流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2012上半期の収穫:快作「さらば豚」![さらば、豚]
今年の「上半期演劇界の収穫」に「さらば、豚」が選出されている。そして。「テアトロ」「悲劇喜劇」に劇評も。以下の如く。

演劇雑誌「悲劇喜劇」9月号 「2012年上半期演劇界の収穫」 江森盛夫
 流山児☆事務所「さらば、豚」(作:東憲司、演出:流山児祥)ザ・スズナリ。九州の炭鉱町の話だ。石炭の余沢でしのいでいたヤクザも廃坑で、いまやシノギは養豚稼業。その豚が廃坑の迷路に逃げ込んだ。豚を追ったヤクザも閉じ込められて、どこかから聞こえてきたのは炭坑節だ。筑豊の作家上野英信が、炭坑節は明るい盆踊りの民謡などではなく、九州の虐げられた日本・在日の民衆、アウトローの「黒人霊歌」だとした。不吉な弔い歌なのだ。当時の炭労副委員長の息子:流山児が歌う暗い炭坑節は、戦後史の深部を垣間見させた。

演劇雑誌「テアトロ」2012年8月号劇評 「個の生き方と集団表象」田之倉稔
流山児★事務所の『さらば、豚』(作:東憲司、演出:流山児祥)。クラッシク音楽からロックに変わったよう。舞台でスピーディーに交わされる怒号、卑語、方言のまじる台詞に理解が届かないので、台本を読んだ。表紙のエピグラフにこうある。「…‥いつかどこかの…‥かつて炭鉱だった町…‥その町の養豚場の…‥地下にある……潰れた炭鉱での…‥寓話……」。これを読んであるヤクザのせりふ「夢落ちなんかで終わらせねえ」の意味が分かる。スペイン演劇風の「ああ、夢だったのか」で終わる話にならない。炭鉱=閉ざされた世界から青空の広がる外界へと脱出し、自由の大地へと向かうというヤクザの決意が表明される。『さらば、豚』は底辺の人間をも抑圧するあらゆる束縛からの解放を謳う。この物語は二つのヤクザ組織、桜組(5人)と梅組(4人)の抗争が主筋。両方の組員の世話する豚が養豚場から消える。豚を追って迷い込んだのが炭鉱の閉じられた空間。そこに一人の老人、「狼と呼ばれる老兵」が出現する。本多一夫演じるこの人がエニグマティック。炭鉱とは被差別者ばかりでなく「…‥軍国主義、資本主義の生蟄が眠る穴ぐら」。老人とは過去の幻影なのだ。そのほか「豚の見る夢」や「炭坑節」の意味があかされてゆく。炭鉱問題に詳しい作者と演出家ではないと構想も形象化もできない快作だ。
 
演劇雑誌「悲劇喜劇」9月号「演劇時評」 岩佐壮四郎(近代文学)×小山内伸(朝日新聞)
編集部 次に、流山児★事務所「さらば、豚」東憲司さんの書き下ろしです。

岩佐 落盤事故で、シマにしている炭鉱が閉鎖して養豚業に転じている、暴力団の梅組と桜組。その養豚場から豚が姿を消してしまう。二つの組は、鉱山会社の下請けとして張り合っていたのですが、豚が突然消滅する事件をめぐって二つの組の対立が再燃し、忌まわしい落盤事故の記憶が甦るという話です。人間の食欲を満足させるため徹底的な管理の元に飼育される豚を、人間になぞらえるというのはそう珍しくない。私などは学生時代に観た今村昌平の「豚と軍艦」(1961年)という映画を思い出しますが、ここでも豚のおかれた状況と管理社会における人間たちの状況を重ね合わせるように表現しています。映画は横須賀が舞台で、実質的な植民地としてアメリカの支配下にある日本人の姿に光をあてていましたが、この劇では、それだけではなく一種の人肉食にまで視界に収めている。

小山内 劇中に「人間を食った豚は意志を持ち、夢をみる」という台詞が出てきます。カニバリズムも出てくる。だから人間をあたかも養豚場の豚のように描くという狙いでしょう。東憲司さんと流山児祥さんは初めての組み合わせですが、アングラ的な活力を帯びている点で両者は相性がいい‥劇中で、12年前に炭坑節を歌ったら落盤事故が起きた過去が語られ、若い衆はそれを知らないのでまさかと言いますが、実際に同じことが繰り返されます。ただし、その凄惨な事件が再現されるだけで、意外性はない。

岩佐 我々は豚を殺してトンカツやとん汁にしたり、牛を殺してステーキや牛井にして食べている。では豚や牛が、人間を殺して人間のカツや人間井をしてはいけないのか。人間は豚を殺していいけれど豚は人間を殺してはいけないと正統化する根拠は実はどこにもない。これは、究極には誰も答えることのできなかった問いで、その意味ではこの舞台が向き合ったのはとても重い主題です。人肉食は武田泰淳『ひかりごけ』や大岡昇平『野火』 など、戦後文学が追求したテーマで、舞台では例えば『ひかりごけ』は初期の劇団四季が取り上げ、『野火』は数年前に俳優座が鐘下辰男脚本・演出で舞台化に挑みましたが、この戦後文学的なテーマに、東・流山児のコンビは正面から向き合おうとしている。束の脚本はやや一本調子で、男達の怒号に終始する舞台に二時間近く観客の関心を集中させるにはかなりの力技を要しますが、流山児の演出は脚本の持つ北九州の炭鉱地帯である川筋の言葉をベースにしたヤクザ言葉の魅力を活かし、笑いやダンスを挟みながら、二時間近く退屈させない。もともと、修羅場というか鉄火場を得意とする流山児ですが、「豚野郎」 「汚い」「臭い」 「死んじまえ」などのドスのきいた怒号が逆巻くなかに豚の悲鳴も混じって、迫力のある舞台となっていました。

小山内 演技には熱いエネルギーを感じました。この炭鉱の名前は「よろずみ」。「よろず」と「黄泉」を掛け合わせた命名ではないかと思います。炭坑節が歌われるシーンで本多一夫さん演じる日本兵の亡霊が出てきます。迷宮の中の悪夢として描くために昔からの怨念みたいなものを放り込む必要があって、戦時中のもの(兵隊)を出したのでしょうが、この必然がわからない。因縁ならばむしろ、強制連行された朝鮮人を出したほうが腑に落ちるように思います。

岩佐 もちろん、強制連行された人の怨念も渦巻いてはいるでしょうが、ここはやはり日本兵でしょう。日本の役者は軍服を、特に日本軍の服を着ると誰でも似合うといいますが、とくに本多さんぐらいの年配の、戟前生まれの人が軍服を着て登場すると、それなりに存在感もありますね。映画「豚と軍艦」では、長門裕之のチンピラが水洗便器に首を突っ込んで死んでいく場面が印象的でしたが、この舞台では仲間が一人ひとり穴蔵に吸い込まれていって、最後にひとりだけ残された兄貴分がまっ青な空の記憶を語るラストシーンも鮮やか。舞台装置は島次郎で、オープニングの豚の解体現場風の装置が、エンディングでは、福島原発の建屋の残骸を思わせる装置に変わってしまっているのもアザトサを感じさせない。

小山内 炭坑内なのに窓がある美術がおもしろかったですね。

岩佐 若杉宏二や、佃典彦、塩野谷正幸、イワヲ、保村大和などのベテランと、丸山厚人など個性的な若手の組み合わせもこういう暴力劇を演ずるにはふさわしく、流山児★事務所の快作だったのではないかと思います。


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。