流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

シルク・ド・シュール!アートの1日。[海外ツアー]
続々と絶賛の「劇評」が。
それも、バンクーバーで有名なPLUNK MAGAZINE VANCOUVERに!!
明日の千穐楽に向けてうれしい限りです。
『花札伝綺』はシルク・ド・ソレイユならぬシルク・ド・シュール!と、きたぜ。
Hanafuda Denki: A Tale of Playing Cards - It's Cirque Surreal

BY:Danielle Benzon September 8th, 2012

寺山修司の詩的戯曲に敬意を表して「詩」のように「批評」を書くという・・・実にウイットにとんだ劇評。

「Hanafuda Denki only has three performances in total (last one is Sunday at 10:10pm) so get your tickets while you can! Imported from Tokyo, the experience of this show was so frantic, fantastical and fragmented that prose cannot do it justice. I recommend that you go and see it with your own eyes.

Failing that, I present you a review in poem form:

The lights are up, the players mingle
Newspaper crunch and haunting cackles
Lights go down and off we go!

Shocking and sensational actors crowd the stage.
Time goes. Tick. Tock.
Subtitles linger over heads that thrash and sing.

Sad macabre, dolls and princes
Gender is just the garb you wear.
I am confused, I am delighted
Slick in chaos, funny in fear.

Carnival and circus music,
Poetry and somber tones.
Nervous snickers, nervous laughter
Cabaret does death kids show.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで、今日8(土)は「休演日」
フリンジで2本。レビューステージで「エディットピアフとジャックブレルのありえない競演」というシャンソンを聴く。BREMNER DUTHIEという歌い手がいい。続いてこんどはオーガニック・コーヒーでギターでオペラを歌うやつ「OPERA FOR HEARTHENS]、これは面白かった。イタリア語、ドイツ語、フランス語、英語、エレキギターでWHO,やらqueenでジーザスクライストスーパースター、クラッシクギターでモーツアルト、プッチーニ、ビゼーとなんどもかんでも。いやはや面白かった。
夜は、roundハウスでバンクーバーで評判になっているダンス。
ODDESSAY114 BY:PARAS TEREZAZAKIS の世界初演。
roundハウス全体を使ってムーブメント。コンテンポラリーダンスの枠を超えたダンツテアトル。
ピナ・バウシュに似ているがもっと演劇的、セットを動かしたり観客を移動させたり・・・・いや、久しぶりにオモシロイ見世物を見た・・面白さがあった。ダンサーも国際的、・・・めちゃくちゃ体が動く、よく鍛えられている・・・走る身体・・言葉も様々な言語が飛び交う、音楽もバイオリンとパーカッション、全て一人で・・・・照明も美術も・・・まさにアートである。
PARAS TERZAKIS まだ、日本には来ていないようだが・・・ギリシャのコレオグラファー、ディレクター。

で、最後はバンクーバーインターナショナルフィルムフェスタをやっている映画館でフィンランド映画「IRON SKY]を見る。2018年に月からナチス軍が月から来襲するという奇想天外の映画。オモシロイ、いやくだらない。え、日本でも公開するんだってさ?いや、笑った。

というわけで1日アート三昧に日であった。
いよいよ、明日9(日)夜10時10分『花札伝綺』worldツアー千穐楽です!!!
2012-09-09 16:39 この記事だけ表示