流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その6[無頼漢]
こんな「劇評」も。


「終りのない祭りのはじまり」  BY KIKIのお気楽観劇記録


さてさて、当日配布用のパンフレットからキャスト名を転記してみたのだけれど、誤字脱字、間違い不足等がないか、なんとも自信がない。何しろ総勢50人近い人数だ。その人数が舞台中を走り回るのだと、それを思うだけですでにテンションが上がる。

この芝居のタイトルは、無頼漢と書いて、「ならずもの」と読ませる。そしてその前に、テラヤマ歌舞伎と冠がついている。寺山修司原作とあるのは、彼が篠田正浩監督と組んで創った映画『無頼漢』のシナリオを元に、中津留章仁氏が新たに脚本を書き下ろした、ということらしい。
その映画も、河竹黙阿弥の歌舞伎「天衣紛上野初花」を原作にしているので、二重三重に物語が重ねられ、ある種の神話めいた普遍性を確保している。
……などと書いてはみたものの、実はそういう理屈っぽい言い回しの似合わない芝居だ。

池袋駅から徒歩5分ほど、豊島区役所のすぐ裏手にある豊島区公会堂が会場となっているが、舞台が始まるのは、その公会堂の前にある中池袋公園。東京の街中で、晩秋の澄んだ陽射しを受けながら、お面売りの男が少年に死神の面を渡したり、派手ななりをした役者連が何ごとかを叫んだり。役者連が掲げたプラカードには「水野憎す(みずのにくす)」という文字。やや苦しいが、今年の流行語大賞候補にもなっている「アベノミクス」のもじりだろう。取り囲む見物衆(我々観客ね)を書き分けて、捕り手が役者たちを追い、公園の公衆トイレの上では目の不自由な按摩一家が何ごとかを叫び、我々は、そういう人々の物語に取り込まれたまま、会場に入り、指定された席に座ることになる。

そんなふうに始まったため、会場の中も公共ホールというより、妖しげな芝居小屋めいた雰囲気に感じられる。天保の改革により、芝居や花火や賭博など庶民の娯楽が規制され、江戸の町では、老中 水野忠邦への批判が強まっていた。そういう世相を背景に、役者を目指す若者 直次郎と、花魁 三千歳の恋路、水野忠邦を失脚させようとする、役者連のもくろみ、松江出雲守に軟禁された商家の娘 波路を助けるよう頼まれた河内山宗俊など、多くの登場人物が行き交う群像劇だ。

人情噺や仇討ち話、恋のもつれなどが重なり合って、やがてさまざまな因縁がひとつにまとまり、世をはみ出した無頼の輩が手を組み、天下の老中水野忠邦へ反旗を翻す。水野の過去の醜聞を瓦版にして撒き、町に火をつけ、禁じられている花火を挙げてやる、という。

それぞれの物語がクライマックスに向かって集約されていく、その様子が観ていてとても気持ちいい。
河内山宗俊役の山本亨さんは、江戸城に出入りの茶坊主ながら、無頼な雰囲気と色気がある。終盤の長い決め台詞は、思わず大向こうから声をかけたくなるようなカタルシスを感じさせられた。

憎まれ役であるはずの水野忠邦を演じた塩野谷正幸さんの眼力と、彼には彼なりの義があってやっているのだという説得力が物語に厚みを加えた。彼が言う、「一揆なんかで権力は倒せない。ただ交代するだけだ」という言葉が印象に残る。

直次郎の母おくまを演じる三ツ矢雄二さんの怪演は、母が息子へ向ける執着を、じんわりとしかしややコミカルに見せてインパクトがあった。

猥雑で泥臭くてエネルギッシュな舞台。その要所要所を締める様式美。そしてそこに込められた反骨精神。
歌ったり踊ったり恋をしたり、あるいは天下国家を語ったり、壮絶な斬り合いを見せたり、盛りだくさんでパワフルな、そしてとてもゼイタクな芝居だ。

数年前に、花園神社の境内で『椿版 天保十二年のシェイクスピア』を観たときの「お芝居って、なんて面白いんだろう」という感慨を、この『無頼漢』を観た後も感じた。

「終わりのない祭りの始まりだ」と河内山宗俊が声を上げる。無頼漢たちが勢ぞろいして順に名乗りを上げると、観ていてゾクゾクしてくる。
こういう芝居が好きなんだ、と思う。


2013-11-27 09:54 この記事だけ表示