流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ロドリゲス、シュヴァンクマイエル。映像の愉悦。[映画]
「東海道四谷怪談」をこの夏、なんどでも読むことにした。

オモシロイ、本当に実によくできた台本である。
ニンゲン存在の凄み、馬鹿馬鹿しさ、不条理さ・・・・。全5幕、これが一気に読めるからオモシロイのである。が、疲れる。ニンゲンって疲れるがオモシロイ。
・・・・・
近くの喫茶店で5時間、「四谷怪談」オーストラリア戯曲「ミス・タナカ」の2本。戌井昭人の芥川賞候補作「ぴんぞろ」を半分読む。さすがに文字文字文字、言葉・ことば・コトバで疲れ果てる。

TSUTAYAでロバート・ロドリゲスの「マチェーテ」、ジョニー・トーの「マッスルモンク」「暗戦〜デッドエンド〜」のアンディ・ラウ主演もの2本。ずーっと気になっていたチェコのシュールレアリストでアニメーションの映画監督のヤン・シュヴァンクマイエルの「ルナシー」「シュヴァンクマイエルのキマラ的世界」の5本。

シュヴァンクマイエル作品は噂にたぐわずオモシロ映画である。チェコという国に思いをはせる。「ルナシー」は「フランス国歌」「勇士は倒れぬ」のメロディにのって繰り広げられるマルキ・ド・サド侯爵のシャラントン精神病院の乱痴気騒ぎ。シュヴァンクマイエルは「戦闘的シュルレアリスト」と呼ばれている反スターリニストのごりごり爺さんらしい。反社会主義・反全体主義・反拝金中心主義の作品・発言が多いというのもうなずける。検閲を回避するための様々な表現形態が笑わせる。「ルナシー」のメイキングを見ているとその細かさは絵描きそのもの。ホラー映画で芸術性はない、というがいやいや、やりたい放題の映像の暴走である。「アリス」もオモシロイ。短編も見てみるか。踊る肉片、踊るミンチ肉!ミュージカル・・・じゃねえか?夢と幻想。超現実!

「マッスルモンク」はアンディ・ラウのアクション映画と思いきや、カルマ(業)を描く「わたしって誰?」。いやはや、これだから、ジョニー・トーはオモシロイ。

ロドリゲスの「マチェーテ」はタランティーノ・チームよろしく、これまた、映画の愉悦を追うアクション娯楽作品。スティーブン・セーガル、ロバート・デ・ニーロといったわけわからんcasting。セガールは日本マフィア?風の麻薬王。日本刀でマチェーテと闘う。07年の『グラインドハウス』の「偽予告編」の本編。主演はダニー・トレホ。その他にジェフ・フェイヒー、スティーヴン・セガールは02年『奪還 DAKKAN -アルカトラズ-』、リンジー・ローハンには07年のI Know Who Killed Me以来となる「世界規模公開」の劇場映画出演。ダニー・トレホ初の主演作品。このオヤジとにかくカッコいい。出てくる女優がみんな美人!で子供っぽい。ロドリゲスの趣味か。とにかく、なんも考えなくて観れる映画、これまた、イイ。「マチェーテ2」「マチェーテ3」と続くか?

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。