流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

アジアツアーの始まり!![『ハイライフ』]
2週間のご無沙汰です。
私たちは元気に『ハイ・ライフ』ワールドツアーの真っ最中です。

カナダの原生林の湖のコテージで塩野谷と若杉がなぜかいまどき南京虫に食われて(!?)ちょっとかゆいかゆいの日々で今日ついにマカオの病院にお世話になりましたが、全員元気です!

カナダは、ほぼどこも「禁煙」で私をはじめとした野蛮人=ヘビースモーカーたちはちょっとタバコの量が減りました。これがものすごい変化といえば変化?変化っていえば民主党政権のことや選挙のことをカナダのニュースやマカオのニュースで見ていてこれも変化、でもなんかぜーんぶ「自民」党になったんじゃねえの?と感じるのは俺だけ?

※※
8月25日からカナダに入り27日から30日までビクトリア演劇祭に「9年ぶり」に特別参加、『狂人教育』の思い出のビクトリア音楽院の体育館はメトロスタジオという立派な小劇場になっていて今回の私たちのべニュー(劇場)であった。53劇団が13の劇場で10巻で300ステージ上演するという演劇祭。

私たちは4日間で7ステージ強行上演、それもカナダ版と日本版を連日同時上演するという異常な形での特別参加!!それも30分で仕込み20分でバラシというフリンジスタイルでの上演。実にハードでスリリングな6日間であった。というわけで今回は準備や稽古(連日近くの大学の音楽室で稽古をやった。とりわけ英語字幕の関係はシビアなことである。)『狂人教育』のカナダ初演のころも連日何時間も衆人の元、ひろっぱでけいこしたっけ・・・それにしても俺は本当に「稽古大好き人間」である、と今回もつくづく思う日々である。

カナダの芝居を日本の役者がカナダで上演するという前代未聞の試みは予想を超えて高い評価を得た。(タイムズコロニストにはフリンジでの注目作と★4つ半の評価を得た)とりわけ日本版の『ハイ・ライフ』は文字通りの「世界初演」!「生きてるだけで丸もうけ」がオリジナル版なら日本版は「大笑い30年の馬鹿騒ぎ」!このタイトルでこれからやろうか?と思ったほどである。翻訳家の吉原さんやカナダの演劇人に日本版でのカナダ全土ツアーを薦められる。

それにしても役者たちの演技が高く評価されたことに素直に喜びたい。(一部メディア評に谷宗和、保村大和の演技が特筆ものという記事もあった。)


※※
31日にフェリーでソルトスプリングに入り、これまた6年ぶりにアートスプリング劇場で2ステージ。演劇祭での評判を聞いてビクトリアやバンクーバーからわざわざ泊り込みでソルトスプリングまで多くの観客がやってきてくれた)。人口1万人の小さな島にある小さな劇場、今回も日系のボランティアの人たち15人余りの人たちが連日私たちの公演を支えてくれた。本当に感謝、感謝。2000年の『狂人教育』ではじまったカナダの人たちとの交流も3回目の今度のツアーで本当に「普通」のことになった・・気がする。

ちょっと遅くなったが「皆さんお待たせしました、帰ってきましたよ」という感じのビクトリア・ソルトスプリング公演であった。ほんと、また行きます。今回ビクトリアでは半分のメンバーがホームステイであったが「この経験」が今後生きてくるのである。国際交流の原点。


9月1日〜2日:ともに熱い観客全員によるスタンディング・オベーション仁スタッフ・キャストともに、気をよくして再び東京に「5時間だけ」ユーターン。今度はアジアツアーに向かう。目指すは2002年の『狂人教育』以来7年ぶりのマカオ・台湾。

※※

現在マカオである。

カナダはすっかり秋で涼しさを通り越して長袖と上着が必要だったのにマカオは31度!で、湿度が高い!久しぶりの夏の日差しに全員くらくら。去年の『狂人教育』日中コラボレーションで同じ時期に香港に来ているので半分のメンバーは予想していたが・・・それにしても暑い!!

4つ星のホテルで1階はカジノのホテル。もう暑くてたまらないのでちっちゃなプールで10年ぶりぐらいに泳ぐ。それにしても太りすぎでみっともないてめえのカラダにうんざり。おまけに持病の不整脈の薬もカナダの置いてきたらしく?こらから大変。メールして送ってもらう羽目になりそう。年をとるのは大変。

この温度差!でもって13時間の時差との戦い。明日は朝から仕込み。あさってから本番だ!!


前回は第1回マカオフリンジ特別招待参加で古いポルトガルの劇場での上演だったが今回はヒュイ・コック実験劇場という新宿のタイニーアリスに似た古いビルの12階にある70人〜90人も入れば満員の実験小劇場である。客席は70から90余だがスペース早稲田の4倍ぐらいのスペースの贅沢なブラックボックス。タッパも早稲田よりアル!

ほんとに東京にこんな小屋がほしいものだ。

ちょっと疲れ気味だがあと10日!がんばります。

あ、『ハイ・ライフ』ほんとにすごい芝居!!に進化しています。お見逃しなく。まだなぜか、東京公演全ステージチケットは「残っている」そうです。お早めにご予約ください!!

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。