流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その5[さらば、豚]
「高取英の日記」
流山児事務所の「さらば、豚」を見た。男しか出てこない。ヤクザと炭鉱の話。豚はわたしか、わたしが豚か?「ドグラ・マグラ」のような匂いもさせながら、落盤で閉じこめられたヤクザの抗争もある。謎の人物は本多一夫さんが。炭鉱節を坑内で歌うと落盤が起きるといいながら、迷信だよ、しかし、起きる。彼は、狼と呼ばれる帝国陸軍の亡霊。
ヤクザの主人公は、仲間を裏切ったのか、裏切ってないのか、明白ではない。謎は謎のまま終わる。展開は早く飽きさせない。
 タランティーノの「レザボア・ドッグス」だよ、と流山児さん。 深刻な話だが、そうならず、楽しませる。役者がそろって、元気がいいからか。笑いがちりばませてあるからか。
 配られたあいさつ文に、炭鉱節が現在なおもっともきびしい差別にあえいでいる人々の遺産であり、と上野英信の言葉が掲載。 様々な解釈が出来る芝居。

今村修FACEBOOK
「なんちゅう、ドグラマグラんこつ芝居じゃろかい!」。一昨日、流山児☆事務所「さらば、豚」を観終わって、思わず口をついた変な博多弁。「桟敷童子」を率いる東憲司の書き下ろし、アングラ第二世代の生き残り・流山児祥の演出、舞台は筑豊の廃鉱となれば、アングラ、情念、夢野久作……というのは自然な連想だろうが、それにしてもな舞台だ。エネルギー革命で人々が去った旧産炭地。かつてスト破りで勇名を馳せたヤクザの下っ端たちも、今は逃げた養豚業者たちが残した豚の面倒を見る毎日だ。ある日その豚たちが一斉に居なくなった。対立する組みの仕業と見たチンピラたちは、豚の隠し場所と目される旧坑道に向かう。そこに落盤。閉じ込められた彼らの耳に、忌まわしい弔いの歌が響く……。主人公の郷屋(若杉宏二)は豚にも劣る今の境遇から抜け出すことをひたすら夢み、「俺は豚じゃない」と繰り返す。だがその言葉が吐かれる度に彼の輪郭はにじみ、これが現...実なのか、夢なのか、はたまた人間だと思い込んだ豚の見る妄想なのか、分からなくなってくる。演出もドラマの緊張をあえて台無しにする、突然の解説や歌、踊りなどブレヒト的異化効果もてんこ盛りで、一種のアングラのパロディーを作り手たちが楽しんでいる。〈中略)豚の化身でもある郷屋たちが現実の彼岸に見るのが、豚肉も饗するであろう「レストラン経営」という無残な皮肉も効いている。〈後略〉

TWITTER評より。
BY GOYADAJAPAN
流山児★事務所の『さらば、豚』@スズナリを観てきた。内臓えぐられる様な芝居だった。アングラ演劇がどういうものかまだ理解仕切れてないけど、この劇団のお陰で確実に魅力されている。どの役者さんもレベル高すぎ。発する台詞が身体にバシバシきた!

BYオカヨウ
流山児★事務所の『さらば、豚』@スズナリを観てきた。内臓えぐられる様な芝居だった。アングラ演劇がどういうものかまだ理解仕切れてないけど、この劇団のお陰で確実に魅力されている。どの役者さんもレベル高すぎ。発する台詞が身体にバシバシきた!

BYまりえ
昨日は流山児★事務所の「さらば、豚」を観てきました。ガツガツゴツゴツした、アングラ男芝居!!かっこよかったー。

BYフジタアキマサ
流山児★事務所 「さらば、豚」@スズナリが、おもしろかった。アングラになるのだろうけど、わけがわからないドロドロしたのではなく、わけがわからんけど哀愁ただよう、どうしようもなく魅力的な男ばかりの作品。あの、雰囲気が、出演者が大好き。

「CORICH」評より BY形状不明
役者の本気を300%浴びる気持ちのいい舞台。
空気は古いが、それでもいい。舞台上でも開き直って「公言」している。
今、これだけの本気を観客の五体にたたきつけるが如く発してくれる役者にいっぺんに9人も会えるなんて素晴らしい。ストーリーがとか、演出がとか、そういうことが全く問題にならない作品。

「俺は豚じゃねえ!」ですからね。「俺は豚じゃねえ」連呼。なんて潔いんでしょ。誰でも分かる。
しかも全然、笑うとこじゃないの。本気。で、連呼するんだけど、「じゃあ、豚とは何か」ってことは
直接的には言わないんですよね。大人だな。「お前ら自分で考えやがれ! だが俺は豚じゃねえ!」ってことですよね。分かりました。

丸山厚人さんが凄いイケメンでびっくりした。兄貴はクリスチャンなのか、仏教徒なのか。どうして、人の道を説くんでしょうね?今村洋一さんは随分、おもしろ子分ぶりが板についていましたね。今まで見たことがない顔だった。イン役のキグレさんもいいですね。インて名字はどこのお国のものでしょうか。韓国の名字なのかと思ったけど・・。保村さんは大分前にオルガンヴィトーでしか観たことがなかったけどそれまでのイメージとは随分違う役だった。年月が経ったということだろう。今調べたら、前、観たのは10年前だった。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。