流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

満員のマカオ初日!![『ハイライフ』]
マカオである。
暑い!
でも黙々と本番準備。お昼過ぎから劇場で日本版チームの「止め通し稽古」5時半までみっちり。アナザーチームはソルトスプリングで稽古はやったがそれこそ1週間ぶりの本番になる。

トップシーンの登場シーンを少し変えイロイロ。

今日は19時オリジナル、21時30分アナザーの2本立て。まるでフリンジ形式になる。

古いビルの12階にアル小劇場。看板もネオンサインもでていないこんなところに人が来るのかいな?と思っていたがそこはやはりマカオでは有名な実験劇場。「本番」開場時間でも客はチラホラ、そこに日本から珍客!楽塾の阪口さん一家がわざわざマカオまで観に来てくれた!!感謝感激である。

がらがらの客席でこりゃアカン!と諦めていたら「マカオ時間」ということで開演時間になったら続々とどんどんお客さんがやってくる。マカオのお客さんは平気で15分以上遅れてくるとのこと!!おまけに19時の回はちょうど夕食時間だから・・・・とこちらのプロデューサーのビリーさんはちっともあせっていない。?何、それである。

結局「10分押し」で開演。とにかく全編、すごい「馬鹿受け」である。北京公演もそうだったがトップシーンから馬鹿受け。でもって、途中もひっきりなしに客が入ってくる。終わってみたらほぼ「満員」。熱い拍手鳴り止まず、ダブルのカーテンコール。好評のうちにマカオ公演の幕が開いた。

熱い拍手、終演後すぐさまレイトショーの準備。全員で約15分で客入れ。これがすごい夜9時半開演だというのに「満員」。これまた圧倒的な拍手。

役者のすごさ、演技が絶賛!される。今朝、カナダからの劇評メールでも演技が激賞されている。

いま、『ハイライフ』は日本の役者の凄みと実力を見せ付けながら世界を「旅している」のだ。

それにしてもマカオは「不夜城」である。


疲れ果ててホテルへ帰る。

意気軒昂で役者たちは深夜の街に初日乾杯!と繰り出したが私は部屋に戻りチンタオビール。

明日もチケットは「完売」とのこと、うれしい限りである。

明日こそ少し「楽」な1日になる予定だが・・・?

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。