流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

 様々なる「劇評」その1[楽塾]
朝日新聞の今村修さんの劇評です。そうか、初楽塾ですか?ありがとうございます。
・・・・・・・・・
 一昨日の夜は、Space早稲田で流山児★事務所+楽塾「寺山修司の女の平和 不思議な国のエロス」(作=寺山修司、原案=アリストパネス、構成・演出=流山児祥)。長引くペロポネソス戦争に愛想を尽かした、アテネ、スパルタ、同盟国の女性たちが、平和を実現するためにセックス・ストライキを敢行するという、痛快なギリシャ喜劇を寺山が一流の言葉のセンスとアイロニーで音楽劇に潤色、それをさらに流山児が時代劇に仕立て上げた。寺山版は1965年、演出家・浅利慶太の依頼を受けて日生劇場のために書かれた戯曲だが、「オンディーヌ」がロングランしたあおりを受けて上演されぬままお蔵入りした、寺山自筆の作品ノート(「寺山修司の戯曲」第4巻 思潮社)にある。

 流山児はさらに、舞台を戦国時代の山城国に移し、黒沢映画「七人の侍」などの風味も取り入れながら、楽塾の熟女たちと流山児事務所の男優たちの対決という構図にした。これがなかなか、うまく行っている。カタカナ名前が飛び交う寺山版に比べて、流山児版は取っつきやすく、きわどい言葉も連発されるお話だけに、役が想定する年齢と演じる女優たちとの年齢のギャップが、奇妙な距離感となって無用の生臭さを消している。

 実は恥ずかしながら楽塾は初めて。高齢者劇団という触れ込みに、それなりの想像をして行ったのだが、滑舌と口跡の良さに驚いた。ただ、それにしては寺山の機知やアイロニー、言葉の面白さが伝わってこないのは、勢い優先の舞台運びのせいか。確かに少しとっちらかったところのある戯曲ではあるが、流石と思わせる表現は随所にある。勢いは大事だが、そこらをもっと丁寧に見せ、聞かせる場面も欲しかった。

 これを書き始めた途中に飛び込んできた、寺山元夫人で、戸籍上は妹でもある九條今日子さんの訃報。あまりにも突然すぎる死に、気持ちがまだ付いていかない。この舞台、九條さんは見たのかな? 見たらきっと気に入って豪快に笑うだろうな……。そんな思いがグルグルして止まらない。(一部敬称略)


2014-05-03 00:42 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。