流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その15[あれからのラッキー☆アイランド]
福島の劇団だからこそ原発事故の思い、怨念がほとばしり出た――『あれからのラッキー☆アイランド』(佐藤茂紀〔ユニ・ラビ〕作、流山児祥演出)上演

「図書新聞」No.3240 ・ 2016年01月30日号  BY伊達正保

 坂上田村麻呂の蝦夷征伐から戊辰戦争に至るまでの東北・福島の怨念は、以後も続く東北蔑視・差別の中で受け継がれている。そして2011年3・11東日本大震災・福島第一原発事故により新たな怨念が加わった。
 福島県郡山の劇団ユニット・ラビッツと東京の流山児★事務所による共同合同公演『あれからのラッキー☆アイランド』作・佐藤茂紀(ユニ・ラビ)、演出・流山児祥が、郡山と東京で上演された。両劇団の役者陣に加えアングラの大御所大久保鷹、藤井びん(郡山出身)が出演している。

 舞台は2015年に福島原発が第二次爆発を起こして、福島全県が放射能汚染された70年後の2085年。県境が壁で取り囲まれ、フクシマは地図から抹消された。被曝し染色体異常をきたした二世三世はオニとして蔑まれ、その居住区に住まざるを得なくなっていた。ニッポンは管理統制のファッショ体制がさらに進行、彼らの遺伝を防ぐため「新優生法=断種法」を成立させ、優秀な子孫を国家のために! と「戦争国家」への道を突き進んでいた。自分たちの権利を取り戻そうとするオニたちは、穏健派と過激派とに分裂し、穏健派の一部はフクシマを逃れニッポンに隠れ住む。過激派は全世界を被曝させることで、自分たちと同等にしようと原発の爆破を画策する。国家権力はオニたちを洗い出し断種カード(なんと赤紙)を送付する。過激派の暴走を止めようと、フクシマのモモコは東京に隠れ住む穏健派リーダーのトモゴロウ(藤井びん)を探しに、北海道に逃れたオニの子孫であるハトコ(ユニ・ラビの鈴木紀子、郡山弁が懐かしい)たちと旅に出る。桃太郎になぞらえたメンバー(犬、猿、雉ではなくカメ、サスケ、ハト)がおかしい。過激派リーダーのオニゴロウ(大久保鷹がアングラ役者の本領発揮)と兄弟のトモゴロウとの対決。そして国会議事堂が爆破され、フクシマのオニたちは自分たちの解放に向かっていく。

 近未来設定としながら、現在の問題点をアナロジーし網羅している。パレスチナの壁、戦後70年、安倍ファッショ政権、戦争法案、マイ・ナンバー、事故がなかったかのような原発再稼働、原発難民の棄民化、ないものとされる人や農水産物に対する放射線被害等。オイラ、福島の劇団がここまでやるかと思ったが、福島の劇団だからこそ原発事故から5年近く経ってその思い、怨念がほとばしり出たのだと考えたい。加えてアングラ直球のスピーディーな音楽劇として、流山児の演出が冴えわたる。

(後略)
2016-01-23 21:32 この記事だけ表示