流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その1。[さらば、豚]
さっそくレビューが出ました。演劇評論家の江森盛夫さんのブログ「演劇袋」と演劇記者のTさんのブログ「芝居漬け」に素敵な「劇評」が掲載されています。

以下のごとく。

江森盛夫の「演劇袋」より。流山児★事務所「さらば、豚」@ザ・スズナリ。

 舞台はかっての炭鉱の町の廃坑。炭鉱が栄えていたときは、そのからみでしのいでいたが、いまやいあがみあっていたヤクザの梅組と桜組もいまは下っ端が働く養豚所の稼ぎでかろうじてしのいでいる。その二つの組の豚がある日廃坑目指して忽然と逃げ出し、両方のヤクザが廃坑のなかでどつきあう・・。
 作者の東は炭鉱があった北九州の出身、演出の流山児は熊本出身で、父親が総資本と総労働が命がけで対決した三井三池の炭鉱争議を指揮した炭労の副委員長で総評副議長だった・・、
 その流山児はこういうアウトローの世界の芝居はいわばオハコで、カナダのアウトローの世界を活写して『ハイライフ』で演劇賞を獲った・・。
 磐石の背景で廃坑の迷路を走り回る豚の群れの咆哮がどよめき、ヤクザのピストルが火をふき、落盤を予告する炭鉱節が不気味に聞こえてくる・・。 この舞台の肝は、この炭鉱節、この民謡は普通、明るい夏の盆踊りの民謡として知られているが、この舞台での炭鉱節は流山児が敬愛する筑豊の作家上野英信が言った、「この炭鉱節は、九州の炭鉱に強制連行され朝鮮の人々、被差別部落の人々、犯罪者、ヤクザら現在でも差別にあえいでいる人々の遺産であり、日本民族の「黒人霊歌」である」として、どこかから怨念がこもった暗い不気味な調子の歌として聞こえてくる・・、ヤクザたちは出口を落盤でふさがれ、閉じ込められる・・、飢えがつのり、銃撃で死んだ仲間の死体へ・・・。
 流山児の意を体した久しぶりに事務所の芝居に出た若杉宏ニが梅組のリーダーで芝居の大筋のナレーターも勤める、桜組は元唐組の丸山厚人が独特の存在感で際立ち、異色は劇作家佃典彦が梅組のヤクザに扮して面白く、桜組は塩野谷正幸がバックを固める・・。
 これも久しぶりに流山児の舞台美術を担当した島次郎はかって流山児の舞台で役者をやったこともあるそうだ。追い詰められたヤクザたち、弔い歌と化した炭坑節、最後に全員で歌ったこれも正調の労働歌だった「頑張ろう」が全く茶化して歌われて、戦後の歴史が異化される。
 だが、決してこれが主題化されなくて、流山児は東の戯曲の隅々まで最大限に舞台化し、ただただおっかなくて面白い芝居の中で、既成概念をこわし、歴史の味わいを複雑に変化させ、賞味させるのだ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「芝居漬け」BY:N・T
 流山児★事務所が得意とするジャンルの一つ、社会のはみだしもの(今回はヤクザくずれ)の男達が対立しあい、殺しあい、裏切り、結局は落ちていく・・・・というお話。

 今回は、九州の炭坑で土にまみれ、豚に振り回され、人と金で入り組んだ軋轢の中で抗争を繰り返す10人のヤクザものたちのもがく姿に、過去に置き去りにされてきた社会問題、解決を後回しにして目先の発展にばかり奔走してきたわれわれへの警告を絡めてみせる。

 10人の男ばかりの舞台の中、流山児氏とは氏がプロデュースする高齢者劇団を通して昵懇の仲の劇場支配人本多一夫氏が特別出演している。私ば観た日は、幕が開けて2回目の公演ということもあったのか、本多氏のシーンでは、オールド・バンチ公演を彷彿とさせる、なかなかスリリングな「間」もあったので、毎日、何が起きるか。。まさにライブならではの面白さがあり。。かも。(ま、それにしても、あのこわ〜〜〜い「間」からして味にしてしまうところに、劇団の円熟味があるのかも)



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。