流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その8『青ひげ公の城』[『青ひげ公の城』]
シアターアーツWEBマガジン評  BY江森盛夫(演劇評論家)


 昭和27年に開設され、豊島区の文化活動を支えてきた豊島公会堂が、新ホールへと生まれ変わる。その最後を記念して、2012年から始まった豊島区と流山児★事務所が提携した企画、寺山修司の作品を連続上演する豊島区テラヤマプロジェクト。12年『地球☆空洞説』、13年『無頼漢』、今回のファイナル公演が『青ひげ公の城』(作:寺山修司、音楽:宇崎竜童、振付:前田清実、演出:流山児祥)。

 まずは恒例になった幕開きのセレモニーが、公会堂前の中池袋公園から始まる。公園の広場に、『青ひげ公の城』のオーディションという設定で、流山児が仕切り、本舞台でも舞台監督役の大久保鷹に進行させて、集まった客に台本の冒頭を男女別に読ませる。

【プリント】
 ユディット「きこえるわ、ため息が……、青ひげの城の方から、まるで、死人の髪の毛を吹きわけてくる風のようなため息が……ああ、あれは城のため息なんだわ」
 青ひげ「そんな恐ろしいところに、どうして嫁いできたのだね、ユディット」
 ユディット「あなたの腕の中で花嫁衣装を着たいからです」

そして、集まった全員で、豊島公会堂を指さし、「あれが青ひげ公の城だ!」と叫ぶ……。そして公会堂へなだれ込むように入ってゆく……。

 この1979年にPARCO劇場で初演された魔術ミュージカル、今回は異色豪華キャスト。第一の妻が、流山児★事務所のトップ女優の伊藤弘子、第二の妻が前進座の立女形の河原崎國太郎、第三の妻が文学座の美形女優山崎美貴、第四の妻がミュージカル界の新星関谷春子、第五の妻が宝塚出身のベテラン毬谷友子、第六の妻が元SKDのトップスター風間水希、そして第七の妻になる、第六の妻が死ぬことを心待ちにしている少女をSPACの美加理が演じた。彼女はこの芝居の初演で、双子の少女アリスとテレスの片方を演じて、それが彼女の初舞台だったのだ。ほかに元天井桟敷の蘭妖子、福士惠二。このほか総勢28人のキャストが、このファイナル公演をひたすら盛り上げて、テラヤマワールドの絢爛と底知れぬ闇の世界の輝きを放ったのだ。

 寺山は、演劇の役とは、それを演じる俳優とは、その俳優の生活とは(第五の妻の家には高島屋の販売人がたまった衣装代の取り立てに連日来て、第五の妻は、いいわけに大わらわ)、その事実と虚構の狭間で生きる俳優、そして人間への問いを、その問いそのものを演劇化したのだ……。そして、その問い自体は永遠に新しい。流山児はそのことをしかと体感させるファイナルのミュージカルを創り上げて、この豊島区テラヤマプロジェクトを見事に終了させたのだ。
2015-01-04 14:40 この記事だけ表示