流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

「虎☆ハリマオ」→「十一人の少年」[リーディング]
ということで「超満員」爆走のファイナルステージが始まった「恒例のスペース早稲田リーディング上演」。

佐野バビ市「DUCK SOAP」チーム、スズキ拓朗「グッドバイ」チーム、無事千穐楽でした。

1980年代の北村戯曲の面白さがきっちり伝わってるな・・・と感じる日々である。まさにSpace早稲田=流山児★事務所は現代演劇のプラットホームである。様々な若い演劇人たちが出会う「演劇の解放区」です。そんな解放区にふさわしいアナーキーなテキストが北村戯曲です。様々な感性で北村のテキストを「自由に読んでいる」いや、面白い!!

さて、本日は伊藤靖朗「虎☆ハリマオ」、シライケイタ「十一人の少年」そして今村修さんをゲストに迎えて「北村想の劇宇宙」のシンポジウムの3本立てです。前売り完売ですが「当日券」ございます。ぜひ、ふらりとSpace早稲田までおいで下さい。

今村修:演劇評論家
「グッドバイ」(演出=スズキ拓朗)。名作「寿歌」の翌年1980年に書かれた戯曲だが、全編に死のイメージが溢れ、登場人物はすべてデタラメ、ストーリーもどこか破れかぶれに見える異色作だ。題名から察せられる通り太宰治の心中をベースにしており、破天荒な死の劇を見つめる者として北村は自身を太宰と重ねる。その孤独と書くことへの不安。資料で「演劇をやめようかと思っていた時期の作品」と読むと、なるほどとも納得させられるが、きっとそれだけじゃないんだろうな、と思ってしまうのが北村想という作家のややこしいところだ。
スズキは戯曲にない、舞台となる「T上水」の擬人化を試み、この場所が多くの思いや無念が沈んでいる場所であることを暗示する。このために新たに書き加えたセリフの遊びの感覚が、妙に北村っぽくてニヤリとさせられる。百家争鳴の出演者たちの個性のぶつかり合いをまとめる振付は、ダンサーでもあるスズキの面目躍如。リーディングというにはずいぶん動きの多い舞台だったが、新鮮な思いで楽しんだ。(敬称略)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「OKINAWA1972」→「映画うまれる」上映→「北村想名作リーディング」とノンストップの1か月、予想を遥かに超える多数のお客さんが、連日Space早稲田の小劇場に詰めかけてくれている《事実》に感謝。オープニング3連続企画はすべて「満員」大ヒット上演が続いています。

このリーディングが終わると熊本から九州「劇」派が、唐十郎の名作「少女都市からの呼び声」を引っ提げて来週末、早稲田にやってきます。震災から半年、まだ復興の道遠しの熊本からスッカンピンのアングラがやってきます。北村想から唐十郎!ぜひ、見比べ、聞き比べて、観てください。全ステージ「大いに余裕アリ」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日、14日(金)14:00「虎☆ハリマオ」:伊藤靖朗・演出
       「前売完売:当日券アリ」(約75分)
      /17:00「十一人の少年」:シライケイタ・演出
       「前売完売:当日券アリ」(55分)
       18:00シンポジウム「北村想の劇宇宙」(40分)
   ゲスト:今村修(演劇評論家)&流山児祥・参加演出家

入場料     
予約1,800円(当日2,000円)
学生・U25割引 1,500円
会場:Space早稲田
東京都新宿区早稲田町74番地 ビューロ早稲田B1
(東京メトロ東西線 早稲田駅1番出口徒歩1分)

予約・問合わせ:流山児★事務所 03−5272−1785
ご予約は→https://www.quartet-online.net/ticket/wasedafes

流山児★事務所web
http://www.ryuzanji.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Space早稲田演劇フェスティバル2016 特別企画
【北村想名作戯曲リーディング】

◎Aチーム『十一人の少年』(1983年)
演出:シライケイタ(温泉ドラゴン)
出演:阿久津紘平(カクシンハン)/大塚由祈子/小出恵美子(長谷川事務所)/小西寛子/佐野優子/月船さらら/原野美優/山口祥平(碗プロダクション)/二階堂まり(楽塾)/谷宗和、橋口佳奈(流山児★事務所)

◎Bチーム『DUCK SOAP』(1987年)
演出:佐野バビ市(東京ミルクホール)
出演:岡弥詠子/片岡哲也(劇団黒テント)/武田萌花/舘形祐子(俳協)/西上正俊/マリン(三個目のミス/松竹芸能)/餅田コシヒカリ(棚からブタもち/松竹芸能)/J.K.Goodman、新城侑樹(東京ミルクホール)/龍昇(龍昇企画)/伊藤弘子、甲津拓平(流山児★事務所)

◎Cチーム『グッドバイ』(1980年)
演出:スズキ拓朗(チャイロイプリン)
出演:菊池夏野 /鯉沼トキ(ラッキーリバー)/近藤千紘/酒井文子/佐藤沙紀/高畑亜実/田中紘子/のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/松村真里奈/山ア薫(ワタナベエンターテインメント)/吉田裕貴/五島三四郎(流山児★事務所)

Dチーム『虎☆ハリマオ』(1979年)
演出:伊藤靖朗(舞台芸術集団 地下空港)
出演:東谷英人(DULL-COLORED POP)/岩崎友香(演劇集団アクト青山)/梅原晶太/勝又絢子/北河朋子/酒巻誉洋(フォセット・コンシェルジュ)/柴田恵/長木彩(劇団民藝)/山ア薫(ワタナベエンターテインメント)/高野あっこ、めぐろあや(楽塾)/塩野谷正幸、柏倉太郎、森諒介、星美咲、廣田裕美(流山児★事務所)
2016-10-15 10:03 この記事だけ表示