流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

スタニスラフスキー・システム?なんじゃそれ。[酩酊舟ノート]

朝早く起きて『狂人教育』の演出用の資料の点検。三チームどうするか?

お昼前に演出者協会の和田事務局長よりTEL。

今日18時から世田谷パブリックシアターのセミナールームで「演劇教育について」のシンポジュウムありの情報。

ロシアのサンクト・ペテルブルグ演劇大学の副学長セルゲイ・D・チェルカスキ教授をかこんで、永井愛氏、栗山民也氏に加えて評論家の村井健氏の司会のトーク。

7月から演出者協会の企画でロシア演劇のいわゆる「スタニラフスキー・システム」についての大企画。

忙しさにかまけてまったくいってなかった、申し訳ない。

文化庁の優秀指導者特別招聘というヤツ。

夕方、馬場の喫茶店で『オールドバンチ』の打ち合わせ、山元清多氏と。

銀行強盗の話しなんだが、その中にジジイたちの怒りを如何に盛り込むかの打ち合わせ。

ついつい話しは脱線し、若し大政翼賛会的状況になったらどうするか?のはなしに・・・・・金子光晴的な生き方が果たして俺に出来るか?ということに・・・・・。

で、三好十郎の戯曲を一回やれ!元兄イにといわれ、三軒茶屋へ。

『オールドバンチ』のポスター写真、アラーキーの撮影決定!!乞う御期待!

「演劇団」以来久しぶりのタッグだ。よろしくお願いいたします。

18時から3時間以上、日本の演劇教育というより俳優教育についてのシンポ。

聞いているとスタニスラフスキーシステムなんてモノは「俳優の自立」についていってるだけ。俳優は創造主体でなければならない!なんて当たり前じゃん。

セルゲイさんはまさに優秀指導者であることに敬意を払いながら、いままである種イデオロギー的に理解していたスタニスラフスキー・システムなるモノがじつに単純に理解でき笑ってしまった。

さらに、聞いていてロシアや西洋演劇のある種の「貧しさ」=言葉を軸とした現代演劇ってヤツを後生大事にして日本の近代=現代演劇は生きてきたんだなあ?というのが感想。

それもいわゆるインテリと言うヤツに牛耳られて・・・・・。

<提案された状況の中で「核心」を探す>、とか<集中・分析・再現>とかいう当たり前に「他者」とドラマを作る根本を、えらそうにメソッドとかシステムとかいう元祖・本家争いの話に聞こえるのは私のひねくれ根性?

さいごに、私は「アジアの演劇の豊かさ」と日本演劇の持つ多様性と、アジア演劇が本来持つ「異文化交流性」をしゃべった。

それから、職業としての「俳優の自立」の根拠としてのスタ・シスよりスタッフも出来る総合芸術としての「貧しき舞台芸術家」=体を張った役者をこそ目指すべきだと!一気にしゃべる。

永井さん、栗山さんらと三軒茶屋で呑む。

オキナワで栗山さんは仕事しているらしく、楽しそうに沖縄の演劇人との仕事について語った。

永井さんと久しぶりにゆっくり芝居について話す。

私のブログをみているらしく、今日も15年住んでいる、我が6畳1間のボロ・アパートの「アスベストの天井」のその後、を心配してくれていた・・・・・・。

「その後」ペンキ塗っただけでーす。ひょっとして私が肺気腫になったら「アスベスト被害」で・・・・・・・。

今日は、久しぶりにガキの頃の演劇青年に戻って「スタニスラフスキー・システム」?について考えた1日であった。

結局12時過ぎまで痛飲、タクシーで事務局の佐々木君と同乗し帰宅、佐々木君は江戸川橋。

そういえば、エクササイズ、シーンスタディ、散文でシーンを作る、ルコック・システム、メソード演技、とイロイロやってるなあ・・・・・。

「水はただ、飲めばいい、タバコはただ、吸えばいい!」と言ったのはジェームス・ディーンだっけ?

演技、俳優教育ねえ?

歌舞伎台本もまた現代演劇のテキストである。

無数に「街」の中にえんげきの源泉は転がっているのだ。「なに」を「いかに」使うかだ。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。