流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

BY 山田勝仁(演劇ジャーナリスト)


SPACE早稲田で劇団ユニット・ラビッツ「あれからのラッキー☆アイランド」
(作=佐藤茂紀、演出=流山児祥)

 史上最悪の原発事故から70年後、近未来の日本が舞台。そこではフクシマは地図から抹消され、すべては「なかったこと」にされている。放射能汚染による遺伝子異常のため「新優生法」が施行され、フクシマ出身者は結婚を禁じられている。しかも、2015年の原発再爆発を機に、日本は超管理国家、ファシズム化に突き進んでいる。

 壁で遮られた「フクシマ」では、タカ(成田浬)が中央政府への武力反撃の狼煙を上げようとしていた。最強硬派のテル(栗原茂)が目指すのは「世界をヒバクさせればみんな仲良くなれる」というオニゴロウ(大久保鷹)の思想。タカが心を寄せるのはフクシマを出て行方知れずの穏健派・トモゴロウ(藤井びん)。

 一方、東京では、男探しをしながら日本全国「46」都道府県をめぐってきたハトコ(鈴木紀子)がティッシュ配り。ひょんなことから祖父のトモゴロウと再会し、自分がフクシマ出身だと気づく…。
 坂上田村麻呂の奥州征伐による鬼伝説などを織り込みながら、唄とダンスでフクシマの怒りと祈りを舞台に叩きつける渾身作。

 ただ、エンターテインメント仕立てのフィクションではあっても、観客にとってはフィクションとは言い切れない痛みが胸を貫く。
 五輪に浮かれ、フクシマをなかったことにしようとする国家の暴虐が続く2015年のニッポン。その構図は辺野古とも通じる。 国家を憎悪する弱者の反撃はテロへと突き進んでいくしかないのか。
 赤紙=召集令状=「新優生法」を破り捨てるラストシーンが胸をえぐる。 我々に希望はあるのか。

 ベテランのアングラ巨頭二人の存在感に伍して佇む鈴木紀子の麗々しい立ち姿。見違えるような成長ぶりが素晴らしい。

 
2015-12-12 23:54 この記事だけ表示