流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その3[アトミック☆ストーム]
とっても「素敵な劇評」です。
BY山田勝仁氏(演劇ジャーナリスト)

 流山児☆事務所「新・殺人狂時代」(作=鐘下辰男、演出=日澤雄介)は図らずもタイトルが今の日本社会をそのまま象徴するものになってしまった。まさに今は国家による全国民殺戮=棄民時代に他ならない。

 311大地震による原発爆発、メルトダウンが引き起こした放射能汚染は今も海に大気に続いているのに、ウソで塗り固められ、オリンピックだなんだと浮かれている亡国ニッポン。その喉元に抜き身の刃を突きつけたような舞台だった。

 完全暗転から始まる舞台。311以前はその暗闇が子宮の内部のようで心地よかった。しかし、あの日から劇場の暗転に恐怖を感じるようになってしまった。閉所暗闇恐怖症。叫びだしたくなるほどの息苦しさ。

 やがて、かすかな灯りがともると、舞台にはパイプや鋼材が散乱。どうやら事故が起こり、作業員たちが閉じ込められているようだ。津波、電源喪失という切れぎれの単語で、そこが原発建屋、その中でも炉心に近い場所だということが分かる。そう、物語は原子炉に閉じ込められた男たちの極限下の人間模様を描いたもの。

 13人の男たちは地元民、ヤクザ、原発ジプシー、潜入したルポライター…。
 出口を探し、仲間の救援を待つ彼らは、方針をめぐって内輪もめを始める。リーダーを選出しようと決を取るあたりは「12人の怒れる男」。
 変わらない絶望と諦念、そして彼らはあるものに末期の思いを託す…。

 照明が暗く、後方の席からは役者の表情が見えにくい。目をこらすから疲れるのが難点。たぶん、前方なら臨場感があるのだろう。
 防護服なしで作業着で代えるなら明かりも普通の明かりで、あとは観客の想像力に委ねればよかったとも思うが。

 高度管理社会、超資本主義社会の象徴である原発の「最深部」で果敢に闘うマッチョマンたちの無惨で滑稽で切ない姿よ。しかも、自らの存在理由を託した「記録」が国民の目に触れるという確証もないのだ。その絶望感。

 紋々を背負ったヤクザ=白井圭太、潜入ライター=木暮拓矢、気弱な中年男=塩野谷正幸ほか西條義将、上田和弘、イワヲ、五島三四郎ら男くさい役者たちの熱演が今の社会の閉塞感を圧倒的に写し取っていた。(6月29日)
2015-06-29 12:22 この記事だけ表示