流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

NY FRIIGE 「ロングランに値する作品」選出。[海外ツアー]
2日目のバンクーバー、今日からがある意味、フリンジの本番。夕方5時開演の芝居を待つヒトにチラシを撒きに行くと、観客よりチラシを撒くパフォーマーが多かったりする・・・・・5時開演の「HIPHOP Shakespeare」を見る。客席はすこし寂しい。マクベスに始まりハムレット、ロミノとジュリエット、リチャード3世・・・・・でもって、夏の夜の夢のパックの歌までヒップホップ・・・・なんじゃこりゃの2人組。35分。
 で、すこしたって仕込み開始。いつものように、心配していた客の入りだが昨日同様、「ほぼ満席」の入りとなる。お客さんの反応もすこぶるいい、そして、たった4日間3ステージの参加ということで、多くのパフォーマーが見に来てくれている。お互い、芝居を見合うのがFRINGEの良さ。2000年の『狂人教育』でお世話になったバンクーバー演劇界のボス;アーツクラブの芸術監督:ビル・ミラード氏もゲネプロの合間を縫って見に来てくれた。去年は「ユーリンタウン」を高円寺に見に来てくれたし、小林七緒の留学先でもあった。カナダ演劇との20年間におよぶ交流の根幹を支えてくれている先輩でもアル。また、評論家の江森さんの旧友も見に来てくれて「きてよかった、本当に素晴らしい作品」と絶賛してくれた。多くのヒトにさせられて『花札伝綺』は進化してゆく。

 バラシのあと、日系の雑誌「OOPS!」の取材。昨日の「フレイザー」の取材同様・・・バンクーバーのヒトのゆったりさ、新劇的な芝居、寺山さんのコトバの先鋭性・・・・などを・・・明日は「バンクーバー新報」の取材。青木に任せる。海外公演も次世代にキチンとバトンタッチである。が、その町の人々の声はきっちり聞かねばならない。演劇の半分はお客さんのもの・・・という原則を忘れてはならない。様々なる「反応」があって当たり前。
・・・・・・・
アーツクラブのBARでお疲れさま会。エリさん弥生さん夫妻も一緒にビール、弘子の××歳のバースデー。18歳の高校生で入団して25年以上の歳月が流れたのである。そうか、いつも弘子はツアー中に年をとっているのか?

で、夜10時15分開演の芝居を見る。開演時間ぎりぎりまで客3人、ボランティアのヒトが開演前のスピーチの最中に7人のパフォーマーが入ってきてなんとか10人・・で、スピーチを終えたボランティアも加えて11人。30分あまりの引きこもりの一人ミュージカル。ほぼ拍手もなしに終演。うーん、シビアである。
・・・・・・・・・・・・・
ホテルに帰ってみると「ビクトリア公演評」が・・・・。

「I HAVE MY OWN LIFE TO LIVE]
Vancouver Fringe Festival 2012 – Suggestions from the Victoria Fringe
September 5, 2012 By @lacouvee Leave a Comment

I am not primarily a reviewer, but I do see a lot of theatre – 38 shows at this year’s Victoria Fringe Festival (and somehow I managed NOT to see all the shows from Victoria going on to Vancouver).
Here are my recommendations for shows that were in Victoria this year (or last). The productions are uniformly excellent. However, my taste in theatre may not be yours. Caveat emptor!

I’ve listed the shows alphabetically, as they are indexed in the program。

Hanafuda Denki – A Tale of Playing Cards – Ryuzanji Company
Ryuzanji Company from Japan last appeared at the Victoria Fringe in 2009 with a Japanese version (surtitled in English) of High Life. They were a huge hit with their madcap antics of junkies trying to rob a bank, despite the language differences.
Hanafuda Denki was written and first staged in 1967 by avant-garde pioneer Shuji Terayama and Ryuzanji have adapted it for a modern audience.
Are you a winner or loser in this life-and-death game? Don’t miss this very Japanese retelling of a work inspired by“Three Penny Opera” – all the way fromTokyo.
From the moment the company appeared on stage I felt as if I should be applauding. A highlight of this year’s Fringe for me. I only wished I had the time to see it more than once.
Pick of the Fringe Victoria 2012

また、既報のごとく
「カリフォルニア文学レビュー」でNYフリンジ2012の「ロングランに値する4作品」に選出された。

「CALIFORNIA LITERARY REVIW] BY:ETHAN KANFER
Is there life after Fringe? Four shows that deserve longer runs.

Where a production goes after a run at The New York International Fringe Festival depends on many variables. Already 19 entries have been selected for the Fringe Encore series in September (two of which, Pulp Shakespeare and Pieces, were reviewed here). For details see www.SohoPlayhouse.com. Beyond that, only time will tell which shows will garner the luck, timing, financial backing and connections necessary transfer to a major venue. In the meantime we Fringe attendees enjoy compiling our personal wish lists. Here, in addition to the shows praised in previous columns, is a critic’s lineup of productions that show promise.
2012-09-09 03:07 この記事だけ表示