流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

世界「初」の世界遺産:ボロブドゥール演劇公演。[西遊記]
久しぶりのブログです。
3月9日から3週間の「西遊記」アジアツアー。
連日超満員のジャカルタ・ジョグジャカルタ公演を終えて「西遊記」のある意味での目的地である。
ボロブドゥール遺跡野外公演まで辿りついた、
超満員の世界最古の仏教寺院遺跡での初の「演劇公演」
客席に作られた500席余りの椅子の周りを囲む人々。
1000人を超えるボルブドゥールの人々がやってきた!と、
ウマルさんが興奮している。
インドネシア政府の文化大臣の秘書官も視察に来て、実に素敵な企画、国はこれからどんどんバックアップするから国際的な文化交流の企画を立ててくれ!と、言われたそうでこれまた嬉しそう。

世界遺産を芸術家による文化交流のステーションにというボルブドゥールの美術家を中心にしたこの試みは大成功であった。「西遊記」初の世界遺産での公演、初の野外劇大成功!と、なった。

アジアの「西遊記」は何処へ行っても受ける、文字通りの「民衆演劇」である。半端ない体力と集中力を役者たちに要求するエンターテインメントの傑作に日々進化中である。とにかく、どんなところでも一気にトップギアで行ける作品に深化している。ぜひ、いつか日本でも上演したいものだ。「全く違う作品になってますね。めちゃくちゃわかりやすい」とスズナリ公演を見てくれているプロデュ―サーのやすみさん曰く。

お昼過ぎから雨の中での場当たり。
ぴたりと夕方6時過ぎに雨はやんだ。

さすがに晴れ男の面目躍如。
続々と観客の群れ、ジャワ舞踊、GO ボルブドゥールのデモンストレーション映像。来賓あいさつ。
WWFの世界環境デーの、世界中の世界遺産が一斉に電気を消す。アースデー。カウントダウンで遺跡の電気が1時間消え「西遊記」が始まった。最初どーなるかと思いきや、地鳴りのような笑い声、子供たちが一斉に大爆笑する。のりに乗りまくる。

途中、ジャワダンスそれも猿の舞踊、50人を超す楽団とダンサーたちのスペクタクルに美術家たちによる集団ペインティングも加わって15分あまりにゲストコーナー。まさにカオスのようなコラボレーションとなる。で、再び、遺跡に電気がともりラストまで。

本当に「西遊記」はまぼろしの天竺にたどり着いたと思った。
役者たちは「地球」ならぬ巨大な卒塔婆(ストゥ―パ)へ向かう。遠くの芝生で再び客席に向かって踊り狂う。

スゴイ鳴り止まないカーテンコール。ほんと、お疲れ様でした。
朝から深夜のバラシを終えてホテルにたどり着いたのは1時過ぎであった。ビールで乾杯、もう働いている人もいないのでカップラーメンをおつまみに。これが俺たちに似合う。

それにしても、『花札伝綺』のジョグジャカルタ公演を見て、ぜひ、ボロブドゥール遺跡で芝居を!というウマルさん・やすみさん夫妻の熱意には頭が下がる。まるで「奇跡」のような公演の大成功であった。本当にありがとうございます。実に多くのスタッフの力でやることができた。感謝、感謝。

次は、ボロブドゥール国際芸術祭です!とやすみさんら。
いつでもてつだいにきますよ。また会いましょう。
2016-03-20 12:06 この記事だけ表示