流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」[代代孫孫]
BY 今村修(演劇評論家)

昨夜は流山児★事務所「代代孫孫」(作=パク・クニョン、訳=洪明花、演出=シライケイタ)。これが滅法面白かった。韓国現代演劇の第一線で活躍するパクが2000年に発表した異色の家族劇。現代から日帝占領時代に遡る四代の一家の来し方をコミカルに描いていく。

演出のシライは、この戯曲を今の日本で上演するに当たり、作家の許可を得た上で韓国と日本を入れ替えるという暴挙≠ノ出た。これにより、日本がかつて韓国に占領され、集団自衛権の名の下にベトナム戦争に参戦し、今も南北の分断に苦しんでいるというパラレルワールドが捏造されることになった。

この知的ゲームが何とも刺激的だ。ベトナムでゲリラ狩りに荷担させられた先々代の父(阪本篤)のトラウマは自衛隊の未来を予測させ、脱北者へ注がれる興味本位の視線は、高線量地域からの自主避難者への無理解にも重なる。また、日中戦争終了後も韓国に残った先々々代の父(里美和彦)が、韓国人娼婦(山丸りな)に惚れるエピソードでは、一瞬日韓の狭間に宙吊りにされたような混乱に陥る。朝鮮に残ったといことは原作では日本に残ったということで、そんな韓国人が日本人娼婦に惚れる……。頭の中で翻訳している内にクラクラしてきて、日本と韓国の境目がグニャリと溶け出してくる。

これこそが、この暴挙≠フ真の狙いではないだろうか。日韓を逆転させたのなら、もっと日本の加害性に踏み込むべきだという声もあるようだが、それでは一種のステレオタイプになってしまい、観客を安心させてしまう。そんな怠惰を観客に許さず、宙吊りの状態で日韓の関係を手探りさせることが作り手の不遜な企みのような気がする。それに、日本の加害性は元の戯曲にもしっかり書き込まれている。先々々々の父(近藤弐吉)の哀しすぎて笑うしかない境遇はそれを物語って余りある、と言えないだろうか。

パクの戯曲の企みの深さは他にもある。タイトルにあるようにこの物語は一見、儒教的な「家」の存続の大切さを描いているように見える。ところが、実際に展開する家族の実態といったら。こんなものを有り難がる伝統や道徳や建前を実は笑い飛ばしているとしか思えない。そのしたたかさにニヤリとさせられる。

それにしても、先だっての「トンマッコルへようこそ」といいこの「代代孫孫」といい、韓国現代演劇の面白さには舌を巻く。そりゃ、面白いものが選ばれて日本で上演されているのだから当たり前といえば当たり前なのだが、取り分け感心するのはその活力、バイタリティーだ。あっけらかんとしたエロスや下ネタを交えた、いかにも人間くさく、それでいて社会性を忘れない骨太のドラマ。そこには人間性に対する揺らぎのない信頼と肯定があるように見える。韓国現代戯曲にも色んなものがあるのだろうが、コミュニケーション不全の病っぽい芝居を見慣れた目には妙に眩しく見えた。(敬称略)
2016-06-18 11:19 この記事だけ表示