流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その6[無頼漢]
遂に出た。巧いなあ、言葉使いの名手の「劇評」である。

演劇評論家:朝日新聞の今村修氏の「劇評」

民の気持ちの分からぬご政道、金が敵の世の中を、意地と機転でひっくり返す――。

昨夜は豊島区テラヤマプロジェクト第2弾 テラヤマ歌舞伎「無頼漢 ならずもの」(原作=寺山修司、脚本=中津留章仁、音楽=上妻宏光、演出=流山児祥)@豊島公会堂。50人近い出演者が舞台を、客席通路を所狭しと全力で駆け抜ける。池袋の闇の中からまつろわぬ魑魅魍魎たちが立ち現れ、うたかたの叛乱の祭りを繰り広げた。

原作は、歌舞伎の「天衣紛上野初花」(講談では「天保六花撰」)を下敷きにした、篠田正浩監督の映画「無頼漢(ぶらいかん)」の脚本。水野忠邦による天保の改革、相次ぐ風俗取り締まりで息を詰まらせた、直次郎(五島三四郎)、河内山宗俊(山本亨)、金子市之丞(若杉宏二)、暗闇の丑松(甲津拓平)ら、稀代の歌舞伎者たちが大江戸の空に解放の花火を打ち上げる。権力に対して想像力で立ち向かう寺山らしいピカレスクロマンだ。

流山児は2006年にも佃典彦脚色で「無頼漢」を舞台化・演出している(流山児★事務所「BU・RAI・KAN」)。この時の舞台は、しょせん徒花で終わった直次郎らの叛乱に、自己満足で終わっていった全共闘運動に対するポスト全共闘世代=佃の批判を読み取り、全共闘世代の流山児があえてそんな舞台を作ったことに感心した。関心はそっちにあった。

だが、時は流れて7年後。今回の上演では、主人公らの企みに対するシンパシー、切実さが格段に増した。このとんでもない政治状況の下、表現者として黙っては居られない。原作にもある劇中の「今が地獄」というセリフが強烈なリアリティーで耳に残る。バカ騒ぎ大いに結構。後先考えずに、状況に風穴を開けたい。花火を上げたい。走りたい。そんな切羽詰まった思いを、体で代弁してくれる、ステキにふざけた奴らがここには居た。我妻宏光の三味線がその熱を煽った。
心意気に激しく共感した。

家にあった「寺山修司シナリオ集」(映人社)に「無頼漢」が収められていたので、比べて読んでみた。

劇画的な社会派作品に定評のある中津留の脚色は、芝居者を前面に出し、表現と権力との対決の構図を鮮明にする。さらに、水野を追い詰めるスキャンダルや、権力と歌舞伎ものたちの間をつなぐ遠山(さとうこうじ)を登場させ、森田屋(栗原茂)を徹底した悪人に仕立てて、「経済」の代弁者とするなど、ストーリーの現代的なリアリティーを補強する。だが、時にそれが説明的に見えて、大江戸の空に炸裂する幻視の花火へとなだれ込んでいくはずのドラマのダイナミズムが滞る場面があるのが残念だ。

「特定秘密保護法案」は怒号の中衆院特別委を通過した。外交も、原発政策も、沖縄の基地問題も、国民の思いを公然と無視する政治がまかり通っている。

この池袋の熱気を今度こそ一発の徒花にせず、想像力を権力に向ける武器とするにはどうしたらいいのか、しかし、そんなことは可能なのか。風邪が抜けず、ポストパフォーマンストークを失礼した帰り道、そんな思いが頭の中をぐるぐる回り続けた。(敬称略) (11月27日)
2013-11-27 00:33 この記事だけ表示