流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

旅する演劇:興奮のバンクーバー初日![海外ツアー]
『狂人教育』以来、12年ぶりのバンクーバーフリンジ2012開幕の日を迎えた。97劇団、754公演、世界中から集まったパフォーマーたちが11日間の演劇の祭典を繰り広げる。今日は2本見ることを決めて長い列に並ぶ、まずは去年ベスト5の2作品。夕方5時からWATER FRONT劇場でWONDERHEADSの「LOON]マスク劇の一人芝居、PHYJICAL THEATERというジャンル。孤独なマザコンの老人の「恋のモノガタリ」実に良く出来たウエルメイド・・・・静かな始まり・・月・・・「カサブランカ」「慕情」「風とともに去りぬ」のラストシーンの音声・・・etc.。45分。
劇場を出て、走って今度は、6時からわたしたちが『花札伝綺』を上演するパフォーマンスワークス劇場でDELCON ENTERTAINMENTの「GOD IS A SCOTISH DRAG QUEEN]を見る。スラング爆発の自ら「神」と名乗るUSAの中年おっさんの(おばさんの格好をしているんだが)一人漫才?スタンダップ・ノンストップのしゃべくり。でも75分凄いスピードでしゃべり倒す。去年ビクトリアでベスト1のソロ賞を受賞している。
2つとも「ほぼ満員」のステージであった。それにしても高齢者の客が多い
・・・・・・
そして、『花札伝綺』初日の幕が・・・・。
仕込み、シビアにきっちり15分。久々に緊張する。この劇場:パフォーマンスワークスではキャバレー形式で真ん中にいくつかのテーブルを置いての(ドリンク有り)での上演である。客席数は約200。今までで、一番大きい劇場?というかライブハウス。舞台は仮設で組まれていてそんなに大きくない。演劇環境的にはまったく良くない。が、キャバレー形式のソロshowにはぴったり。
・・・・・・・・・・・・・・
客の入りは心配だったが、ドラッグクイーンを上回る「ほぼ満員!」の入りでひと安心。あと3ステージということで、全員集中して、芝居の出来もよくいい反応。さすがにバンクーバー、日本人観客が5分の1ぐらい。

12年前、9年前の『狂人教育』公演でお世話になった懐かしい顔が大勢集まってくれた。ホストファミリー、日系人コミュニティのリーダー:たけさん、総領事館のひと、雑誌フレイザー編集部のヒトタチ、フリンジのEXECUTIVE DIRECTOR のDAVID JORDANも来てくれた。また、バンクーバーで映画を製作した佐々木想監督の関係者といった多くの人たち。今回はNYで世話になった高橋玄監督といい劇団にいた佐々木監督という国境を越える作品を撮っている映画人、メディア人に様々なサポートをしてもらっている。感謝。

終演後、バンクーバーの雑誌「フレイザー」の役者たちとわたしの取材があった、わたしの現在の活動を取材していて、次には楽塾やパラダイス一座といった高齢者演劇や中高年演劇をバンクーバーに持ってくればオモシロイ展開になる?といった話も出る。バンクーバーもカナダも急速に高齢化社会に進んでいる。日本人会もほとんどが高齢者だという。楽塾はバンクーバーに一大衝撃を与えるんじゃないか?と「フレイザー」のMIYASAKAさん。うん、それはオモシロイ。

幕は開いた!!最終日:日曜夜10時10分開演のステージの客の入りが心配だが、やれることはキチンとやるつもりである。あと2ステージ『花札伝綺』バンクーバーの夜を駆け抜けます!!グランビルアイランドから全員白塗り衣裳のまま深夜のバスに乗ってそれぞれホテル、ホームステイ先まで。乗り合わせたお客さんにもちろんチラシを手渡しながら・・・・1ヶ月やってきたわたしたちの「普通の日常」である。
旅する演劇・・・40年芝居をやり続けて海外でもっとも実感するコトバ「旅する演劇」。演劇は本来旅すもの。河原者とは河原に小屋掛けをして全国を漂流していたわたしたちの先達である。



2012-09-08 00:48 この記事だけ表示