流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」:楽塾十二夜[海外ツアー]
楽塾カナダ公演の「劇評」です。

@ CVV magazine Aug 28, 2013
 東京の劇団・楽塾が、日本版「十二夜」を上演して絶賛されている。

モヒカンや着物を粋に着こなしレトロなメロディを口ずさみながらのシェイクスピアを想像してみてください。このド派手な芝居はキラキラ輝き、竜巻となって純な喜びを運んでくる。しかし、変化を好まず従来のものを死守したいシェイクスピアのファンは深刻に受け止めるだろう。観客を見まわしてみて判断すると、すっかり舞台に惚れこんでしまうか・・椅子に深く体を埋めてしまうかどちらかだろう。

 演劇のダイナマイトのようなこの眩い楽塾版の舞台はゲームショウのような感覚を持ち十二夜の倒錯した精神を情熱と活力でしっかり捕えている。ヴァイオラは雪姫と名前を変え、難破した船から生き残り、紀の本の国の領主に恋をする。道化は1人ではなく3人にも増えているし、また、素晴らしいダンスや立ち回りも見ることができる。役者のほとんどは女性で、それがこの男女が入れ替わる物語にぴったりである。役者はほとんどが中高年であるということで、私は驚愕してしまった。彼らは甘いお菓子を食べて元気いっぱいの10歳の子どものようなドでかいエネルギーを持っている。

 セットや小道具はほとんど無しで、すべて表現力、ダンスの振り、衣裳で見せている。役者たちは豪華な着物を着てスポットライトに輝く。マルボーリオに当たる丸井三太夫はうまく嵌められて黄色のスパンコールを身につけ、まるでディスコのBIG BIRD のようだ。

 字幕のあるショウでは、読んでいるうちに素晴らしい動きを見逃してしまう恐れもあるが、役者たちは文化的違いをうまく工夫で乗り越え、西海岸の我々もほっとした気分で見られるようになっている。ちゃんとついていけても行けなくても、この視覚的にも素晴らしい音楽溢れるパーティに取り込まれていくことだろう。

A THE CRAIG 

 このシェイクスピアの笑劇が魅力的な解釈の演出で演じられ、14人の役者がすてきな衣裳、楽しい歌・踊り・演技で魅力的な舞台を創っている。英語字幕も、オリジナルを日本版にしたその解釈を生かしてうまく訳し面白いものとなっている。演劇作品としてまさに主流である作品をこの安いフリンジ価格で見られるのはかなりお得である。我々は去年の『花札伝綺』も大好きだった!どうもありがとう、楽塾。

B Matt’s Review 

 友だちとでも言うべき演劇集団「楽塾」はその活力で観客を巻き込んでしまう「演劇怪物(モンスター)」である。彼らの今回のフリンジ作品『十二夜in Kabuki Style』は去年の『花札伝綺』ほど、不条理でバカバカしい面白さを持つものではないが、その牙は、同様にしっかり尖っている。みなさんは様々な形でのシェイクスピアを観てきていると思うが、おそらくこんなシェイクスピアは観たことがないだろう。

 どんなに普通と違うのかちょっと述べてみよう。まず劇場に入ると、なあんだと思うほど何もない素舞台である。明りが消えるとあっという間にそこは人間万華鏡と甘美な喜びで満ち溢れる。役者たちがあらゆる色彩の衣裳を纏って舞台を駆け巡り、小さな絵柄入りの扇だけを使って海の波間を創り出すのだ。最初の数分の間で、すでに観客は、流れるような踊り、歌、衣裳の変化、アクロバティックな動きを楽しむ。観客と舞台を遮る壁は壊され潰され消えてなくなり、もうこれで終わりかと思っていると更に次々と展開していき皆さんは嬉しい誤算を楽しむことになる。

 役者たちの動きには素晴らしい統一感があり、私はかなりの衝撃を受けた!素晴らしい蜂の集団のように場面から場面へとなめらかに紡いでいく。14人のメンバーというのは今年のフリンジでもちろん最大の人数であり、どの役者が一番とはとても言い難く、全体がどの個人にもまして素晴らしい。全く個人的にはヒトラーと三船を奇妙にすてきに掛け合わせたようなマルボーリオのめぐろあやがお気に入りだったが。

 2012年の『花札伝綺』は喧騒・統制不能・興奮・・でドラッグのトリップのようだったが、十二夜は原作を、日本という国を通してしっかり独自の物に創り変えている。

 シェイクスピアの喜劇はこのネオ歌舞伎集団の2、3時間分も短くまとめた作品にまさにぴったりとはまっていると言わざるを得ない。役者は二人を除いて女性で、女歌舞伎もいいね!と言えるのではないか。まあもしそうでないとしても、女性が男性役も演じていることが、この取り違えの喜劇を更に面白くしている。


2013-09-09 19:52 この記事だけ表示