのうち約4割が何らかの規制が必要だと考えていることが分かった。ヘイトスピーチへの対応を巡る自治体の全国調査は初めて。対策を検討中か検討したいとする自治体も約2割あったが、大半は「国レベルの規制が重要」として、自治体独自での対応は想定していない現状も明らかになった。」(毎日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の昼、スズナリで「寝覚町の旦那のオモチャ」(スエヒロケイスケ:作 天野天街:構成演出)を観る。
少年王者舘とtsumazukiのコラボレーション。
スエヒロワールドをアマノらしく料理して面白く見せてくれている。客席には知り合いの顔、多数。横の席には演劇団にいた竹下喜六、佃典彦、三井田、平野直美、宮島健。そういえば、駅前劇場では佃典彦や宮島健も出ている「じゃのめ」も始まる。下北沢通い?果たしていけるか?

稽古場は絶好調である。
来週まで「役者の読み込み」を見ると決めている「どんぶりの底」。
役者たちは戌井ワールドと格闘中である。とりわけ、ベテラン3人衆、土井さん、鷹さん、根本さんの70歳代のお三方、どんどん凄くなってきている。早稲田小劇場、状況劇場、黒テント!70年代アングラの凄みと軽さと何よりも面白い!でもって、芝居する真摯さを盗もうぜ、みんな。

大久保鷹さんとは「ユーリンタウン」「地球☆空洞説」「どんぶりの底」とご一緒。今回が、最も鷹さんらしい役。戌井さんが当て書きした?と思われる「博士」役。歌って、踊って世界征服を狙うマッドサイエンティスト?その演技はモンティ・パイソンを超え、壮大なる愚挙とロックでミックジャガーも超えちゃう勢いである。かならずや、鷹さんの代表作となる。ぜひ、ご覧下さい。

流山児★事務所創立30周年記念公演9月@ザ・スズナリ公演。戌井昭人「新作」書き下ろし「どんぶりの底」絶賛前売予約受付中。
流山児祥予約フォームはこれ。お早めに→https://www.quartet-online.net/ticket/the-depth2014?m=0abjgca … … … … … …
2014-08-28 11:19 この記事だけ表示
久し振りの曇り空のトーキョー。
流石に涼しくすごしやすい1日になりそうである。
昨日は、次々回作山元清多・斉藤晴彦メモリアル、鄭義信:台本演出「チャンバラ〜楽劇天保水滸伝〜」の演出会議@Space早稲田、音楽の諏訪創、舞台監督の吉木均さん、制作の米山恭子とわたしの5人で延々4時間みっちり。久々の鄭さん節炸裂で目から鱗。おれも役者で参加したいが。若い馬鹿なヤツラのチャンバラも観たいし、痛し痒しの・・・・。うーん、俺の出番書いて・・・・はなし。
それにしても豪華でシビアな現場になる予感。
12月1(月)『青ひげ公の城』終わった翌日から稽古開始!みっちり1ヵ月半正月を挟んでの長丁場である。
・・・・・・・・・・・
さて、新作「どんぶりの底」本番までジャスト1ヶ月。今日から、ビシバシ進んでゆく。
メチャいかれた「役者たち」のアナーキーな芝居を目指して。元気に陽気にハチャメチャに!である。
ほぼ全ての諏訪創音楽も出来上がった「どんぶりの底」来週辺りは振付も?

2011年3月の福島第1原発事故に伴う避難生活中に自殺した女性の遺族が東京電力に約9100万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁(潮見直之裁判長)は26日、事故と自殺の因果関係を認め、東電に計約4900万円の賠償を命じた。東電の賠償責任を認めた初の司法判断。
当たり前だ!!それにしても、まだニンゲンらしい「司法判断」は残っていた。

2014-08-26 15:55 この記事だけ表示