流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その4[チャンバラ]
これも本格的「劇評」です。BY 小澤俊夫(演出家・プロデューサー)

 下北沢のザ・スズナリで流山児★事務所創立30周年記念公演第2弾 「楽劇天保水滸伝・チャンバラ」(作:山元清多、演出:鄭義信、企画:流山児祥)を観た。〜山元清多・斉藤晴彦メモリアル〜と銘打って、数年前に亡くなった山元清多、昨年亡くなった斉藤晴彦の追悼公演を兼ねている。演出の鄭は、黒テント時代に山元から指導を受けた間柄。出演者も黒テント・流山児★事務所・結城座等、二人に縁のある劇団から参加している。

舞台は下総国に流れる笹川の河原。津軽三味線(小野越郎)とスペインの縦笛・ドルサイナ(諏訪創)の演奏をバックに、息もつかせぬチャンバラが始まる。世に言う笹川繁蔵一家と飯岡助五郎一家の「大利根河原の決闘」。

 闘が終結すると商人宿で働く女郎たち(滝本直子・阿萬由美・荒木理恵・廣田裕美・星美咲)と、女将のお由(坂井香奈美)がやって来る。そこに女装した繁蔵の子分・勢力の富五郎(塩野谷正幸)が現れ、女郎の一人と何故かプロレス合戦。その富五郎は今度は白子の平手造酒(井村タカオ)の愛人・お時となって登場。後半、歌舞伎を意識した富五郎とお時の早変わりも笑わせる。決闘には勝利した繁蔵(阪本篤)だが、敗走した助五郎は御上から十手を預かる身分。助五郎の策略で、笹川一家は散り散りとなり、繁蔵もまた故郷を去って流浪の身に。助五郎が商人宿で近隣の親分衆を集めた花会(賭博)を開こうとしていた頃、繁蔵は故郷の笹川に舞い戻り、商人宿の暖簾をくぐる。商人宿の女将・お由は繁蔵の恋女房。繁蔵が戻って来たことを聞きつけた助五郎の子分・成田の甚三(服部吉次)は、「大利根河原の決闘」の恨みを晴らすため、繁蔵一家根絶の策を練る。狂言回しの三人の坊主、花笠の六蔵(美里和彦)・般若の六蔵(イワヲ)・水玉の六蔵(宮崎恵治)が登場して歌い踊り、客に念仏を唱えて賽銭を要求する客いびりが始まる。まるでブリューゲルの絵画に出てくるメクラの乞食たちのようだ。甚三に呼び出された繁蔵は、洲の崎の政吉(五島三四郎)らの闇討ちにあって息絶える。現場に居合わせたお由は見なかった事にするとして命を請うが切り殺され、繁蔵の首は切り落とされる。前後して現代の家庭内暴力の話が、母・オトキ(結城孫三郎)と息子・ミキオ(岡泉名)の人形によって演ぜられる。繁蔵を殺された富五郎は復讐を誓い、櫓に潜む助五郎に向かって、下緒の利七(上田和弘)と共に攻撃の火の手を上げる。その姿は成田闘争に向かう学生たちの姿でもあり、猟銃を乱射する姿は浅間山荘に立て籠った連合赤軍の兵士たちにも見える。万策尽きた富五郎は傷ついた利七の願いで利七を撃ち殺し、猟銃の先を自らの口に当てて引き金を引く。と、どこからともなく御用召捕り(官軍か?)の足音が近づいてきた。

最後まで姿を現わさない助五郎は、ゴドーのごとく神なのか、それとも現人神を意味しているのか?

 時は現代となり、女たちがシーツを干している。息子を殺害した罪で捕えられていたオトキは情状酌量で無罪放免となり家に戻ってくるが、近所の母親たちの無関心さと罪の重さに耐えかね、首をくくる。そんな事もつゆ知らず、妊娠している近所の女たちは出産日を話し合っている。そんな平和な一角に福島の事故以来見慣れた白い防護服の様な全身白ずくめの男たちが登場し、彼らに向かって銃撃音と爆発音が響き渡り、一同崩れ去る・・・。

 1972年に初演された作品(演出:佐藤信)を観ておらず、脚本を読んでもいないので断言することは出来ないが、成田闘争や連合赤軍事件を背景に脚本化しているのは事実だろう。しかし繁蔵殺しの場面を劇中劇風にしたり、阪本篤演ずる繁蔵が矢切の庄太だったり、人形を使って現代の親子の愛憎劇を描いたり、これらは元の脚本に有ったのだろうか?塩野谷正幸演ずる「お時」と結城孫三郎が操る人形の母「オトキ」が同名なのは、何を言わんとしているのか?無理にこじつけようとすればこじつけられない事もないのだが、どうしてもこの部分は蛇足にしか思えない。その部分を除いたら、パワフルな展開と熱を帯びた役者陣の演技に堪能。劇中、服部吉次演ずる甚三が、「これはアングラではなく、運動の演劇だ」と言ったような気がしたが、「運動の演劇」を提唱したのは劇作家の菅孝行のグループだったと記憶する。山元もそのグループの一員だったら、大いに頷ける台詞だ。調べてみると菅孝行にも「にっぽん水滸伝」なる作品(1970)があるが、この山元の作品とどこが違うか大いに気になった。菅は書いている『水滸伝の「水滸」は、何よりもまず、在野のあるいは脱官僚機構の英雄豪傑の反乱根拠地であった。それはしかし、決してこの荒々しい男たちの、ハッピーな安らぎの場所ではなかった。この反乱する賊軍の義盟は、社会的な抑圧の所在、抑圧の理由をさし示しているし、義盟の根拠地は、解放区であるのと全く同じ理由によって、同時に抑圧そのものをも担い切るという矛盾的存在となっている。彼らの戦闘は、決して一瞬たりとも代理告発ではなく、常に「自前の闘争」の緊張を有している。(中略)私は決して、このような水滸派の陣形を追認するような「舞台」を創ることや、水滸派の陣形をなぞった集団を組織することを提案している訳ではない。必要なのは水滸の陣形に「学ぶ」ことであり、水滸に内在する構造の緊張を劇場に喚起することである。即ち、水滸の劇場とは、今日的「水滸」を喚起する劇場の事であり、水滸派とは、今日的「水滸」を喚起する結社・徒党のことでなくてはならない。足立正生の筆法をかりれば、「日本革命のためになら殺せ!と涙声で叫んで榛名山麓に斃れた統一赤軍兵士に学んだことを芸術すること」でそれはあるかも知れない。また足立が「無残を、体制権力との過酷な対峙構造の劇性をなぞるのではなく、学ぶ必要がある」と書いているのも、殆んど同じことを意味しているのではないかと思う』
(菅孝行・著「解体する演劇」より)

「後略」
2015-01-21 10:25 この記事だけ表示