流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

無頼漢:劇評[劇評]
2013年11月公演「無頼漢」の追加劇評です。

◎テラヤマプロジェクトvol.2 『無頼漢-ならずもの-』〜流されてゆく「日本の現状」を映し出す〜 
演劇雑誌「悲劇喜劇」2014年2月号演劇時評   宮内淳子(日本近代文学)

宮内 この舞台を観るには、まず中池袋公園に集まること、という指示があります。時間が来ると夜の公園がライトで照らされ、「ミズノニクシ」(水野憎し)の旗を掲げた芝居者たちや、それを追い掛ける捕り手たちが登場。水野忠邦の「天保の改革」によって抑圧された者たちの反抗と、それを取り締まる者たちなんですが、まあ、「ミズノニクシ」は、どうみても「アベノミクス」のもじりですね。帰宅途中のサラリーマンたちが、不思議そうに横眼で見ながら、駅へ向ってそそくさと歩いてゆきます。寺山が持っていた劇場外の空間へのこだわりを、ここで再現したものでしょう。しばらく追いかけっこがあってのち、公園の公衆トイレの屋根でうたう座頭たちに見送られ、公園前の豊島公会堂へ入ってゆくと、ほどなく芝居が再開されます。

「無頼漢」は、1970年に篠田正浩監督が寺山修司脚本で撮った映画で、今回はそれをもとに中津留章仁が脚本を書き、流山児祥演出で舞台となりました。河竹黙阿弥「天衣紛上野初花」をもとに、天保六花撰と呼ばれた河内山宗俊、片岡直次郎、金子市之丞、暗闇の丑松、森田屋清蔵、花魁の三千蔵が登場しますが、寺山は、それぞれの人物に独自の解釈をしています。たとえば映画の直次郎は仲代達夫が演じているのですから、黙阿弥の直次郎のような優男ではありません。遊び人にしても、もっと骨太です。そのくせ、同居する母親の愛情過多に悩まされるという、さながら寺山その人のような面を見せ、三千歳との間に割り込んでくる母をもてあまし、2回も捨てにいったりします。「どこに捨てられても、またきっと帰ってくるよ」と言う母親を映画では市川翠扇が演じていて、今は亡き名優の演技を映像でも見られる幸福を感じますが、舞台で母親を演じた三ツ矢雄二も、美声はもとより存在感があって引き付けられました。

映画の河内山は丹波哲郎です。黙阿弥の河内山は、例の松江邸での「悪に強きは善にもと」という名セリフで大名をやっつけ、高笑いをしつつ花道を引っこむところが有名です。映画の河内山は世直しの想いを秘め、最後は水野に迫って行く。同じ時、宗俊と呼応するように、一揆の集団が江戸の町を駆け抜け、ご禁制だった花火が打ち上げられる。寺山の「無頼漢」において反権力がこんなかたちで出て来るのは、70年安保が背景にあるからでしょう。しかし、宗俊は殺され、水野は「一揆で権力は倒せない。権力は交代するだけだ」と言います。冷徹な現状認識ですね。でも虚無ではない。

舞台では宗俊を山本亨が演じていて、松江邸で正体がバレると無謀にも切って出て、たくさんの仲間とともに切り死にしてしまう。山本亨は、殺陣で魅せました。映画で絵金の極彩色の残酷絵が目立っていましたが、舞台でも浮世絵が装置にありました。また、映画で効果的に使われていた死神の面も、舞台に引き継がれました。映画で上がった花火は現状を破ろうとする庶民の心意気でしょうが、豊島公会堂での映像の花火は、映像のせいもあって色が薄かった。危機的な時代ながら反権力へ向けてのエネルギーは感じられず、不満をくすぶらせつつ、流されてゆく「日本の現状」が写されているような気がしました。

でも、そんな時代だからこそ、寺山の芝居が観たいし、今回の舞台も観られて良かった。
演出の流山児祥は状況劇場や早稲田小劇場に在籍したことがあり、1970年に自ら「演劇団」を創設した年に寺山と会い、交流が始まる ---という、アングラ演劇を肌で知り、現在も疾走中の演劇人です。
                                          
今回の公演は豊島区テラヤマプロジェクトによるもので、これは豊島公会堂で寺山の作品を上演する企画です。昨年は「地球☆空洞説」を上演し、来年は「青ひげ公の城」が予定されています。

◎テラヤマプロジェクトvol.2 『無頼漢-ならずもの-』〜劇的時空のたくらみ〜 
演劇雑誌「テアトロ」2014年2月号劇評   演劇評論家:中本信幸 

テラヤマ☆歌舞伎『無頼漢』(原作=寺山修司、脚本=中津留章仁、演出=流山児祥、音楽=上妻宏光) は、豊島区制施行80周年記念事業の一環として3年連続で 「テラヤマ演劇を上演する企画」 の第2弾である。昨年、『地球☆空洞説』が上演されている。第3も期待される。11月29日には豊島区長高野之夫も特別ゲスト出演した。「開演時刻の30分前までに、本会場の豊島公会堂から小道を隔てた中池袋公園に来たれ!」と事前に広報されていた。開演のほぼ1時間前に公園にいたが、幸い快晴に恵まれ、数名の出演者らしき人物が点在したり徘徊したりしていた。やがて観客たちは、本会場の豊島公会堂に案内された。

テラヤマ歌舞伎へのたくみな誘導である。ストリップ小屋や野外劇、街頭演劇に携わった評者の青春の血が騒ぐ。演出の流山児祥が猥雑で破天荒なテラヤマ歌舞伎の神髄を示現した。

1970年に寺山修司と篠田正浩監督が映画化した『無頼漢』の原作シナリオをもとに中津留章仁が「不服従の意思(=革命=)」と無惨な結末を描く猥雑で破天荒な群集劇で、現在を照射する。時代背景と現代を、映像などで紹介するほうがいい。
 
天保13年、水野忠邦の天保の改革によって庶民が不満、苦悶が充満する。役者志望の遊び人・片岡直次郎(五島三四郎)が、大口屋の美しい花魁三千歳(田川可奈美)を知り、彼女との結婚を反対した母親のおくま(三ツ失雄二)を川に捨てる。無頼漢で知られる茶坊主・河内山相俊(山本亨)が、弱いものをいじめるやつらに戦いを挑む(無頼漢たちが一揆を企てる。中津留章仁作詞の「水野憎ス」の紙の瓦板と唄が、ひときわ目を引く。100人のオーディションで選抜された田川可奈美が、美しい花魁三千歳役で晴れのデビューを飾った。五島三四郎、外波山文明、谷宗和、さとうこうじら多数の適材適所の人材を集めた流山児★事務所の機動力には感服する。中池袋公園と屋内劇空間の豊島公会堂の機構をたくみに使っている

◎テラヤマプロジェクトvol.2 『無頼漢-ならずもの-』〜時代表現者たちの思いを結集 〜  
演劇評論家:今野裕一 「公明新聞」 2013年12月13日

東京・豊島区のテラヤマプロジェクト第2弾は、流山児祥演出の「無頼漢」。1970年、篠田正浩の映画「無頼漢」の脚本を寺山修司が担当した。その脚本を中津留章仁が戯曲に書き起こした。寺山修司の脚本「無頼漢」は、もともとは河竹黙阿弥の歌舞伎「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」を下敷きにしたものだ。流山児祥は、複層する経歴をもつ戯曲を、非常に分かりやすく見やすくストレートに、巧みに纏め上げて演出した。
 
「天衣紛上野初花」は、河内山宗俊が大名に一泡吹かせるという、お上に反発する庶民感覚が元になっている。背景には、酒落本、歌舞伎、花火が抑圧された水野忠邦の天保の改革がある。そして70年代、寺山修司たちのアングラはやはりマスコミに叩かれ、逆に体制に叛旗を翻したりしていた。そして今、いろいろな意味で表現が抑圧されている。
 
流山児祥は、その三つの時代の表現する人たちの思いをこの芝居に結集している。寺山修司は、演劇で社会革命が起こせると語っていた。人の心を変えられると思っていた。流山児祥は、その寺山修司の志をもってテラヤマプロジェクトを遂行している。今回は、特にダイレクトにそのメッセージが伝えられている。
 
オーディション・ワークショップで集った40人近いシニアの役者たち、オーディションで抜擢された田川可奈美(三千歳)そして新人の五島三四郎(直次郎)。周囲を固めるのは、山本亨(河内山宗俊)、三ツ矢雄二(おくま)、外波山文明(鵙市)など広く集められた新旧の役者たち。舞台上でキャリアの異なる役者たちが見事に融合している。
 
気持ちや情熱を全面に出させて演じさせる流山児祥の演出ゆえだろう。庶民のパワーがひしひしと舞台から伝わってくる。
2014-01-29 19:36 この記事だけ表示