流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ブランキ殺し上海の春上演に向けて。[予告!]
【ブランキ殺し上海の春 上演に向けて】

 2014年6月『阿部定の犬』2015年12月『キネマと怪人』と続いて、文化庁・劇団協議会主催「新進演劇人公演」として佐藤信の「喜劇・昭和の世界」2作を連続上演した。2作とも超満員好評であった。

 『阿部定の犬』は「実に面白い阿部定事件と昭和史を重ねた佐藤信の傑作、もっと定期的に上演してもいい作品。」(「悲劇喜劇」劇評:演劇評論家:高橋豊)「歴史を理解し、難解な戯曲を腑分けし、自分の体の中に入れる。時代精神という援護もない。極めて困難だが、貴重な体験だったに違いない。若手育成の名の下、敢えてこの難物に立ち向かった蛮勇に拍手を贈りたい」(演劇評論家:今村修)

  『キネマと怪人』では「そのセンスで昭和の日本の断面を、ばさっと切り出す佐藤の手腕は素晴らしい。演出の西沢栄治が、音楽の諏訪創、振付のスズキ拓朗と合同して、見事に西沢流にこの芝居を現代に蘇らせた」(演劇評論家:江森盛夫)、「もつれたフィルムから浮かび上がる、これぞアングラという破天荒なイメージの連鎖が小さな空間を圧倒する。今回は、特に女優陣の華やかさに目を奪われる。波子を演じた山ア薫の可憐なヒロインぶりに思わず胸が高鳴る。濤子大佐の神在ひろみの男装の麗人の凛々しさよ。山丸りな、佐原由美、廣田裕美の七変化の可憐さも眼福」(演劇ジャーナリスト:山田勝仁)といった風に「新進演劇人」の成長ぶりが高い評価を得た。

 現代演劇の基盤を作った60年代アングラ演劇、唐十郎の紅テント(状況劇場)、鈴木忠志の早稲田小劇場、黒テントは「社会的変革」を目指す「運動の演劇」を展開した。社会に対する演劇(小劇場)の役目が問われる現在、私たちは2017年10月、佐藤信の代表作「喜劇昭和の世界・三部作」完結編『ブランキ殺し上海の春』を小劇場の聖地:下北沢ザ・スズナリで上演する。冷徹に「昭和」を描くブレヒト的音楽喜劇を、高い評価を得ている西沢栄治が、若手演出家であり振付師でもあるスズキ拓朗、音楽家:諏訪創と組み、この4年の間に圧倒的に成長を遂げた役者たちと共に創作する。

【昭和三部作初演:劇評】
扇田昭彦(演劇評論家) 晶文社刊「開かれた劇場」所収。

 断言してもいいが、これは近来出色の、ほとんど「屹立する」という形容句を使うに足るすぐれて劇的な舞台であった。(中略) この三部作のねらいは、昭和五十年という時点に立って、昭和史における民衆の革命との無残なずれゆきを、天皇制を主軸としてかみあわせながら、心情的、ロマン主義的にではなく、冷徹なまでに醒めた意識で総括する点にある。いわば、これは、冷徹な「喜劇」の視点からする佐藤信独自の「昭和史」の本論であり、ここに私たちは、いわゆる従来の「新劇」的な日常的写実主義とはまったく体質と感性を異にした〈事物の本質的なるもの〉の重層性によってのみ構成された新しいタイプの「現代史劇」を共有することができたのである。

【物語】

 1945年8月15日、革命の陰謀渦巻く国際都市上海に、パリ・コミューンの武装蜂起主義者オーギュスト・ブランキあらわる。歴史の虚実をかいくぐって、「昭和」が妊(はら)みそこねた革命の夢を鮮烈に描き出した《運動の演劇》の旗手佐藤信の「喜劇昭和の世界」三部作、ついに完結。

大日本帝国崩壊のその日から翌年にかけての上海を舞台に、破天荒な虚構を駆使した波乱万丈の超大作!
2016-08-20 12:28 この記事だけ表示