流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その6[さらば、豚]
月町1丁目1番地

下北沢スズナリで流山児☆事務所の「さらば、豚」を観る。
閉ざされた空間で生命の危機にさらされながら男たちの夢と現実がぶつかり合う、アングラ臭立ちこめる舞台だった。男度100%の芝居は流山児☆事務所の得意とする分野だが、男の弱さと哀しさがにじんでいて、しかもエンタメなところが魅力的だ。
・・・・
男が一人、九州の廃坑となった炭鉱の中で語り始める。「全ては3日前に始まった…」
彼は桜組の下っ端ヤクザの郷屋(ごうや・若杉宏二)。炭鉱が無くなって今やヤクザの収入源は豚を飼うことだ。上からの命令でもう5年も仲間と豚の世話をしている。その66頭の豚が、ある日突然姿を消した。
これはやはり豚を飼っていて、敵対する梅組の連中に違いないと考えた郷屋たち5人は、唯一考えられる場所、12年前の忌まわしい廃坑へと豚を探しに行く。しかしそこで彼らを待ち受けていたのは、同じように忽然と消えた豚を探しに来た梅組のヤクザ達4人だった…。

炭鉱の中で「炭坑節」を歌うと必ず落盤事故が起きるという言い伝えが効いている。
武器を持たなければ不安、誰も信用しない、生き残るためには平気で裏切るというヤクザの習性が、閉ざされた空間の中で疑心暗鬼を増幅させていく。その結果恐怖にかられたヤクザ達は次々と殺し合い、生き残った者はある選択を迫られる。

上手と下手にひとつずつ、2方に伸びる細い坑道がその先にあるものを想像させて不気味。
照明の変化で時間と、夢と現実の境界を行き来するところも素晴らしい。

若杉宏二さん演じる郷屋が登場人物を紹介し、状況解説もはさむのだがこれがとても判り易く、ヤクザの個性やその後の行動を納得するのに助けになった。似たような強面のヤクザにもバックグラウンドがあり、それぞれの死にざまにつながるから情報は大事だ。

今回の塩野谷さんは信用金庫の経理担当者からヤクザに転職した変わり種を演じた。これが、性根がヤクザなのは実はこの経理マンではないかという行動に出る。びくびくしていたくせに狂気に走るところは、やはり塩野谷さんらしさ全開。ダンスの時つい注目して笑ってしまってすみません(笑)

狼と呼ばれる老兵(本多一夫)が彼らに武器を与え、殺し合いをさせたり「炭坑節」を歌って落盤事故を引き起こすように仕向けたり幻のような存在ながらヤクザ達を操るというのも、因果応報を感じさせて存在感あり。
いつの世にも時代と組織に翻弄される男たちの姿は同じ、足を洗って別の生き方をしたいと願いながらまた1日が過ぎて行くのも同じだ。家族の気配薄く、夢ばかり食べている孤独なヤクザが近しく思えてくる。

郷屋は結局死んだのか、生き残ったのか・・・?
あの“落盤事故の時に空を見るための窓”は永遠に開かないだろう。ヤクザの窓は黒い闇を映すだけだ。
「豚も夢をみる」と老兵は言って消えた。「人はもっと夢をみる」だろう。
その哀しみが強く残る舞台だった。

男って大変だ。これが女だったらどうなっただろう。同じように殺し合うんだろうか?もっと残酷か…。
ふと、そんなことを考えた。ディープでアングラなファンタジーをありがとう。

 BLOG OF SAKATE BY坂手洋二
夜はスズナリで流山児★事務所『さらば、豚』。最後列に案内されたのは観やすい席だしいいのだが、左隣に作家の東憲司君、その向こう隣に舞台美術の島次郎さん、右隣に座ったのが照明の沖野隆一さん、その向こう隣に演出の流山児祥氏、という、「なんで?!」というスペシャル席での観劇であった。スズナリを知り尽くしたスタッフによる劇場空間の創出。佃典彦君が俳優としてチャーミングなのが愉快。


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。