流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」その3[幻影城の女たち]
 BY 山田勝仁(演劇ジャーナリスト)

 一昨日はSpace早稲田で福島の劇団ユニット・ラビッツ「幻影城の女たち〜胡蝶の夢編」(作・演出=佐藤茂紀、監修・演出=流山児祥)

 「ラッキー☆アイランド」(2014年)、「あれからのラッキー☆アイランド」(2015年)に続く福島発の「フクシマ」を描く作品3作目。

 タイトルの「幻影城」は江戸川乱歩の探偵小説評論集で、乱歩が戦時中に福島に疎開していたことからつけられた。
 物語にも乱歩の世界が登場する。

 サブタイトルの「胡蝶の夢」は、中国戦国時代の思想家・荘周が蝶になった夢をみたが、自分が夢の中で蝶になったのか、それとも夢の中で蝶が自分になったのか、自分と蝶との見定めがつかなくなったという故事によるもの。

 311から5年8カ月。いまだに仮設住宅暮らしを余儀なくされている被災者が岩手・宮城・福島の3県で9万人もいる。それなのに何が五輪だ、何が復興だ、何が帰還だという怨嗟の声があるのは当然のこと。
 胡蝶の夢のように、311が夢であり、今の生活は311前の自分が見ている夢に過ぎないという儚い願いが込められているとしたらその哀しみの行方はどこに向かうか。舞台に込められた被災者の複雑な恨み=ルサンチマン。

 開幕前に、「ただちに人体に影響のない飴」を客席に配る女子高生たち。ここは小劇場SPACE福島のこけら落とし。福島県をかたどった巨大なオブジェの前に立つ演劇部顧問の芽衣子先生(鈴木紀子)と、震災時の教え子で今は教師となった波美子(佐原由美)。
「シーベルトとかベクレルとか私たちだって当時初めて聞いた言葉でしたし、でもその数字自体に閾値がないっていうか…。閾値って何かわかりますか?」
 と客席に向かって苛立たし気に話しかける芽衣子。
 彼女たちが今稽古中なのは「怪人二十面相vsジャパン」なる乱歩のパロディ劇。

 出演するのは霧子(竹本優希)、双葉子(松岡沙也華)、凜子(鹿又由菜)。そして変態3人組、タケ子(山下直哉)、ウメ子(遠藤聖汰)、マツ子(成田浬)。

 タケ子が扮するカメは怪人二十面相が化けたもの。
 前々作ではゴジラが登場したが、では今回は…。

 奇想の物語は予想もつかない方向に転がっていく。あまりにも荒唐無稽なこの結末を誰が予想しえただろう。

 中盤の芽衣子のセリフが胸を打つ。

「もう一度原発事故が起こるとしたら、福島で起きた方がいい。だって、福島の人は経験してるし、勉強もしてるし。初めてだったらこんな辛い思いをするのは耐えられないから。でも一回経験した私たちは耐える。だけど、こんなに早く忘れ去られるなら、『ガメラ行け。東京に。首都に。日本の心臓に。全部ぶち壊して、思い知らせて来い。私たちが味わった苦しみを』って…」
 
このセリフで涙腺が決壊してしまった。

 自分の故郷で建設中の大間原発。計画は80年代から。それを知った時から、常に思ってきた。「もし事故が起こったら自分は故郷を失う」と。その不安を福島が引き受けてしまったという申し訳ない気持ち、後ろめたさが常にある。心のどこかで「原発事故が一度日本のどこかで起こればこの先すべての計画はなくなるだろう」という悪魔的な気持ちがあった。
 それが福島で起こってしまったことへの罪悪感がある。

 しかし、それでも原発は止まらないどころか、さらに再稼働が進んで行く。なんていう国なのだ。

 だから、「最終兵器」ともいうべき、ラストの「反撃」はいくら荒唐無稽であろうとも演劇的リアリティ―を持つ。

 現実社会のリアリティ―と演劇的リアリティ―は違う。
 自虐被虐ひっくるめて、胡蝶の夢の結末はこれでいいのだ。
 今回、出演者が全員、見事なアンサンブル。芽衣子役の鈴木紀子は現実と虚構のあわいを芝居の中だけでなく現実でも往還している。リアルなセリフはフクシマの彼女ならでは。
 佐原由美も声を潰しながら、ラブリーな波美子先生を好演。
 成田カイリの女子高生怪演は破壊的。
 原発問題を描く舞台でこんなに笑うことができたのは初めて。
 現実があまりもにバカバカしく、もはや我々は「哄笑」するしかないから。

 
2016-11-14 13:48 この記事だけ表示