流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その5[地球☆空洞説]
現代美術家:堀浩哉の「劇評」より
以下

「昨日(29(木))は流山児★事務所の公演『テラヤマ見世物ミュージカル・地球空 洞説』へ。昨日が千秋楽だったから、もう「お勧め」の意味はないので公演の詳細は省くが,久しぶりに妙な感動があった。

 率直に「感動した」と言いにくいのは、そもそもぼくが寺山修司という人に昔か らさほど興味が持てなかったからだ。寺山さんは短歌や演劇から競馬予想まで、様々なジャンルで豊穣な「物語」を紡ぎ出してきた人、と評価されてきた。
 しかしぼくには寺山さんという人は、ただ「ぼくって何?」ということにだけ執拗に こだわり続け、それが転じて「ぼくを見て!」とひたすら主張している人にしか見えなかった。芝居はすべて寺山脳内ワールドの迷宮巡りで、だから役者もその演技も彼の脳内からひり出したオブジェであるしかなく、その世界は徹底して他
者不在の、いわば「胎内的世界」である、とぼくには思えたし,今もそう思う。

 そんな寺山戯曲が、没後29年たった今なお毎月のようにどこかの劇団が公演しているほどもてはやされているというのは、この国の無意識な「胎内回帰」の気 分を象徴しているのかもしれない,とさえ思う。
が、しかしそれでも昨日は感動したのだ。

 初演時(1973年高円寺の小さな公園での市街劇)の記憶が、台詞や歌の間に間にフラッシュバックして蘇るが、ほとんど原作を換骨奪胎した流山児祥ら3人による共同演出は50人を超える出演者に生演奏付きの大狂騒ミュージカル。

 公演後、演出家でありながら今回は久しぶりに役者としても出ずっぱりの流山児祥が、ぼくにささやいた。「ばかばかしいだろう。だけど元気だろう」と。そう、ばかばかしいほどの「無内容」。だけれど、流山児は寺山ワールドを「内 容」だと信じる多くの再演者たちをあざ笑うように「ばかばかしい」狂騒に徹 し、そして39年という年月自体を、いわば「記憶の他者」のように挿入することで、「胎内」から外へ、とにかく歩き出そうとしている。空元気であろうと も。それが、思いもかけずに、じわっと感動につながってきたのだった。(1973年といえば、ぼくは美術での活動の傍ら,流山児の劇団「演劇団」で座付き作者として台本を書き始めたころだった。)

そして、狂騒の中から聞き取れる数少ない言葉、「地球はもうじきおしまいだ」というリフレーンだけが、舞台が終わってなおリアルに響いているのは、39年前には想像もできないことだった。」
2012-11-30 23:26 この記事だけ表示