流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々なる「劇評」BY 今村修[メカニズム作戦]
今村修さん(演劇評論家)の、素敵でリアルな「劇評」読んで、マジ、泣きました。
本当です。すみません。この半世紀をマジ考えてしまいました。

あと6ステージ全力で駆け抜けます。
有難うございました。


 底抜けの明るさだ。昨夜は、日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 俳優部門「音楽劇 メカニズム作戦」(作=宮本研、上演台本・構成・演出=流山児祥)@Space早稲田。1962年に青年藝術劇場によって初演された、宮本の岸田戯曲賞受賞作。今はとんとご無沙汰になった職場の組合運動を描いたアナーキーな作品だ。元々4曲のナンバーを仕込んだ音楽劇の試みだったが、流山児はこれを、八方破れの爆走ミュージカル(構成・音楽=朝比奈尚行)に仕立てた。

主人公は、電電公社(NTTの前身)の組合の末端組織である「分会」。年に一度の組合大会を明日に控えて、まだ新執行部が決まらない。苦肉の策のあみだクジ(無作為標本抽出ともいう)による選挙で、分会長・ダークホース(木場允視)、書記長・ロカビリー(白井圭太)、青年婦人部長・ポニー(関谷春子)、組織宣伝部長・あの野郎(五島三四郎)が選ばれるが、組合活動にはずぶの素人。だが、後衛党のいい加減な支部委員長(井村タカオ)や、前衛党出で高圧・教条的な支部書記長(上田和弘)らの指導をはねのけ、大好きなジャズのノリで型破りの活動を展開し人気を集めていく。闘争の山場・就業時間内2時間の職場大会では、破天荒な仕掛けで、会社側の分局長(武田智弘)、庶務課長(浅倉洋介)、庶務主任(山下直哉)らを蹴散らす。だが、祭りの後には理不尽な処分が待っていた。支えを失い、「徹底的な自己批判」の末に4人が出した「Zプラン」とは?

 最近の「連合」の体たらくをみるまでもなく、国民が組合に寄せる関心、信頼は薄れて久しい。だが、「総資本vs総労働の対決」と呼ばれた三井三池争議から2年、この戯曲が書かれた1962年には組合はまだ、労働者の未来を託するに足る信頼を保っていた。勿論様々な問題や矛盾を孕んではいた。前衛党と後衛党の路線対立、幹部の腐敗、一般労働者の関心の薄れ、会社側の卑劣な権謀術数┄┄。劇中でこれらを戯画化し笑い飛ばしていく宮本の筆は、容赦なく手厳しい。この年、宮本研35歳。組織の澱に染まらず、若さゆえの無手勝流でラディカルに突っ走るドラマは見ていて眩しい。その疾走のバイタリティーを通奏低音として支えているのが、宇宙開発へのあふれる夢だ。時あたかも米ソの宇宙開発競争の真っただ中。一足先に宇宙に人類を送り出したソ連の宇宙船「ボストーク」、宇宙飛行士「チトフ」らの名前がこよなく懐かしい。明日は今より良くなると誰もが無邪気に信じていた時代。高度経済成長の成果を労働者に取り戻す組合の役割への期待は大きかった。

 そんな時代の空気を色濃く映した「メカニズム作戦」をそのまま上演すれば、単なる懐古趣味の舞台になりかねない。そこで流山児は、戯曲からとびっきりの明るさを抽出、凝集したミュージカルという鬼策に打って出た。組合用語や時代背景は知らなくても(パンフレットに挟まれていた用語集には隔世の感を抱いた)、この破れかぶれの明るさは、頑張って明日を信じてみることの辛さを楽しさは、音楽を通して体で感じることができる。目を疑うような出来事の連続でへこたれがちな気分に、この明るさは活を入れてくれる。まずは元気を出さなくっちゃね。

 多種多様な楽器を千手観音のように一人で操る鈴木光介の演奏、ダイナミックな神在ひろみの振付、そして小劇場ミュージカルもここまで来たかの思いを強くする俳優たちの歌唱力。とりわけ、ポニーを演じる関谷のソウルフルな歌声は、耳を貫き、終演後も長く頭の中で響いた。半世紀前の戯曲と現代のカブキ者たちの幸福な出会い。ちょいと覗いて元気をもらってみては? 

29日まで。(敬称略)
2017-01-24 19:33 この記事だけ表示