流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その7[マクベス]
BY 山田勝仁(演劇評論家)

座・高円寺1で流山児☆事務所創立30周年記念公演「マクベス」(構成・脚本=西沢栄治。脚本・演出=流山児祥)を観る。

 記念すべき221本目は1988年に本多劇場で塩野谷正幸+一色彩子で上演された「マクベス」以来、何度か形を変えて上演されてきた「流山児マクベス」。

 今回は構成=西沢栄治ということで、かなり大胆にカットしてコンパクトな芝居になるのかと思いきや、ほぼ原作通り。ただし、舞台をアジアの架空の国に設定したことで、今の政治状況を照射したアクチュアルな「マクベス」となった。出演者が40人、坂本弘道グループによる生演奏など、疾走感と猥雑性と祝祭性に満ちた舞台はいかにも流山児☆事務所らしいにぎにぎしさ。

 冒頭、女性が教育を受ける権利を訴えてタリバンに銃撃された15歳のパキスタン少女マララさんのノーベル平和賞受賞のスピーチから始まる。「男の権力闘争の物語」になぜこのスピーチなのか。それはこの舞台に通底するテーマと重なっていく。

 そして、マクベスの誕生シーンへ。
 母親(伊藤弘子?=マクベス夫人)の苦悶の末に生まれたマクベス。このシーンを見る限りではマクベスは女から生まれた男のようだ。
「女から生まれなかった」マクダフとの運命を暗示するのか。

 言わずもがな、「マクベス」という物語は、魔女の甘言にたぶらかされ、権力欲に取りつかれた男の転落の物語だ。
 流山児マクベスはその悲劇性に「女性性」と「男性性」という対立要素を織り込んだ。

 マクベスを殺すことができるのは、女から生まれなかった男マクダフ。帝王切開で生まれたということは、当時の医療技術からすれば、当然母親は死んでいる。
 つまり母の身体を食い破って生まれたのがマクダフだ。母の命と引き換えに誕生した者。死者から生まれた男がマクダフ。
 つまり「女性性」を否定した男がマクダフだといえるのではないか。
 対するマクベスは難産であろうと母親の産道を通って生まれた。母という「女性性」を帯びている。
 女性性を否定したマクダフに殺されるというのはいかにも象徴的だ。
 しかし、そのマクダフも最後は…。

 もうひとつ、牽強付会を承知で言えば、祖父・岸信介の亡霊に取りつかれた安倍晋三が権力の階段を駆け上がっていく物語とも読める。しかし、決定的に違うのは、若杉浩二のマクベスは小心なチンピラで、絶えず内心の葛藤があるのに、我が国の首相の辞書には「葛藤」という二文字がない。
のんしゃらんと祖父の亡霊の指示に従うだけ。もっとも、祖父の亡霊を操るのはアメリカという魔女なわけだが。

 素と演技を往還する伊藤弘子マクベス夫人の意図は終盤になって得心がいく。
 久しぶりの若杉浩二も小心男マクベスを好演。急階段の上り下りは大変そうだが、最後の激しい殺陣など獅子奮迅の動き。

 怜悧一徹なマクダフの伊達暁もいい。魔女の一人はこんにゃく座の井村タカオ。さすがの歌唱力に舞台が締まる。植野葉子の艶麗な歌唱、ヘカテの有希九美、バンクォーの石橋祐、ダンカンの栗原茂、久々の小川輝晃、近童弐吉、渡辺修。そして海津義孝の健在ぶりを見たのも嬉しい。

白を基調とした舞台美術も美しい。
2015-08-20 13:08 この記事だけ表示