流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

酩酊舟ノート その2。ロルカとセルゲイ[酩酊舟ノート]

それで、(といっても何のことかわからないかもしれないが)、今日も11時起床。いつもの日常・・・・・。

時々思うのだが、暑くてたまらなくて、エアコンつけたいなあ!と思いながら我慢するテメエは、何処から来ているのかなあ?とおもったら死んだおふくろからだった・・・・・。

彼女は、エアコンがあるにも拘らず、自分の意思では一度も使った事が無かった・・・・。扇風機さえもタイマーで使っていたっけ。

これはケチでそうしているのではない!人間の体が人間らしく実感するためにはこれでいい!と思っていたからだ。

でも、本当はそれではダメらしい、そんなことしていると熱中症になりますよと、最近劇団員がいっている。

●●

で、今日は楽塾の音決め、のため様々な音楽を聴く。

CD20枚近く、この中から2幕の劇中の音を決める!といいながらやっぱり、あと2日はかかりそう

 

で、今夜は森下行き。

TPTの新作『血の結婚』(ガルシア・ロルカ作 アリ・エデルソン演出)、中村音子が出演しいるので・・・・。

桟敷童子の桃子や久しぶりのパク・ソヒも出ているが大半が若い、いわゆるミュージカル出の俳優たちの、歌はあるが踊りなしの、音楽劇風ストレートプレイそれもコンテンポラリードラマの「若手発表会」といった風情の芝居。

G・ロルカのエロティックで破滅的な劇詩というべき作品が、カルーイ・アツイ情熱青春モノになっていてこれじゃ、笑うか、寝るしかなかった(でも私は寝たりはしなかった)疾走感と切迫感足りず。

が、見ていて、TPTは今最も「無名」な役者志望の若者たちのアモルフなエネルギーを集約できる良心的なカンパニーだなと妙に感心。

いわゆる、昔風に言えば「劇団」の若手公演!をきちんとやっている!

これってホントは凄いことなんだ。

ちょっと入場料が高いが,こんなプロデュース・カンパニー?はいま東京に無い!門井さんたちは偉い。

「人材育成事業」の真の意味を誰も分ってないこの時代にオレタチの仕事ってなんだ?とイライラする昨今である。

 

というわけで(何が)?学生時代に読んだ岩波文庫の『血の婚礼』を今夜読み直したい、と思った1時間40分であった。

それにしてもアコースティックな音楽が実に「健康的」!

ピアソラじゃないがタンゴだったらセクシャルで不健康でクドイ・ルフランになるんじゃないの?と私は思うんだけど、これって俺の趣味?

中村音子さんは真面目(ゴメン)でいいんだが、もっと崩れて「パンクしていい」と思うよ。

でもこの芝居では相手が「観客だけ」というやり方だからしんどいだろうなあ・・・・・・・。そのうち又一緒にやろうぜ・・・・。

●●

9時30分紀伊国屋ホール前で、村井健さんと待ちあわせ。

サンクトペテルブルグ演劇大学のセルゲイ教授と新宿で飲もう(本来のシンポジウム)ということに。

次期新国立劇場の芸術監督の鵜山仁さんも一緒、ということでベニサンの瀬戸さんとも呑まずに森下から直行。

 

「お多幸」でおでんや刺身食べながら、なんとなく、出稼ぎ(失礼?)ロシア演劇屋さん(失礼!)と交流。

いやはや、このスタニスラフスキーおじさん真面目すぎて、冗談が通じない、というのは嘘!しゃべってみたら、実におかしなやろうで面白かった。

22日セルゲイさんが養成している演出家たちの『かもめ』是非見たいモノである。西新宿の芸能花伝舎です。

教育がほんとに必要なのはこういった「演劇の先生たち」じゃねえかと思う昨今である、ウン。

それにしても、今日見たのがこまつ座、井上ひさし氏の『紙屋町さくらホテル』!!お疲れ様でした。

「商業演劇ですね」という指摘、ある意味あたっているし、「すべてわかる芝居ですね」というのもあたってる。

ここに「日本演劇の貧しさ」があるのだ!!を見事に当てていらっしゃる、あんたは偉い!「わかればいい」ってモノじゃないだろう芝居は!

全ては想像力である。

「お多幸」を、看板の12時前に追い出される。

結局、鵜山さんは来れなかった。

『紙屋町さくらホテル』の演出家は鵜山さんなんだから今度会ったらセルゲイさん直接聞いたほうがいいですよ。

見るとちゃんと、佐々木君と今日も3時間でボトル1本あけていた。やばいなあ、これで3日間連荘で呑みすぎ!である。

明日こそ、大正漢方胃腸薬買わなくちゃ・・・・・・。

 

西武新宿駅に向かう、歌舞伎町の凄い人出、で様々な顔の色をした人々の群れを抜けて・・・・。

最終近くの電車に乗って帰宅。それにしても暑い!ついついエアコンのスイッチをつけてしまった。

 

ということで、「3日続けて」の酩酊舟ノートである。

●●

いよいよ、明日は『狂人教育』早稲田稽古。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。