流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その4[さらば、豚]
[演劇ライフ」BYみさきみさ
ここ最近観た中でもレベルの高い舞台。
それもそのはず、東健司の新作だ。だからやっぱり劇団桟敷童子に空気は似てしまっている。セットも含めて。しかし、ワタクシは劇団桟敷童子の舞台は大好物なのでそれでいい。

まず劇場に入ると、炭鉱跡のセット。このセットだけでアングラな香りが漂う。そしてこのセットが終盤で崩れ落ちるのはお馴染みだ。今回の登場人物は社会の底辺で生きるヤクザ。舞台は九州の炭鉱町。養豚場で豚の世話をしているのは敵対している二組(桜組・梅組)のヤクザ達。

ある日、養豚場から豚が一匹残らず消えた。二組のヤクザは互いに相手の仕業だと争う。しかし、二組が世話をしていた豚の数は108頭。そんな多くの豚を匿う場所がない。いや、待てよ、あそこなら・・、炭鉱跡なら匿える。二組のヤクザ達は消えた豚を追っかけて迷い込んだ先は不気味な廃炭坑だった。そして、ここでも彼らは対立を繰り返し血生臭い闘争をするのだった。

そんな折、ここで彼らは不思議な体験をする。それは闇の奥から聞えて来る忌まわしい唄だった。それはヤクザ達にとって忘れられない弔いの唄「炭坑節」だ。悪魔の囁きのような「炭坑節」が流れ出し、と同時に炭鉱の入口が崩れ落ちる。閉じ込められたヤクザ達は、そこでも掟破りの桜組を罵倒する。その掟とは、「豚に人間の死体を喰わせねえという取り決め」だった。

人間を喰った豚は意思を持つ
人間を喰った豚は反乱を起こす
人間を喰った豚は夢を追う

ヤクザ達はもうこんな豚の世話なんか嫌だ。レストランをやろう!!と夢を語る。最下層で蠢く男たちの怒り、悲しみ、力強さ、ロマン、正義、夢を独自なくすんだカラーで描いていくバイオレンスファンタジー。

舞台上の男たちは、ある時期から、実は彼らは豚なんじゃないかという疑念が湧く。そういった描写の舞台だ。これを観てレクターが富豪を豚に食わせるシーンを思い出した。

ひじょうに素晴らしい舞台だった。男くささの中にもコミカルさや滑稽さを加味し独自のパッションでブチかます。時折、導入されるミュージカルも素敵だ。そして出演した役者の全てが実力を兼ね備えた陣だ。まあ、これはキャストを確認すれば解る。脚本は勿論のこと、演出、舞台美術、照明、音響・・・全てにおいて秀逸だった。
イケメンの今村洋一のメイクがどっぷりヤクザだった。この仕事にかける彼の意気込みを感じる。いい役者になったな・・とつくづく思う。ワタクシは本当に嬉しいよ。塩野は何をやっても面白い。イワヲに関しては特にメイクなしでもヤクザ顔。ついでに流山児祥は親分みたいな。

誰にお勧めしても恥ずかしくない出来。ドカン!!とお勧め。


「がめ煮んごとある日々」
思わずニンマリとしてしまった^^。他の劇団に「初」書き下ろしでも、
やっぱり「九州」で、なおかつ「炭鉱」なんだなってね^^東憲司さんらしいな。
始めっから終わりまでずーっと廃炭鉱の中。懐中電灯を多用した演出がすごく雰囲気がある。
まるで、炭鉱の中の一角で物語を見ているような錯覚に陥る。息苦しさすら覚えるほどだった。

ヤクザが管理している養豚場の豚が忽然と姿を消したことに端を発する古い炭鉱跡の中で繰り広げられる、
対立する2つの組のヤクザたちのどろどろ物語。と書くと、まるで古い東映映画を彷彿させラストシーンは高倉健の哀愁の背中よろしく肩で風切る格好いい男たちの物語…なんてのをを想像するかもしれないがこれが違うんだな。出てくるのはしがない2つの組の下っ端ヤクザたち。上からの命令で管理している豚が、ある日すべて養豚場からいなくなってしまったから大変。早く探し出さないとどうなるかわかったもんじゃない。

相手の組の仕業だと考えるもどうやらそうではないらしい。では一体誰が・・・?
最終的に豚が逃げ込んだ先は古い炭鉱跡ではないかと結論付け、みんなで豚探しを始めることに。
炭鉱跡に入っていくも、しかし豚の姿はない。実は、豚失踪事件の裏には謀り事があったのだ。その首謀者とされるひとりの兄貴分。しかし、不思議なことにその兄貴分には、なぜかその謀り事に関する記憶がない。
探しても探しても見つからない豚立ち入ってはならないあの場所。聞こえてくる弔いの唄「炭坑節」。
さまよえる旧軍の亡霊。次第に明らかになっていくヤクザたちの諜略。

そして、食料もなく炭鉱跡に閉じ込められてしまった男たちが、極限状態で下した決断とは。
探しているのは豚なのか、それとも己自身なのか自分はなぜここにいるのか。自分は一体何なのか…

夢と現実が交錯するような幻魔怪奇な物語。「幻魔怪奇」という言葉を使うと、小説好きなら夢野久作の「ドグラ・マグラ」を思い浮かべるかもしれない。本作はまさに「ドグラ・マグラ」のように、夢と現実の境界がはっきりしない悪夢の繰り返し的物語で、見ていてなんとも苦しくなってくる。懐中電灯という小道具をうまく使った演出で、その息苦しさはなかなかすごいもんだったな。

ラストシーンの、「空ってどんな色だったっけ…」という台詞が胸に刺さる。東憲司×流山児祥という異色の「初」コンビが作り上げた物語は極限状態に追い込まれた男たちの壮絶で切ない物語だった。
この2人のコラボはいつかあるとは思ってた。それが今回実現した形となった。まさに夢のようなコラボだった。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。