流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その2[幻影城の女たち]
BY迫 浩司(ライター)

 劇団ユニット・ラビッツの『幻影城の女たち-胡蝶ノ夢編-』スペース早稲田 作・演出 佐藤茂紀 監修・演出 流山児祥を観劇。

 アナグラへと通じるような仄暗い階段を下りると、いきなり迎え入れられたのは客入れと思われる4〜5人の案内係。劇場内ほぼ中央の桟敷席に腰を降ろし、公演チラシに目を通していると「健康に害のない飴はいかがですか?」と、すっと女子高生風の案内係が近寄ってきて声をかけられた。これは糸引き飴ではないか!水色、紫、赤と色とりどりのなかから赤色の糸つき飴をひとつつまみ上げ、気恥ずかしさと懐かしさに拮抗しながら、すぐ口のなかに放り込む。昭和の香り立つ、着色料塗れの甘味が口一杯に広がっていく。

 ということは、今から糸引き飴を舐めながら観劇することになるのか?! それにしても、おっさんが口から糸を垂らしている、この姿、今、劇場に入ってきたばかりの客には可笑しな光景に映るんだろう。

 少しずつ飴が小さくなり、仕舞いには溶けて糸だけになってしまった。残った糸をどう始末していいものか。もっていたボールペンに巻き付けようと試みるも暗さと焦りから思うように巻けない。それでもなんとか巻きつけることに成功した途端、それまで糸引き飴を配っていた案内係が突然、客席に向かって喋り出していた。

「本日はご来場ありがとうございます」
「スペース福島、本日こけら落としでございます」
「それにしてもスペース早稲田そっくり」
「ですよねえ」

演劇はこの世の写し鏡であるという。
世は思いによって変えられるのか?!
じゃ、おまえはどうか? 何を変え、どう生きていこうとしているのか?
感じているかい?
生きているかい?
眠っている心の襞に揺さぶりをかけてくる。

 演目『幻影城の女たち-胡蝶ノ夢編-』の”胡蝶の夢”とは、中国の思想家荘子の説く「斉物論」の”胡蝶の夢”からとったものかと思われる。
ある夜、荘子は自分が蝶になった夢をみた。目を覚ますと、果たして自分が夢のなかで蝶に変身したのか、いま蝶が夢のなかで自分になっているのか、どちらかわからなくなったという話。

一体、この世は?現実か?いや夢の話か?
うつつか、まことか、それとも幻影か?
いや、どうともいえない世界のことか?

腹底からふつふつと立ち上ってくる痺れのような熱さを感じた90分間だった。

 いや、この熱さこそが絶対的にリアルな世界なのだ! と…
現実か、夢か、入れ子構造の劇中劇か、過去と未来とが垣間見れるとされる、合わせ鏡のように、位相の異なるシーンが冒頭からラストまで客を煙に巻くように、まこと、うつつ、幻影が紡がれていく音楽劇。

 虚構と現実を行き来しながら思いと思いが交錯し、肉と肉がぶつかり合いながら、時には破廉恥に時にはシリアスに、性格のまったく異なる登場人物芽衣子(鈴木紀子)と波美子(佐原由美) をメインに描かれていく。明智小五郎役の佇まいと凛々しい声が印象的な鈴木紀子、怒りに燃える波美子役からキュートな小林少女役へ、それぞれの役の魅力をうまく演じきっていた佐原由美も心に残る。

 あるシーンではまことか、うつつか、どちらともつかない世界で芽衣子と波美子が3,11後の福島の現状を悲哀をもって語りあい、あるシーンでは高校の文化祭で上演される芝居の劇中劇シーンさながら、アクション満載のエンターテイメント風に演じられていく。次第にどれが現実で、どれが劇なのか判然としなくなってくる。そんな中、クライマックスへ。

 どのシーンもほとんど動き回っている役者陣たちの奮闘ぶりも楽しめるが、それに負けず劣らず、作者の思いのつまった直球勝負のセリフが胸に突き刺さってくる。

 アフタートークで一人のゲストが話題に挙げていたが、劇中にゲストが登場してくるシーンがあった。おそらく虚構な劇空間にリアルなゲストを登場させ、二項対立的世界をかき混ぜようとした意図であったと推察できるが、個人的には劇(芝居)への集中が途切れ、却って役者の気持ちを慮ってしまい、すぐにトークに集中できなかった。が、こういった浮遊した意識も、すべては虚構だと解釈すれば、楽しめるのだろう。
只、演出と思いのつまったセリフの熱量とのアンバランスさが気になってしまったが、この微妙なアンバランスをどう昇華していけるか、客の力量が問われるのか?!

 しかしながら、なんでもありなエンターテイメントな劇空間は、見るものを飽きさせない。
劇中に通低しているのは、夢と現実、幻影と現実、性(一部女装、同性愛が描かれる)や境界の問題にしろ、二項対立的価値観の向こう側を描いている。どちらともいえない世界の提示だ。それが虚構の演劇を通し、果たしてラストにどういったメッセージを投げつけてくるのか?
波美子「芽衣子先生、報告があるんです。私、教員採用試験受かりました。来年の春から」
芽衣子「波美子。それは夢の話でしょ」
波美子「先生・・・気づいてる・・・・」
敢えて直接には提示せず、われわれに爆弾を投げつけてくるラストに作者の思いが込められているように感じられた。

 劇後、帰途につきながら、ある思いに引っ張れていく。
最近、読了した安藤礼二氏の評論。
鈴木大拙の語る「空」の思想やエックハルトとスウェーデンボルグの語る、「体験」の思想について語っていた。いかに現実に空の思想を体現できるのか?いやひょっとしたら、演劇にもそのような二項対立的価値観の向こうの世界が描けるのではないか?鈴木大拙は「経験」から「純粋経験」へ、そして、”心”に行き着くことになる。自らのなかに映りこんだ、自らの心を見つめている”心自体”だ。今風にいえば、”あるがまま”となるのか。劇中のセリフにも「演劇は自分事なんだって」で語られていたような気がする。
作者は、そういった”あるがまま”の自らの心自体を描きたかったのではないのか? そう思えば思うほど、作者のリアルな焦燥や怒りがストレートに心に突き刺さってくる。

 そう思いながらメモ帳とボールペンを取り出し、今の思いをしたためようとした。その時だ。得たいの知れない欠落感に襲われた。「ない!」「糸がない!」ボールペンに巻きつけていたはずの糸が消えている。どこかに落としたのか? いやそんなはずは。。。と、バックのなかをまさぐるも見つからない。確かに上演前にボールペンに糸を巻きつけた、スペース早稲田の客席で。それが消えている。うつつか、まことか、それとも幻影か?そう思えば思うほど、良い夢を見終えたあとの目覚めのような、すがすがしい思いに全身が満たされていく。駅の改札を抜け、ステーションビル前に数台の消防車が停まっていた。近くの居酒屋でボヤがあったらしい。周囲の建物の壁に点滅している赤色灯の光だけがやけに眩しく映っていた。(敬称略)
2016-11-14 13:45 この記事だけ表示