流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

満員爆走開始!産経news掲載。[パラダイス一座]
オールドバンチ完結篇2日目。
いつものように、13時ラジオ体操開始。
1時間きっちり稽古。
2日目。今日も「満員」全国からパラダイス一座のファンが・・・。
それにしてもこんなに客席と一体になる芝居はない。スゴイ客のノリでラストまで!!
こうなりゃ、この調子であと8日間です。この2日、1日中稽古、ゲネプロ、本番、でもって、マチネ公演・・・と、疲労の極致にも拘らず、皆さん頑張っている。明日まで、頑張ってください。
・・・・・
岩淵さんも登場してのカーテンコール。感動のフィナーレとなる。

・・・・・・
産経newsに以下の記事が大きく掲載されている。

「平均年齢80歳の銀行強盗! 演劇界重鎮による不良シルバー一座「オールド・バンチ」完結編!」
平均年齢80歳−と演劇界の重鎮パワーが炸裂(さくれつ)する劇団として、平成18年の結成が社会的ニュースにもなった「パラダイス一座」。その完結編「オールド・バンチ 男たちの挽歌(エレジー)」(山元清多・佃典彦脚本、流山児祥演出)が16日から、東京・下北沢のザ・スズナリで上演されている。同一座座長で、文学座代表だった演出家、戌井市郎は昨年12月に94歳で亡くなったが、今回もパネルで“出演”する追悼公演だ。

 実は同一座、3年限定で旗揚げし、21年に解散公演を行った。しかし90歳を過ぎて俳優デビューし、演じる歓びを知ってしまった生前の戌井が、半年もたたないうちに復活公演を提唱。メンバーも同意したが、昨年、脚本の山元に続き、戌井も彼岸に旅立ってしまった。「こうなったら追悼公演にすることにした」と演出の流山児。

 物語は5年前の旗揚げ公演を連想させる、不良老人の抱腹絶倒の銀行強盗事件。非常時の病気自慢や、恒例の持ち芸披露で笑わせる一方、初演時から一貫して盛り込む戦争の記憶や、風評被害など硬派なテーマも盛り込んでいる。ちなみに戌井は「天国に一番近い島」ニューカレドニアに移住したとの設定だ。

 「脚本には僕の戦争体験を盛り込んでいるんです。原爆投下の翌日、歩兵として長崎に入りました」と戌井亡き後、座長となった劇作家、瓜生正美(87)。「あった事をなかった事にはできねえんだ!」という瓜生の台詞(せりふ)は、実人生から生まれた言葉だ。

一座の仕掛け人で、演出の流山児は、母親の介護経験から「演劇は若者だけのものではない」と高齢者劇団を思いついた。「人間は年を取れば、イメージではできることが、実際はできなくなる。そのぶざまさもさらして、演劇を社会に広げたい。これは社会運動です」と話している。

 出演はほかに、演出家の中村哮夫(たかお)(80)、本多劇場(東京・下北沢)を経営する本多一夫(77)、アニメ「ドラえもん」の初代スネ夫役で知られる俳優で声優、肝付兼太(76)、劇作家のふじたあさや(77)、俳優の二瓶鮫一(にへいこういち)(74)ら。美術も妹尾河童(せのおかっぱ)(81)とこちらも重鎮。25日まで。問い合わせは流山児★事務所(電)03・5272・1785。 12月17日  MSN産経news 


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。