流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

いつものようにお昼過ぎからラジオ体操。
トップシーンの唄と動きを変え。
14時ゲネプロ、公開という事で30人近くの客。メディアもいくつか。
ハラハラドキドキのゲネプロとなる、が、基本的な事はきっちりと出来上がっている。
これで、大丈夫!
・・・・・
17時30分もう一度チェック。
なぜか、「大いに余裕あり」の客席が開場時間までにどんどん予約で埋まってゆく。
満席のスズナリとなる。
初日らしく、数多くの知り合いとパラダイス一座のファンでぎっしり。
うれしい限りの「初日」となる。
・・・・・・
ほぼ、完璧の芝居。
みなさんの集中力とエネルギーに頭が下がる思いである。
アドレナリンは老化しない、という舞台監督の名言を皆さんに伝える。
そう、アドレナリンは誰にだってある。

ラストの「青い山脈」の大合唱、役者紹介。
鳴り止まない拍手。
ダブルのカーテンコールかもしれないが、私が出て行って「今日は昼の稽古、ゲネプロでバンチは疲労困憊ですのでコールは勘弁してください」とお客さんに。
これからも、この手で行くことにした。
・・・・・
初日乾杯。
ビール1杯でほろ酔いに。
瓜生さんも節制してほとんど飲んでいない。
哮夫さんも千穐楽までは禁酒を宣言している。
体力、集中力との勝負。
まだ、9ステージ。9日も公演はあるのだ。
平均年齢80歳の演劇人たちが、本当に命を削って芝居を創っているのだ。
・・・・・・
明日から3日間は「残席僅少」の日々が続く。
が、まだ当日券は十分に準備しています。
ぜひ、ふらりと下北沢スズナリへおいでください。
座員一同お待ちしています。
朝久しぶりのラッシュアワー。
下北沢、朝マック。
9時から明かりつくり。
沖野マジックに付き合って次々と。
12時過ぎにはなんとか。
3時間で明かり創りをとりあえず終える。
・・・・・
2時過ぎバンチ集合。いつものように、ラジオ体操。マッサージ。ストレッチ。
2時半から6時近くまで、じっくり、場当たり。明かり合わせ。順調に進む。順調すぎて気味の悪いぐらいのテンポ。
・・・・
本多さんの奥さんも来てくれて「通し」。本多さんのいい意味の批評家でもある奥様がいてくれてうれしい限り。本多さん、最高のパフォーマンス。全くミスなし。スゴイ。もちろん、皆さんも最高のコンディションか?一番落ち着いた「通し」となる。

ダメ出し、これでいい感じで「初日」を迎えられそうである。
・・・・・
日刊ゲンダイの「ウイークエンドプレビュー」のページの「年末必見の舞台2本」にバンチが選ばれていて掲載されている。


「平均年齢80歳!超シルバー劇団「パラダイス一座」の「オールド・バンチがついに、完結!」

「06年〜09年に期間限定で活動したシニア劇団「パラダイス一座」が再結成。あす16(金)から下北沢
ザ・スズナリで「オールドバンチ〜男たちの挽歌・完結篇〜」を上演する。シニア劇団といってもただのシニアではない。瓜生正美(劇作家・演出家:87歳)、岩淵達治(ドイツ文学者・演出家:84歳」
中村哮夫(演出家:80歳)、本多一夫(本多グループ社長:77歳)、肝付兼太(声優・演出家:76歳)
ふじたあさや(劇作家・演出家:77歳)、二瓶鮫一(俳優:74歳)、バンチシリーズ「初」のヒロインは美人女優:赤座美代子、観世榮夫が「映像出演」し、戌井市郎も「あっと驚く」カタチで出演する。舞台美術は妹尾河童(84歳)。
過激なジジイたちが企てた銀行強盗。その要求とは?
ナガサキの原爆投下からフクシマ原発事故までの「戦後ニッポン」の欺瞞を撃つ大アクション・サスペンス劇。(16(金)から25(日)まで!!!

共同脚本:山元清多・佃典彦
演出:流山児祥
夕方、16時過ぎにスズナリに行くとあの、セットがでーんとたったいる。
凄い存在感、まさに西部劇。それにしても、凄い!河童世界。
照明シュートまで順調にすすむ。
第22回下北沢演劇祭結団式に出席。
保坂新区長に挨拶する。
本多社長は企画委員長。
22年間、町の演劇祭として成長している演劇祭に参加できてうれしい限りである。
何人かの知り合いとあいさつ。
・・・・・・・
読売夕刊にパラダイス一座の記事。

「平均年齢80歳 超円熟の一座」 平均年齢80歳の劇団「パラダイス一座」が、16日から25日まで東京・下北沢の下北沢ザ・スズナリでオールド・バンチ「男たちの挽歌(エレジー)完結篇(へん)」を上演する。

 同劇団は演出家の流山児祥(りゅうざんじしょう)が呼びかけ、2006年、戌井(いぬい)市郎ら高齢の劇作家、演出家らで結成。09年の同劇団解散後、再結集を望んでいた座長の戌井らが亡くなったが、創設メンバーの演出家・中村哮夫(たかお)=写真左=は「追悼ということでなく、(戌井さんに)『楽しくやってますよ』と伝える」気持ちで立つ。

 最初に上演した「オールド・バンチ」を再演する予定だったが、脚本の山元清多も亡くなったため、佃(つくだ)典彦に依頼、新たに脚本を作り直した。戌井の等身大のパネル=同中=を登場人物として舞台に上げるなど、ベテラン演劇人らしい遊び心や粋に満ちている。

 創設メンバーで演出家・劇作家の瓜生正美=同右=は「俳優の方が楽しい。何といっても舞台は俳優のものだから」。演出の流山児は「みんないい俳優になってきていますよ」といたずらっぽく評した。(電)03・5272・1785。

(2011年12月14日 読売新聞)
・・・・・・
今日の日刊ゲンダイにも掲載予定。
さて、今日は朝9時から明かりつくり、お昼過ぎから明かり合わせ。
なんとか、夜には1回「通し」しようと思っている。
いよいよ、オールドバンチ完結篇がベールを脱ぐ。

それにしても、まだ、16(金):初日19時開演の回、
なぜか「大いに余裕あり」のステージです。
ぜひ、初日に下北沢ザ・スズナリにお出で下さい。
面白いですよ。
座員一同お待ちしています。予約は03−5272−1785(流山児★事務所)03−3469−0511(ザ・スズナリ)
・・・・・・・
雨である。
オールドバンチ完結篇本日9時からスズナリ仕込みである。
照明、音響部が先に動き出す。
あの河童さんの巨大なスーパーリアリズムのセットが10時から搬入。
1日仕事の舞台つくりが始まる。
それにしても、凄いセット!昭和の世界、西部劇の世界の現出。
この舞台装置を見るだけでも価値があります。
是非、スズナリにお出でください。
・・・・・・・
今夜は第22回下北沢演劇祭の結団式。
『田園に死す』で参加する為、久しぶりに結団式参加。来年2月もスズナリである。
下北沢の皆さん、よろしくお願いします。



最終通し。
ほぼ完ぺき。
ほんとにお疲れ様でした。
ほぼ、ダメ出しなしのファイナル稽古となる。
衣裳も最後のチェック。
カッコいい!
1時間40分、見所満載。
・・・・・・
稽古場バラシ。
明日はスズナリ。
朝から仕込み。
河童さんからセットの出来上がった職人さんたちとの記念写真も稽古場に届いた。
ステキなセット。ありがとうございます。
水谷さんからの素敵なプレゼントも・・・・・これまた、ありがとうございます。
・・・・・・
12月13(火)毎日新聞朝刊 遊ナビ:ステージ掲載。16(金)〜25日(日)、下北沢ザ・スズナリ。脚本=山元清多、佃典彦、演出=流山児祥、出演=瓜生正美、中村哮夫、赤座美代子ほか。旗揚げ公演(06年12月)の台本に佃さんが加筆して上演する。ある銀行の午後3時、閉店時間。何故かその日は、老人たちがロビーにたむろしていた。そして、奇妙な銀行強盗「事件」が発生する。人質をとり、老人たちが要求するモノとは……? が、果たして「事件」は起こったのか? 問合せ03−5272−1785 流山児★事務所
7回目の通し。
今日から、もう一人の舞台監督、森下君が稽古場に。バンチ一家が全員そろった。6年間不動の、最強のスタッフ陣である。初演通りのスーパーリアリズムの河童ワールドが6年ぶりにスズナリに戻ってくる。舞台美術とは何か?がここにある。今回、初の「東宝舞台」発注の超豪華版!!これだけでも必見の価値あり!ですよ。

それにしても、順調に、確実にバンチワールドが出来上がってゆく。
みなさん、ここにきて物凄い集中力とチームワークである。
ちょっとしたことでは、がたつかなくなってきた。
今日は「初」の「暗転稽古」も。
早稲田の稽古場は真っ暗になる。ここで出来たら、スズナリはもっと楽。
何度か繰り返し完ぺきに。瓜生さんはどうやら暗転が苦手らしいが・・・・。

7回目の通し。7回も通し稽古をやるというのも「初」。
わたしも、3回目の通し。舞台上にいるのであくまでも役者でいなければいけないのだが、どうしても演出家の目で見てしまう。いかん、いかん。
が、ソコにたてば違うことも見えてくるから面白いものだ。
・・・・・・・
稽古場打ち上げを上の「北京」で、全員参加。
大きなテーブルを2つ、20人余り。食って飲んで2時間。
久しぶりにみなさんと和気藹々の呑み会となる。
紹興酒の大瓶10本余りがあっというまに空いた。
・・・・・・・・

さて、今日も快晴。
8回目の通し。
2ヶ月近くの稽古が終わる。
明日はスズナリ仕込み。
明後日は明かり合わせ、通し稽古。
12月16(金)、14時公開ゲネプロ 19時:初日 の「最初で最後」の1日2ステージとなる。
16(金):初日19時開演はなぜか「大いに余裕あり」のステージです。ぜひ、初日に下北沢にお出で下さい。
面白いですよ。
5回目の通しである。
衣裳メイク付き。
サボが哮夫さんをマレーネ・デートリッヒばりにメイク。
赤座さんも衣裳、ウィッグ。
2大女優絢爛たる競演である。
本多さんの歌うときの衣裳も凄い。
・・・・・・
前半、イロイロアクシデントあるも、3幕はほぼ完ぺき。
私も初稽古。
いや、役者になってイザ出るとなると・・・・・いろいろごめんなさい。
明日から、きちんと役者の一員としてぐわんばりまーすのでヨロシク。

ダメ出し。
真実さんがラストの振付を変更。これまた、よろし。
今日はギャラリー多数。産休中の麻理が子供を連れて見学。前2作には三味線弾きで戌井さんのシーンに出演していた。衣裳の真紀子さんもレン君を連れて。いやはや、子だくさんの劇団である。
・・・・・
毎日新聞の社会面の「人・模・様」の欄に大きくバンチの記事が。
「平均80歳の演劇集団復活!」
とある。以下が記事。

「平均年齢80歳の演劇人らによる「パラダイス一座」の特別公演「オールド・バンチ男たちの挽歌」が16〜25日、東京・下北沢のザ・スズナリで上演される。昨年12月、94歳で世を去った戌井(いぬい)市郎さんが座長を務めた高齢者演劇集団の復活だ。

 一座は06年、当時90歳の戌井さんや演出家の瓜生(うりゅう)正美さん(87)、中村哮夫(たかお)さん(80)ら約10人で旗揚げ。義理と人情、戦争の問題も盛り込んだ「オールド・バンチ」シリーズ3作品を上演して09年2月に解散した。「戌井さんがもう一度やりたいと言い出し、我々も一度限りと賛成した」と中村さん。だが昨年、脚本家の山元清多(きよかず)さんに次いで戌井さんも旅立ちメモリアル公演に。

 故・菊田一夫さんの演出補佐を経てミュージカルを手がけた中村さんは「我々は演劇が好きだという一点で集まった」。舞台では戌井さんのパネルが登場。女優の赤座(あかざ)美代子さんが特別出演する。演出を担当する流山児祥(りゅうざんじしょう)さん(64)は「戦前、戦後を生き抜いた老人パワーを感じてほしい」と話す。」
【明珍美紀】毎日新聞2012年12月10日夕刊、社会面。

それにしても、寒い。
冬である。
オールド・バンチの冬である。
いつも、この季節に演劇界の長老たちと、私たちは世界の何処にもない芝居を創っているのである。
それにしてもステキな座組、素敵なカンパニーである。感謝。
・・・・・・
稽古は順調に進んでいる。
通し稽古に入って今日で4回目。
昨日気になっているところを重点的に稽古をみっちり。
今日もギャラリー多数。
15時過ぎから「通し」。ここにきて、凄い集中力とチームワークぶりである。
快調に飛ばすバンチ達、ほぼ完ぺきに近い形で出来上がりつつある。
ま、ナマモノでいる時間をどうしても作りたい演出家の性癖?でちょっといびつなところも。
ま、すべていたらぬ、無能な演出家の私の責任である。
明日はもっとクリアにシンプルにしよう。
・・・・・・・
上演時間1時間35分、いい感じにまとまってきている。
通しの後、トップシーンをもう一度、念入りにチェック。
7時間近くも稽古場にいるとさすがに疲労の極致。
ほんとうに、お疲れ様でした。
・・・・・・・・
あと4日!明日は衣装付け通し。哮夫さんのメイクも。まさに、本番近し!の感あり。
映像チェック。やることは、いっぱい。
それにしても、さすがバンチ驚異の勢いで決めてきている。とりわけ、瓜生正美さんの集中力は半端じゃない。こんな、87歳っているか?!負けちゃいられないゾ、若手たち、でもって、俺だ!!
////////

一川防衛相と山岡消費者相への問責決議可決。
流山市から北九州市のリサイクル会社に処理を依頼したごみの焼却灰の一部から放射性物質が検出、北九州市から流山市に送り返された。リサイクル会社が焼却灰の中から金属部分などを取り除いた残りの灰の63トンを調べたところ、30%近くに当たる18トンの焼却灰から1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性物質が検出された。流山市清掃工場は、保管している灰が600トン近くに上り、1月中にはいっぱいになるが、処分先などを確保するめどは立っていない。
・・・・・・・
なお、流山児★事務所2012年2月ザ・スズナリ公演
寺山修司:原作 天野天街(少年王者舘):脚本・演出『田園に死す』明日から前売・予約開始です!!チケットはお早目にお買い求めください。
パラダイス一座今日から昼・夜稽古。
ハードな1週間となる。
稽古前に、読売新聞の取材。M記者、演劇記者になりたて。
瓜生さんと哮夫さんの両長老。
戌井さんの思い出を交えてインタビュー。

いつものように、ラジオ体操から始まって歌と動きのチェック。
そうこうやっているうちに夜である。」
7時前から3回目に「通し」。今日から一切のプロンプなし・・・・。
まだ。焦ることはない、みなさん、やるべきことは分かっている。スタッフも全員集合、音響操作は10年ぶり?の青陰さん、映像は莉奈、舞台部は阿萬、直美、山下、小川の4人、バンチ最強のスタッフ陣が稽古場でてきぱきと動いている。

1時間40分、なんとかラストまで。まだ、あと6回通せる。焦らず、楽しく、じっくりと。
ま、俺も稽古しなきゃである。


「悲劇喜劇」に「ユーリンタウン」劇評。好評である。ミュージカルらしい弾み、ラストは秀逸。

・・・・・・・
1日おきに晴れたり曇ったりの冬の日である。
12月8日、ジョンレノンの命日、太平洋戦争開戦の日、仏陀成道(悟りを開いた日)である。



稽古も大詰め、という感じである。
後半、3幕に入って一挙に芝居がハチャメチャに動き出す。
この暴走感がいい。
スピード感と独特のまったり感が奇妙に入り混じってくると、世界の何処にもないモノが。
その一角をわたしも役者として担うことになる。
来週からは代役(新人の哲史がやってくれている)じゃなくて自分でやることにしているが、まだ芝居全体が「まったく安定しない(これが面白いのだが)」のに、下手な役者の俺が入れば・・・・というわけで・・・・。ま、これはこれで、いつも通りである。

稽古終了後も赤座さん、二瓶さんはドュエットの稽古。マイ・ブルー・ヘブン。
哮夫さんに毎日新聞のMさんの取材。Mさんは東京版の記者。バンチ・メンバーにメディアの取材が次々と・・・・さすが、パラダイス一座「特別」公演である。ぜひ、彼らの語る《戦後と現在》を多くの皆さんに伝えたいものだ。
・・・・・・・
寒い、冬本番。
天気予報には雪?から雨と。
それにしても、寒い。
今日もお昼からいつものように、稽古。
カウントダウン、あと12日!で、なんと小屋入り!である。
2ヶ月稽古なんて、あっという間である。