流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その2[劇評]
         小澤俊夫(プロデューサー)

昨6月26日、下北沢のザ・スズナリで流山児★事務所創立30周年記念第4弾「新・殺人狂時代」(作:鐘下辰夫、演出:日澤雄介)を観た。レジナルド・ローズの「12人の怒れる男」をモチーフにした前作「殺人狂時代」(2002年、演出:流山児祥)は見ていないが、チラシによると「傭兵たちの叛乱の物語」を討論劇スタイルで上演したそうだ。今回の「新・殺人狂時代」は中味も形式もがらりと?変わり、3・11福島原発事故を背景に、原子炉建屋内?に閉じ込められた作業員たちの話。前作が「傭兵たちの叛乱の物語」ならば、本作は「国家により抹殺される人々の物語」。

幕が上がると漆黒の闇。どこかから男たちの声が聞こえてくる。どうやら何かの事故が起きたようだ。やかて懐中電灯の明かりが点り、お互いの無事を確かめ合う。瓦礫に埋もれた場所は密室と化し、他の場所に移動する術もない。配管を叩いて外と連絡を取ろうにも反応がない。と壁を破って数人の男たちが合流する。別の場所で作業をしていた連中だ。密室の中は、総勢13名。そこに轟音と共に津波が押し寄せるが、彼らの場所は浸水から免れる。(このあたりから原発事故で電源喪失した建屋内に閉じ込められた作業員と判る)。作業員たちは救助を待つが、管理事務所では彼らが閉じ込められている事を知っているにも関わらず、一向に救助の手が差し伸べられない。喉が渇いても、放射能で汚染されているであろう溜まった水を飲むものはいない。彼らのいらだちも募り、些細なことで喧嘩が始まる。地元の作業員対下請け作業員。その中には肩に入れ墨のあるヤクザや、作業員として潜入したフリーのルポライターの姿もあった。喧嘩が収まると、彼らは何故救助が来ないか疑い出す。もしかして電力会社や国は、俺たちを見殺しにしようとしているのではないのか!ルポライターが持っていた録音機に、遺言を吹き込む一同。だが・・・。

冒頭5分近くが漆黒の闇で、その後15分位が照明は懐中電灯1本。目が慣れてくるのと同時に照明も徐々に足しているので、後半はおぼろげながら役者たちの表情も分かるのだが、何か所かで客席に向かって照明による目くらましをするのであれば、1回目の目くらまし以降は照明をもう少し足してほしかった。演出家の狙いは判るが、後ろの席に座った客には役者の表情をつまびらかに読み取ることが出来ない。役者たちもそれぞれ頑張っているのだが、左記の理由で誰が誰だか判らぬ始末ではあったが、ヤクザの加藤を演じた温泉ドラゴンの白井圭太の演技が光る。気弱な作業員を演じた塩野谷の演技も臭いを放つ。導入部とラストにはノイズのような音楽?が用いられるが、劇中は無音。時々聞こえる水の垂れる音は効果的。原発の作業員だったら防護服を着て線量計を付けているはずだが、普通の作業着で放射能の話をするのは?外部と連絡が取れないというが、携帯録音機は持っていても連絡用無線や携帯電話を誰一人持って行いないのは?そんな疑問を抱かせる部分はあったが、福島原発事故が何も収束していない現在、この作品を世に問う事には大いに意義がある。昨今、何を言いたいのかさっぱりわからぬ芝居も多くなってきた中で、常に反権力の立場を貫き通す流山児★事務所の公演にはいつもながら溜飲が下がる。

原発作業員の内、既に800人が死亡しているという情報もある現在(『東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。 それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。』NAVERより)、この「新・殺人狂時代」の話は、決して絵空事ではない。

福島原発事故による汚染状況も一向に判らず、被曝した人々の数も未だ不明。チェルノブイリでは事故後5年経った時点で、避難地域の年間放射線量は5m㏜(強制避難地域の年間放射線量は10m㏜)にもかかわらず、福島では避難解除地域の年間放射線量が20m㏜とチェルノブイリの4倍の値。政府はこの値以下で避難している人々に帰還するよう呼びかけ、原発から20キロ地点に「ふたば未来学園」を今年4月に開校させ、安全信をでっち上げる。しかも安倍政権は昨年12月に秘密保護法を交付し、政権に都合の悪い情報を隠蔽。そして集団的自衛権行使を国会で通過させ、この国を戦争へと導く安倍晋三と仲間たち。「新・殺人狂時代」の殺人狂とは、安倍晋三と仲間たち(日本会議)を指しているのだろうか。だったら「殺人狂時代」の傭兵たちをみんなで雇い、安倍一族を一掃してやろう!。(文中敬称略)

2015-06-28 00:47 この記事だけ表示