流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2週間ぶりに帰国しました。[楽塾]
約2週間の台湾での活動を終えて無事、今晩帰国しました。みんな、元気です。
楽塾初の台湾国立劇場公演「女の平和〜不思議な国のエロス」(作:寺山修司)は私たちの予想を超えていまや伝説になっている『ハイライフ』と並ぶ《演劇的事件》になっているようです。

みなさん最もハードな稽古をつみかさね、見たことがないような素敵な「新作」をつくってくれました。これからの楽塾の「ある方向性」を見出した作品でもあります。

楽塾公演を終えて嘉義市に移動。@一面の田んぼの中の嘉義表演芸術センター。
熱く、暑く、ハードな『マクベス』キャスティング・ワークショップを3日間。若い奴らとの出会いとなった。
若いマクベスとマクベス夫人。

これまた、やったことのない「マクベス」をつくろうと思っている。が、スタッフもたりない、まったく、カネもない。あるのは、志とニンゲンの繋がりだけ。で、持ち出しでいいじゃん!である。さまざまな人が志だけで、協力し、面白いものを作ろうと、動いている事に、感謝!!これは嘉義で演劇革命をおこそうとしているOUR COMPANYの志に感動・賛同した68歳の演劇青年としての活動であり、わたしたちのアジアの演劇=未来への投資である。もちろん、これは演劇渡世の仁義である。

一宿一飯!それでいいじゃん、所詮、おれたち河原者なんだから、それしかないじゃん!と、台湾の地で、ちょっと「よれてきた」手前を鍛えなおすための《原点回帰》だと、こんかいの機会に「感謝」している。幾つになっても先はきっちり「ある」のである。一所不在の人生を!!

アングラはCHEAPだけどgreatなんだぜ。でもって、hungryでアングリー!!

なんとか、キャスティング(仮)を終えて、台北で高校生ワークショップ。これも楽しかった。高校生は元気である。

新北投の温泉で、ゆったりとしたのがたった1日。
ほぼ芝居漬けの約2週間であった。

真実先生、イーラン、畝部、衣裳の竹内さんの『マクベス』チーム、台湾を放浪していた諏訪創、楽塾居残り組の関口さん、いそさん、杉山さんと松山空港で合流。夕方羽田着、帰国。

いつものように馬場の安居酒屋で黒ホッピーとハイボール。刺身。美味い。台北も嘉義もうまいものだらけだがやはり東京も・・・。

明日からいつものトーキョーの日常である。
明日はフクシマ行き。劇団ユニットラビッツ、佐藤茂紀:新作・演出「鏡の中の怪人二十面相」@郡山市民文化センター中ホール18時30分開演、初日です。
ぜひ、おいでください。

でもって、三重県津市芸濃町では水族館劇場の新作「この世のような夢」(作・演出:桃山邑)が開幕した。


2016-05-07 09:42 この記事だけ表示