流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

超満員札止めの12ステージ目![キネマと怪人]
アングラの衝撃作「キネマと怪人」。超満員「札止め」の12ステージ目でした。びっしり埋まった客席。『阿部定の犬』を、はるかに超える観客が全国から詰め掛けている《現実》に感謝。さすが40年の歴史を持ったテキストの力である。

日本劇団協議会主催「新進演劇人育成公演」として、「難解」といわれている佐藤信の「喜劇昭和の世界」三部作を上演したい!というわたしたちの志を、最初に「面白い!」と、賛同し、支援してくれたのは演劇評論家の扇田昭彦氏であった。紅・黒テント・天井桟敷・早稲田小劇場という70年代アングラと併走した論客は黒テント音楽劇をもっとも評価していた評論家でもあった。

「喜劇昭和の世界」三部作は「歴史的覚醒の器官として夢みながら覚醒をめざして進むもの」(ベンヤミン)である。

「昭和史における民衆と革命との痛烈なるズレをあえて華麗で冷徹なスペクタクル、いわばブレヒト的「喜劇」として描き出した。」と扇田さんは書いている。文字通り「キネマと怪人」はその最高傑作といっていいエンターテインメントである。ホントに扇田さんに観てもらいたかった作品がこれである。

あと6ステージ。明日は休演。じっくり休んで、爆走します。

是非観てください。アングラの《根源》が、運動の演劇の《根源》が、「ここ」にあります。役者は、全存在を賭けて舞台にたたなければならないコトバが「ここ」にある。

で、例によって宮崎さんのブログから「役者も頑張ってますけど、このテキストの力の凄さを、身体で感じてます。やっぱり、良いものは、今やっても良いんですね。この企画は、時代を越える演劇なのかもしれない。国境を越える演劇は、僕も黒テントで経験しているのだけど、日本で、日本の演劇史でアングラ演劇が支えたことの大きさを、今、時を越えて、ここに立ち上げることは、凄く重要な感じがしてならない。こういう芝居をみていない人達が沢山いるわけで、そのためにも、やらなくてはいけない芝居だと感じている。明日は、休演日。お見逃しなく、この芝居。もう観れなくなりますよ!」である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メチャ面白い注目の音楽劇。
Space早稲田へ来たれ!『キネマと怪人』爆走中。
残り、6ステージ!!

【前売最新状況】9日(火)午前0時現在。

10(水)19時「余裕アリ」
11(木)14時「前売完売」→キャンセル待ち。
12(金)19時「大いに余裕アリ」
13(土)14時「余裕アリ」

@Space早稲田
地下鉄東西線「早稲田駅」の1番出口から徒歩1分ほどで到着です。1番(神楽坂駅寄り)出口をお間違えないようお気をつけ下さい。

◎当日券の発売は開演の1時間前です。

※ 今すぐ予約を!→https://www.quartet-online.net/ticket/kinema?m=0abjg

※お問合せ:03−5272−1785(流山児★事務所)
2016-02-09 00:36 この記事だけ表示