流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

アングラはカラダ全体で《読め》![演劇大學]
27(木)夜、中津川で国際演劇祭の作り方というか海外のフリンジ演劇祭について1時間ばかり報告。
市民の市民による市民のための演劇祭。エドモントンやビクトリアのFringeの歴史と現状を喋る。
いわゆるボランティア活動の多様性。町興しというより、より豊かに遊び楽しむコトの素晴らしさ。
ストレス社会の中で暴発する事件が多発するニッポンの現在。他者がいるという当たり前の事から・・・・始めるしかない。共に支え合う多民族国家、冬の寒さは壮絶で、支え合いは自分が生きるための根幹でもあるカナダ。そんな話と「日本の現代演劇史」・・・・・60年代から70年代のアングラ史を語る。
良く知っているヒトと全く知らない人、半分半分。
楽しくしゃべる。3時間では勿論しゃべり切ることなど出来ない。10月18〜21の演劇campの時、ゆっくりやりましょうと「約束」して「市民サポーター講座」を終え、終電近くに名古屋に移動。駅前のホテルに宿泊。
10時過ぎに名古屋駅に。新幹線が事故で70分遅れとのアナウンス。即、飛び乗って東京へ。
なんとか、盛岡行きの新幹線に乗る。
・・・・・・・・・・・・・・・
28(金)3年目の演劇大学IN盛岡。わたしは座学:アングラから現在までの演劇史。
これは前回の千葉で試したことだが・・・・アングラの歴史を自分史と共に語り、アングラ戯曲を参加者全員で《読む》ということをやってみた。これが面白かった。参加者も目の色が変わった。
で、盛岡でもやってみることとする。
29(土)2日間で唐十郎、寺山修司、佐藤信、つかこうへい、北村想、野田秀樹、岡田利規、を参加者全員、声を出して《読んだ》!!初日は寺山修司『花札伝綺』『毛皮のマリー』唐十郎の最新作『木馬の鼻』の3本。参加者15人でぐるっと回るように《読んで』みた。勿論、歴史的な事も交えて喋った。

2日目はつかこうへい『熱海殺人事件』北村想『寿歌』、野田秀樹『THE BEE』岡田利規『マリファナの害について』いや、面白かった。金杉忠男『花の寺』、平田オリザ『東京ノート』は時間が足りなくて読めなかった。readingというか集団朗読というか15人で一斉に《読み廻す》とアングラと呼ばれる戯曲は「カラダ全体」で読まなきゃ《読めない》という単純な事がわかる。

様々なテキストをこれからも《読んで》行こうと思っている。大人のためのWORKSHOPとともにこの試みは展開してゆく。ぜひ、一緒にやりましょう。
・・・・・・・・・・・・
昼間が久しぶりに空いたので、映画館でシネマ歌舞伎『籠釣瓶花街酔醒』(三世河竹新七:作)を観る。
勘三郎・玉三郎・仁左衛門の競演。オモシロく見る。でも、2000円は高価いゾ!
それにしても、歌舞伎、このところ観に行ってないなあ・・・と実感。
講座を終え恒例の交流会。岩手大学、盛岡大学といった大学生たちとじっくりしゃべる。大学生演劇祭をやれ!とそそのかす。で1本はシニアや子どもも交えた芝居を創れ!と・・・・・真面目にしゃべる。
盛岡も3年目、次の世代がこれからは中心になればいい。前橋からやってきた演出家Hさんにも、前橋でも演劇大学、是非、やってください!とハッパ。たぶん、近いうちに実現できるだろう?全国、どこでも行きますよ。どーせ、カネにもメイヨにもならないヒトとヒトのツナガリが生み出す「ヘンな事」・・・・それが芝居である。「ヘンな事」・・・・楽しみましょうね。学生諸君。みなさん。
・・・・・・・・・・・・・
30(日)巨大台風接近の報を聞きながら夕方、帰京。
・・・・・・・・・・・・・
1(月)台風一過のトーキョー。
今日はSpace早稲田演劇祭最後の演目IN EAZY MOTIONの仕込み。最後の演目、3ヶ月のフェスもラストである。4(木)には『地球☆空洞説』の歌稽古も始まる。でもって、来年5月の新作Musical『アトミック☆ストーム』の出演者オーディションに向けての制作準備も同時進行中。アマノは最終台本を書上げるべく執筆中。名作を期待して待つとするか。さ、「大喉」の台詞、入れなきゃ!!・・・・忙しいが、これまた致し方ない。
・・・・・・・・・・・・・
野田政権は断末魔の光景。沖縄ではオスプレイ配備を強行=狂気の沙汰の愚行が!!ナショナリズムとポピュリズムの横溢。他者は確実にいる。あせらず、地道にじっくり、眼前のやるべきことを、やるしかない。
2012-10-01 16:00 この記事だけ表示