流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

「物語」という「他者」との旅を。[酩酊舟ノート]

ジョン・コルトレーンを最近ずっと聞いていたら、なんでも、今年はコルトレーンの生誕80年との事。1968年・ジャズ・ニッポン・かくめい・ってかんじ。

「至上の愛」を今、聞くと昔と違ってじつにピュアなサウンドに聞こえるのは何故だろう。年取ったせいかな?でもって、マイルス・デイビスも生誕80年だとよ!

ジャズを聴くと「物語」を思う。至上の・・・・愛・・・だぜ!?

岡田君の小説の続きを、根性入れて読んでいると、いま「物語」を語ることの不可能性というか「物語がない」ことを感じてならない。だらだらと続く「日常」のような、それでいてなんといえばいいのかわからない「モノ」をペラペラ書き連ねる、つまり「このブログ」みたいなものを書いている。では、それをめくっているオレって何よ?・・・・

で、ジャズを聴こうと思い立つ。コルトレーンにもマイルスにも「物語」が在る・・・?

 ※9月19日新納や渡辺哲氏の事務所の今井誠一氏が51歳の若さで急逝されたとのこと謹んでお悔やみ申し上げます。若い!

●●

今日は12時から稽古。ノンストップで7時間。基本的に、よりシンプルに役者が「いま」を立ち上げる為の稽古。

とりあえず、全体をあたる。とりわけ、黒子とマユ姉ちゃんのシーンをよりスタイリッシュにするように・・・・・。

A・Bチーム3時間半ずつ。

●●

7時に稽古場を後にして、足早に西新宿にむかう。

6時から日本演出者協会の国際演劇交流セミナーの「韓国特集」盛況である、小教室に満員の客、良かった。西堂さんや津川さんら旧知の韓国演劇関係者が・・・・。

  「日本の戯曲を演出した韓国若手演出家たち」の特集 ソン・ソノさんとチョン・フンさんのレクチャーと作品ビデオ紹介と討論。

ソン・ソノさんは松田正隆の『海の日傘』、別役実『諸国を遍歴する二人の騎士』の演出で各賞を受賞。チョン・フンさんは『ガラスの仮面』『つかこうへい』作品など。

二人とも別に日本戯曲というよりコンテンポラリーとして日本の戯曲をやっているとの事。映画『オールド・ボーイ』と同じ・・・・・。

劇団四季の韓国進出事件について最後に一寸・・・・・。

ソン・ソノさんは早稲田に留学しているので日本語がしゃべれる。わたしの19991年ソウルでの『流山児マクベス』を見ている90年代に芝居を始めている演劇人。

レクチャーが終わって交流会。花伝舎の三階ではNIDAのワークショップもやっている。大盛況。いいことである。

 

もうシェイククスピアはやらないんですかと?とソノさんにきかれて、いまはじじいとかオバサンでやっているよ!と答える。楽塾やコレからやりたいパラダイス一座のレパートリー?のこと。うん、シェイクスピアは高齢者演劇にはピッタリ!

で、マッコリを呑む津川さんに向こうを張って黒白波を5杯!酩酊ぎみで新宿駅までふらふら・・・・。

●●

終電近くに帰宅。

「物語」というヤツを追い続けるオレ=オレタチ・・・・・これだ、このために日々苦しみ、日々楽しんでいるんだな・・・。

「物語」が終わったというのはあまりにもたやすい、きついがここから、ここであがくしかない!この足掻きのなかで私たちは「他者」と出会う。

とほとんど支離滅裂の酩酊船ノートである。

それから、私の最近の「マイ・ブーム」はサントリー黒ウーロン茶とトマトとブルーベリー・ワイン。

稽古場の冷蔵庫にもうちの冷蔵庫にも。

というわけで、差し入れはヘルシア緑茶から黒ウーロンというわけです。ヨロシク。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。