流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる[劇評]その3[さらば、豚]
 ブログ「梁塵日記」BY山田勝仁
スズナリで流山児★事務所「さらば、豚」。東憲司の初書き下ろし作。かつての筑豊の炭鉱地帯を根城にする二組のやくざ。石炭繁栄の時代は終わり、いまや競うように豚を飼い、それが組のシノギになっている。やくざなのか畜産労働者なのかわからなくなった凶暴な連中。桜組66頭、梅組42頭、合わせて108匹の豚。まるで煩悩の数。
 その豚がある日忽然と消えてしまう。互いに相手の組の仕業と思い、拉致拷問の果てに豚の行方が廃炭鉱の旧坑道と狙いをつけ、真っ暗なヤマに潜るも、坑道から聞こえてきたのは不気味な弔いの歌「炭坑節」。明るい盆踊りとして知られる炭坑節の背景には、ぼろくずのように坑道に葬られた何十万何百万もの朝鮮人、被差別部落民、漂白の民、下層の人々の怨念がこもっているのだ。
 互いの疑心暗鬼の果てに殺し合いを始めたやくざたちの前に現われる旧日本軍の老人・狼。たった一人、敗戦日本のGHQ占領に徹底抗戦した兵隊の亡霊だ。今も炭鉱の闇の中から戦後日本を呪詛している。
 やくざたちの殺戮合戦。岩盤崩落で闇に閉じ込められたその果てのカニバリズム。日本軍兵士の登場に「ひかりごけ」を連想してしまう。
 再びの「弔いの歌」。それが鳴り響くにつれ、坑道の破局が近づく。
 スズナリに旧い梁の木をめぐらし、炭鉱の坑道を再現した島次郎の美術がまず目を引く。しかも最後は屋台崩しだ。この舞台美術で今回の舞台の成功はあらかじめ予感されたといっていい。
 カナダ演劇「ハイ・ライフ」を思わせる男10人の汗臭いバイオレンス芝居。
 なによりも役者たちがいい。
 桜組(錯乱?)の若頭で物語の狂言回し的な役割を果たす若杉宏ニは商業演劇中心で3年ぶりの出演。アングラ芝居のブランクを感じさせない余裕の演技。久々に役者復帰した劇作家・佃典彦がまたいい味を出してる。塩野谷正幸はいつもの独自路線な役作りで笑いを取り、梅組(呻く?)の頭・保村大和は凶悪さと茶目っ気の共存したやくざを好演。イワヲ、冨澤力、木暮拓矢の劇団員と今村洋一(地下空港)も凝った役づくりと流山児仕込みのアナーキーな演技で舞台を活性化させる。
 真っ白なスーツ姿で登場する丸山厚人は流れ者の革命家という設定。辺境最深部からの窮民革命ということか。色香を感じさせる立ち姿、テントで鍛えた声量。登場するだけで場が華やぐ。「これはアングラ革命劇だ!」の客体化したセリフも張り詰めた緊張を緩和する。
 「オールドバンチ」でも活躍した本多一夫氏は老敗残兵・狼役に挑戦、普通の役者では決して表現できない、その独自の存在感が舞台に異様な緊張感をもたらしていた。
 炭鉱の闇の底から戦後日本の空虚な明るさを照射する陰鬱なるハードボイルド活劇。
 戦後エネルギー革命の連鎖で閉山に追い込まれて行った炭鉱の歴史、その漆黒の闇に消えていった何百万もの最底辺労働者の悲劇は現在進行中のフクシマの原発被爆労働者の姿と重なる。「弔いの歌」は筑豊や夕張の地下水脈を突っ切り、メルトダウンした原発の底盤に鳴り響いている。福島原発4号機の破壊が世界の「破局」と同義であるという事実を思えば、「さらば、豚」は今日的状況を反映したきわめてアクチュアルな芝居といえよう。 
 この濃密な空間がギラリと抜き身の刀を放つように息づいたのは何よりも流山児祥の硬軟併せ持つ演出の力。演出家の仕事とはつまりこういうことなのだ。

TWITTER評より 
BY高取英
流山児事務所の「さらば、豚よ」を見た。ドグラ・マグラだった。飽きさせない。深刻そうだが、元気な楽しい芝居。

BYかずみ
心が震えた、痺れた。それ以上の解釈は、とりあえず今の私にはいらないな。何か話すなら、今じゃない。という事もあり、本日は何も話さず吉祥寺に戻りました!

BYまっつー
人の在り方を考えさせられるいいお芝居でした! 良い意味で泥臭いアングラな劇!

BYりか
 東憲司氏の新作。養豚場から消えた豚を追い廃炭鉱に迷い込んだヤクザ達の泥臭ハードボイルド。元唐組の丸山厚人さんが「これはアングラ革命劇!」と劇中で叫ぶ(笑)ド直球なアングラ劇。薄ら笑いが止まらない!ス ...。
 廃炭鉱で行詰まるヤクザの息詰まる男芝居。設定自体も演出も褒め言葉として“腐ってもアングラ”で暑苦しくも狂おしいほど。愛しの若杉さん勇姿久々ゆえ説も個人的にあるか。塩野谷さんのキャラ造形に今作も拍手。で諸々どこ ...。
 九州の炭鉱を完全再現した美術は圧巻!欲望と恐怖が渦巻く坑道で、豚をテーマにした黒く暗い1時間45分。ねっとりした男の激情、二転三転する人間関係にどっぷり引き込まれました!厚人さん、もれなくかっこよ ...
  BYしの
東憲司&流山児★初タッグの「さらば、豚」観劇。あの狭い空間にいかにも島次郎美術な斜めに切り取った装置が入った上に、曲者揃いの個性派男優10人の男芝居、あらゆる意味で濃かった!!

  BYイマイヒロコ
「さらば、豚」から帰宅。ツレ友が号泣!男達はスバラシイって。清らかだって!ハマったみたい...。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。