流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

15日(金)20時ついに『花札伝綺』ジョグジャカルタ公演の幕が開いた。
シビアな観客が多いというトモの情報であったが・・・バンドゥン同様というかバンドゥンを上回る熱狂である。
桟敷席イス席とあっという間うまり、追加のイス席を出すも次から次からお客の群れ。
伽藍を取り囲む立ち見の観客を含めて300余人のヒトがTEMBIに。
「ブンガワン・ソロ」をわたしが歌うとどよめき、笑い声。イイ感じで寺山演劇が文字通りのエンターテインメント、それも今も毒をもったエンターテインメントとして世界の人々に衝撃を与えることを実感。

終演後、演出家と主演男女優のインタビュー(このインタビューアーがどこの芸人か?っテ感じでうるさいこと五月蝿いこと!)もあってまるで学園祭のようなお祭り騒ぎ。ま、これはコラボレーション・フェスティバルでもある。

バラシ、『卒塔婆小町』の舞台に変わってゆく。劇団員全員がてきぱきと動いてゆく。テオ君をはじめとした劇団GARASIのメンバーの強大な協力ですべてが進行してゆく。うれしい限り、感謝。
トモのコーディネイト力というかインドネシア演劇界での彼女の存在の大きさを改めて知る、今回のインドネシア公演の「成功」はトモの力である。感謝。

12時過ぎから想さんからもらった餞別で『花札伝綺』軽い打ち上げ。
BARで深夜まで。
・・・・・・・・・・・
16(土)、いつものように起床。日本は3連休らしい。

トモ曰く、普段他人の芝居を絶対に褒めない(日本もそうだが・・・)ジョグジャの演劇人が絶賛していたとのこと、かなりの衝撃をインドネシア演劇界に与えているらしい。さまざまなヒトがTEMBIにやってきているとのこと。『花札伝綺』とまったく違う『卒塔婆小町』が明日、どう観られるか?楽しみである。

10時から今日は『花札伝綺』チームはジョグジャカルタの演劇人とのワークショップ。
上田和弘の考えた殺陣の動きを基本にすえたワークショップ。
はたして、いかなるものが出来上がるか?
夜の23時近くに野外劇場で発表会。サボの演出も見もの。

ミュージカル・ダンステアトル・殺陣 それにしても流山児★事務所は「さまざまなかお」を持った
シアター・カンパニーである。ま、世界に類を見ないカンパニーであることを自覚するツアーの昨今である。いつか、『ハイライフ』『盟三五大切』『由比正雪』『狂人教育』も加えて5〜6作品を長期レパートリー上演したいものだ。

もちろんそのときは演技のワークショップだけでなくスタッフワークのワークショップもやりたいものだ。本当に、役者が終演と同時にスタッフに「変貌」するさまは、みなさん「脅威」らしい。

集団の力、作品の力、演劇はそこにしかない。
伽藍のほうでは『卒塔婆小町』仕込みの続き、15時からいつものようにストレッチ。
場当たり。20時から照明も入ってミッチリ『卒塔婆小町』である。
あと、3日で帰国!!全員元気です!!



熱い陽射しの照りつけるジョグジャカルタの日々である。
全員、マミさんストレッチ1時間から始まる。
総勢30人あまりが伽藍いっぱいに広がって動くさまは壮観。
思い出した、11年前、『狂人教育』をもってカナダで1ヶ月フリンジ・フェスティバルツアーをやったときもこんな風に木陰やら劇場やらで全員でストレッチして稽古したものだ。
あの時は歌も英語で歌ったりしたから英語の特訓もたいへんだった。
今回『花札伝綺』チームは随所に簡単なインドネシア語をいれている、インドネシア語は基本的にローマ字読み(Cとかが違うが)なのでほとんどが通じる。
『花札伝綺』のトップシーンはトモとリナのインドネシア語の会話から始まるので実にすんなりドラマに入っていける。
・・・・・
夕方まで音響チェックと場当り。これが大変。客席は野外。字幕は2箇所。大きな柱が真ん中にどーんと4本あるので、見れない空間が出てしまう。これまた致し方ない。それにしても巨大柱の存在感!!

甲府の善光寺公演もコンナ感じになる?いい意味でのシミュレーション。
・・・・・・。
暗くなってから明かりも付き合って、場当り明かり合わせ。
『花札伝綺』の2000年新宿花園神社公演を思い出す。今回のサボ版の原型が作られた集団歌劇である。総勢60余人の「死人たちのオペレッタ」!!書を捨てよ、町に出よう!の市街劇的要素も入り混じったスペクタクルから今回は11人の葬儀社の死人のものがたりによる『花札伝綺』になっている。
「死んでないやつがひとりでもいたか?」
・・・・
23時近くまで粘りに粘って創り終える。『卒塔婆小町』チームはジョグジャカルタのダンス公演を観劇。明かり合わせ終了間際に帰ってきた。

ビールの小瓶1本で寝る。

さすがイスラムの国。バンドゥンにはコンビ二にビールは売っていたがジョグジャには売ってない?
ホテルのビールは高いし。
イラン同様郷に入れば郷に従えである。これまた良し!
・・・
軽い朝飯。
今日もいつものように11時からストレッチ。
直しがあって、16時通し。
『花札伝綺』20時ジョグジャカルタ、1回限りのプレミアである。バンドゥンで観たヒトがもう一度観たいと向っているとのこと!うれしい限りである。
さすがに半日のバス移動でカラダは疲れ果てている。
夕方から仕込み。
巨大な伽藍を劇空間に作り上げる、といっても「存在するもの」が民衆の重要文化財的伽藍、その「存在そのもの」を使ったほうがいい。わたしたちは一夜そこを通り過ぎるものである。
・・・・・
今回の企画はジョクジャカルタの女性ダンサー3人の国際的ダンスカンパニーTENBI DANCEカンパニー(民族舞踊・バリ・ダンスとコンテンポラリーを組み合わせたもの)と流山児カンパニーのコラボレーション演劇祭、これから何年か持続させて共同制作作品を作ろうという初の《出会い》のフェスティバルである。楽しく《出会い》たいものである。ワークショップ、彼女らの新作発表と盛りだくさん。
・・・・
舞台仕込み、音響仕込み。
照明仕込み。
大枠は終わる。
劇団に1年留学していた音楽家のヤヌー・アリエンドラが夜半宿舎に顔を出す。売れっ子のミュージシャンらしく、明日ジャカルタに行くので『花札伝綺』は見れないとのこと。元気そうで何より。
ヤントとヤヌーの2人の留学生たちがインドネシアで活躍している・・・『戦場のピクニックコンダクタ』(坂手洋二:作)以来、5年にわたるインドネシア演劇界との交流が今回のワールドツアーを実現させたのである。
・・・・・
夕食
バンドゥンと違い辛くない、美味い。芋やらもち米のちまき、♪パパイア マンゴーだよ

早めに就寝。
・・・・・
7時前に目が覚める。
稲刈りと田植えと種まき一緒にやってる田園風景。やさしいいつか見た風景。60年前のわたしの九州荒尾の田園風景が急に浮上した。浮上、である。

塩野谷正幸がプールサイドで読書。いいねえ。

『花札伝綺』本日場当り、ゲネプロ。
/////////////

菅首相が「脱原発」宣言。「将来は原発がない社会を実現する」と初めて言い切った。
国策として進めてきた原発を計画的、段階的になくしていく大転換。私は菅首相の方針を支持する。
いいじゃない、やってみようぜ、みんな。
『花札伝綺』初日。
乾季だというのにお昼過ぎに雨。
本番前にはぴたりと止んだ。きちんと、ゲネプロを済ませて万全の体制で本番準備。
・・・・・・・・
予想通りの超満員!入り口辺りは立ち見のお客でイッパイ。わたしはこのツアー中はビデオ班なので、衣裳をイスに掛けて自分の出番のときは抜けて下手の花道から登場する予定だったがあまりのお客さんで、excuse meの連発となる。『花札伝綺』はインドネシア版はかなり大胆に作り変えた。で、インドネシア語も部分に織り込んである。トモの前口上のHARAKIRIの連発で大いにも盛り上がり、リナのインドネシア語の台詞で一気にトップシーンの歌と踊りで観客は大盛り上がり、ラストシーンまでまったくの緩みのないままエネルギー全開で疾走した。わたしも2シーン見事に歌いましたよ。『流浪の旅』のうたのあと、♪ブンガワン ソロ と口ずさんだら、そりゃ!!

終演後、例によってアフタートークと交流会。
寺山修司と三島由紀夫の「生と死」の美学について、津波や大地震を経験しているインドネシアの人々と日本の演劇人の仕事についてイロイロ。次回は必ずワークショップをやってほしいという要望と是非、演劇学科の生徒をスカウトしてほしい・・・・には苦笑。

最後のディナー、Y教授の手作りと焼き鳥、焼き山羊美味し。

バラシ、劇場スタッフ・芸術学科長と一緒に記念撮影、これがほんとにながーい撮影となる。

荷物の梱包。
で、現地の皆さんと一緒に打ち上げ。ビールと焼き鳥で全員大いに盛り上がる。Y教授やJ教授に流山児★事務所の劇団としての力は世界に誇るものと絶賛される。インドネシアにはこんなスタッフ力、集団の演技力を持ったカンパニーはないと賛辞。ありがとうございます。
・・・・・・
東京にいる劇団員は若杉、米山、栗原、武田、麻名美の5人。ほかは全員今回のツアーに参加している。劇団のレパートリーを劇団員のみで世界を日本をツアーするこのシンプルなことをやる。その仕事が国際的に評価される。舞台芸術集団の目指す道といっていいだろう。
・・・・・・
ホテルで小休憩。
体調不良が2人、疲労がたまってくる時期である。一応病院へ行って薬をもらう。
深夜1時過ぎ、大型バスでジョグジャカルタへ移動。深夜のお別れ、Y教授が全員にハグ!
10時間近くの大移動。本当にインドネシアは広い!!
朝、目を覚ますと熱帯を感じる風景。

お昼前にジョグジャカルタのTeMBI RuMAH  BUDAA に到着。
すごい劇場である。石作りの伽藍。ガムランや古典芸能の公演で使われている芸術観光の複合施設、ギャラリーやワークショップや稽古をする施設もあり、プールつきのホテルには海外からの観光客も、結婚式にも使われている。芸術監督のマリアさんは大の親日家。初の現代演劇の劇団の公演!なんとしても成功させねば。心意気、高し!である。
・・・・・・・
眠い目をこすりジョグの街へ。久しぶりの休日。
大きなデモに遭遇したり、海外は面白い。そういえば、イラク戦争開戦反対デモに遭遇し「反対!」と叫んだのはトロントのアメリカ大使館前だったっけ?9・11の時はエジプトだった。
・・・・・・
夕方、『花札伝綺』仕込み始まる。照明はなんとか吊りこみまで。
暑さも夕方になったら風が出てすごしやすくなった。それにしても周り中、田んぼ・・・いいなあ。
心休まる、癒されるインドネシアの旅である。