流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

さて、オールド・バンチ振付稽古の開始である。
今回も北村真実先生。『続オールドバンチ〜復讐のヒットパレード〜』からの付き合いである。
歌にちょっとしたアクセントが付くと、それだけで空間がイキイキと生き返る。
今回もトップシーンから様々な動きを、それも無理なく、高齢者のカラダにあったステージング。
ただ、真実先生おの要望に応えるほうは、それはそこそこ大変。
ああだこうだと行きつ戻りつ、稽古場は大爆笑。

バンチの伊達ぶり、イナセぶりをより増幅させるその振る舞いを自分のモノにするには・・・・・。
が、オモシロイ。
22時終了予定のところを30分超過。夜遅くまでの稽古となる。
・・・・・・
黙阿弥の『鼠小紋東君新形〜ねずみ こもん はるの しんがた〜』と野田秀樹の『野田版:鼠小僧』をじっくり読んでいる。来年の歌舞伎プロジェクトに向けた勉強である。最近、黙阿弥を歌舞伎台本を読むにつけ歌舞伎の面白さが・・・・・。
・・・・・・
さて、今日も振付稽古。ラストまでゆっくりやります。
ご期待ください。
2012年2月ザ・スズナリ公演『田園に死す』の優先予約ももうすぐはじまります。
今年も、あと1か月余り。
バンチの稽古もあと、2週間。追い込みである。
いよいよ、バンチ初通し。
わくわく、どきどきの初通しとなる。
じっくり、3幕真ん中まで当たり、産経新聞の取材。
文学座からお借りした戌井先生のパネルを真ん中に全員の記念撮影。
パラダイス一座勢揃いの図。
Iさんから瓜生さんが取材。
私も今回の特別公演の経緯と5年間の歩みについて。
恒例の上演戯曲も掲載おされている豪華パンフレットの最終校正をみる。
今回は本当に豪華版。シリーズ4作品についても触れているし、対談、インタビュー、戯曲、これで1500円は安い!ほぼ原価。例年800部近く売れるのだがスズナリではなかなか販売しにくい。ま、劇場の中でも売ろうと思っている。5年間のパラダイス一座のすべてが掲載されているパンフ、是非お買い求めください。
帰宅して、若き談志師匠の「居残り佐平次」を観る。巧い。
・・・・・・・
というわけで、今日も快晴のトーキョー。
初通し、振付の真実先生もやってくる、スタッフ全員集合の初通しである。
立川談志師匠死去の報。予想はしていたが愕然とする。天才の死。家元は言った「落語とは人間の「業」の肯定である」と。ひさしぶりに「芝浜」でも聞くとするか。

・・・・・・・・・
ゆっくり、だが確実に進んでいる「バンチ」の現場である。
佃君が稽古場に来てくれた。一か所考えていたところを、作家に考えてもらい、すぐ決定。腸の具合が悪くて(血圧が50近くまで下がった!という)2週間前ぐらいに入院したが、今は元気である。「土管2011」の稽古という事で名古屋に帰っていった。9年ぶりのB級遊撃隊東京公演「土管2011」座・高円寺公演は『オールドバンチ・完結篇』とモロかぶり、観たいと思っているが、果たして・・・・。

1・2章をじっくり稽古。
明日から「通す」形での稽古にする。
これからが大変。
さて、本番まで20日!もう1か月以上「バンチ」は稽古場にいるのである。
・・・・・
夜はスズナリ開場30周年記念公演『うお傳説』(山崎哲:作 関美能留:演出)を下北沢で観る。30年前の名作。テキストを読む、それも《集団》で読むことである。過剰なる肉体性を持ったコトバを吐く行為にはエネルギーがいる。確実に「他者」が存在し「身体」が存在していた時代のコトバが宙に舞い浮遊していた。終演後、この作品を1981年に演じたびんちゃんと居酒屋で深酒。いかん、いかん。江森さんとスズナリでも、あって、立ち話。演劇の衰退について・・・?
・・・・・・
バンチは元気に、あと20日!

楽塾「十二夜」台本なんとか第2稿を書上げる。
楽塾の稽古も27(日)から始まる。
2012年の5月座・高円寺2での上演に向けて6か月稽古!なんという贅沢。テキストを《集団で読む》こととは、最低、稽古時間を長くとること・・・・である。
流山児★事務所2012年新人募集の日程が決まった。

今、勝手に今年の新人2人に加えて阿萬、山下、理恵、莉菜、麻名美の5人に2011&12の「新人」を加えて2012年3月に久しぶりに「若手公演」をやろうと思っている。『金玉娘』以来の若手・新人公演になる。即戦力いというか、即戦力は、すぐさま「育成」するしかない!!

「通し」のつもりだったが、結局やめて、3章をきっちりラストまでやることに・・ま、それでいい。本番まで、あと3週間強か、大丈夫、大丈夫である。

ゆっくりじっくり、あせらず・・・・自分に言い聞かせている?

2月公演『田園に死す』約1週間の「本読み」workshopも終わった。全員でとにかくテキストを《読む》作業。《読み込む》作業、この経験は貴重。イイ意味での2012年版の『田園に死す』が生まれる予感。オーディション組もイキイキと読んでいる。これでいい。38人の役者たちによるテラヤマ・スペクタクル。是非、新春のスズナリにおいでください。

なお、寺山修司:作 天野天街:脚本・構成・演出 J・A・シーザー:音楽『田園に死す2012年版』の前売・予約開始は12月10日(土)!イープラスプレオーダー開始は11月25(金)です。前売りのお買い求めはお早目に!!

・・・・・
日暮里のd倉庫で『霊戯〜The Spirits Play』(作:クオ・パオ・クン 演出・構成・美術:佐藤信)を観た。信さんでしかできないパオ・クンの世界。能、昆劇、京劇、現代演劇の俳優たちのコラボ。

夜の荒野、精霊たちで賑やか。夜は幻想的な世界。天と地は何物にも形を変える。万物は皆霊となる。有機物も無機物も生命の繁栄。有形も無形ももまた。霊の世界は混沌としている。

こんなト書きで始まる5人の俳優による8場のテキスト。シンガポール現代演劇巨匠の描く日本人墓地を舞台にしたテキスト。戦争の被害と加害。「わかりあうこと」・・・。楽しく見た。張さん、笛田さんのいい役者ぶり。
・・・・・・
高円寺の座・高円寺1で燐光群の『たった一人の戦争』(坂手洋二:作・演出)、坂手ことし4本目の新作。予想通り放射能汚染を扱ったモノ。高レベル核廃棄物の最終処分場を舞台にしている。超深地層研究所疑似体験から芝居が始まる。見学者たちのドラマならば入り口(最初)から役者も参加すべきだと私は思うが・・・・・・。エレベーターの中から芝居始めてもいいじゃん。もっと、プロムナード(回廊)演劇を期待していたのだが・・・・。ま、来秋の『地球空洞説』ではいろいろやるつもりである。青年劇場の福島さん、高橋さんと駅前の居酒屋。帰ろうとしたら今村くん、ピアニストの村井君らにバッタリ。高円寺である。
・・・・・・
快晴。
バンチ、再びトップシーンから。
じっくり、ゆっくりバンチ完結篇!
・・・・・・・
で、私は来年5月楽塾公演『楽塾歌舞伎☆十二夜』の上演台本書きでこの2週間、アタマがグルグルの日々である。19人の『十二夜』いや、大変!なんとか、第1稿をSさんに書上げて送る。
・・・・・・・・
東電が「来年の夏」に向け、保有する全ての原発が大震災の影響や定期検査で停止しても、火力発電や揚水式発電の増強により、今夏の最大供給力を上回る約5700万キロワットを確保できるとの試算をまとめたことが東電関係者への取材で分かった、という。東電は福島第1原発事故後も「原子力は重要な基幹電源」との立場を変えていないが、実際には「原発がなくても」計画停電などの影響が出ない可能性が高い。原発を中心とした供給計画を立てているほかの電力会社にも、この事実は影響を与える事になるだろう?国内の原子炉54基のうち、東電は17基を保有している。
・・・・・・
オウム裁判が終結した。刑事裁判は終わったが「なぜ、事件が起こったのか?」の答えはついに法廷から出なかった。麻原は何も語らず、沈黙し「死刑」となってゆく。宗教観も真相も何も語られなかった。警察とメディアは坂本弁護士一家殺害事件と松本サリン事件という一種の「冤罪」を共同して生み出している。想像を絶したオウム事件とはいえ「真相」には誰もが迫れなかった《事実》だけがむなしく残った。オウム真理教を生んだのは何か?拝金主義(バブル)時代が生んだ犯罪とかたずけられない。「居場所を失くした若者」たちは、格差社会の「いま」も・・・・・。
・・・・・・・


お昼過ぎからバンチ稽古。
何とかラストまで当たる。
荒立ちもいい感じで進んでいる。
稽古終了時、ハッピーバースデイ。
肝付さん76歳の誕生日。坂本龍馬と同じ日。因みに龍馬は11月15日に生まれ11月15日に殺されている。1835年11月15日それから100年後に肝付さんが生まれている。昔から龍馬の生まれ変わりと呼ばれていたそうである。おめでとうございます。元気に!よろしく。
音響の松本さんが稽古場に。打ち合わせ。
・・・・・・
バンチに専念と思いきや、今日から2012年2月公演『田園に死す』の4日間の本読み稽古が始まった。
2年前と微妙に出演者がちがうのと、オーディションで参加するメンバーのキャスティングの為。
演出の天野天街は「例によって」台本を、これまた微妙に書き換えて・・・・の稽古になる。
38人の役者。さすがに息が・・・・来年正月から本格稽古に入る。これまた、「ユーリンタウン」並みのスペクタクル。トップシーンを全員でみっちり。久しぶりに『田園に死す』を読む、さすがに名作。ただの「再演」にはもちろんしないつもり。2012年版の『田園に死す』ご期待ください!!

休憩なしのノンストップで10時間余り稽古場にいる。
さすがに疲労困憊。
帰宅するとキューバタン。
・・・・・
木枯らし?のトーキョー。寒い。
今日も昨日と同じ、1日中稽古場。
さ、ぐわんばるか。
役者だし!!!
お昼すぎ、渋谷の大和田伝承ホールで結城座の『乱歩・白昼夢』(斉藤憐:作・演出)を見る。
人形と写し絵による乱歩ワールド。憐さんお追悼公演。
「芋虫」「屋根裏の散歩者」「一人二役」「人でなしの恋」
憐さんらしい視点。大正時代の浅草・あさくさ・浅草エレジー。関東大震災。
オモシロイ。人形ってホントに凄い・・・・。アマノと夕沈にばったり。
来年、アマノ演出の『ミス・タナカ』はオモシロイモノになること請け合いである。

久しぶりに渋谷の桂花ラーメンを食って地下鉄で早稲田に移動。

5時から『オールドバンチ〜完結篇』の立ち稽古。第1章、ほぼあたる。
全員ほぼ台詞が入りだしている。
思い切って、1回かるーく「通し」てみる。この感じ・・・・で行きましょう。
明日は2章に入りますよ・・・・と宣言して稽古をとる。

歌も入ってきて、これからです。ぐわんばって楽しみましょう。それにしても、大変。台詞との格闘の日々が続く。

ま、快調である。この調子。
・・・・・・
それにしても忙しい日々である。
鈴懸の道で、秋の訪れをふいに感じながら歩きながら帰宅。
「オールドバンチ・最終章」佃君の改訂部分を含めて読み直す。
仮セットが立て込んである。舞台監督の真理さんと谷、山下の3人で・・・・凄いやつらである。
古い西部劇のセットのような世界、河童ワールドが久々にスズナリに現出する。
・・・・・・
読み稽古を終えて、パンフレット用の座談会。
岩淵先生も加わってバンチ勢揃い。5年間のパラダイス一座を回顧。
やはり、赤座さんが加わって華やかに。女優さんの力?
でもって、最後に「あなたの夢」という質問。
これがいい。♪夢かもしれない でも、その夢を見ているのは 君ひとりじゃない 世界中にいるのさ
・・・・・
誕生日のケーキ。
ありがとうございます。
アマンが松葉杖ひきづってお赤飯。
・・・・・
快晴のトーキョー。
お昼過ぎから稽古。いつものように、ラジオ体操、マッサージ、歌、で荒立ちで行く予定。

私は今日の夕方から福島・郡山で演劇大学workshop。
稽古場は申し訳ないが自主稽古となる。ま、台詞をとにかく入れてもらうしかない。
で、例によって、このブログ、4日間のお休みです。いってきまーす。

・・・・・・・
☆2011年12月パラダイス一座「下北沢特別」公演☆
『オールド・バンチ 〜男たちの挽歌・完結篇〜 』
【公演期間】2011年12月16日(金)〜12月25日(日)
【会場】下北沢ザ・スズナリ 03−3469−0511

【脚本】山元清多・佃典彦(改訂書き下ろし)
【演出】流山児祥
【美術】妹尾河童
【出演】瓜生正美・岩淵達治(映像出演)・中村哮夫・本多一夫・肝付兼太・ふじたあさや・二瓶鮫一・赤座美代子(特別出演)/藤井びん・栗原茂・谷宗和・坂井香奈美・石井澄・町田マリー(映像出演)
【チケット:全席指定】
前売・予約:4,800円 当日:5,000円 シルバー割引(65歳以上):4,000円 学生割引:3,800円
*学生割引・シルバー割引は流山児★事務所のみの取扱い。

【チケット取扱】
チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード415-825)  http://pia.jp/t(パソコン・携帯)
イープラス http://eplus.jp(パソコン・携帯)
ローソンチケット TEL0570-000-407 TEL 0570-084-003(Lコード35126)
         http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
ザ・スズナリ TEL 03-3469-0511(電話予約のみ)

【予約受付中】
流山児★事務所にて「優先予約」開始。土・日の4ステージは、例年通り、「売切」が予想されますので、今すぐ予約!

【予約問い合わせ】03−5272−1785 FAX03−3205−9170 http://www.ryuzanji.com
 流山児★事務所まで。
マイ・バースデー。おいおい、なんと俺、64歳になっちまった・・・である。予想もしない齢まで生きている・・・感じがする。寺山さんが47歳で死んでいるので47歳までは生きたいなあと思っていたし、父が57歳で死んでいるので「なんとなく」父親の年齢までは生きたいものだ、と思っていた。私が20歳そこそこの時、父はひょいと彼岸へ行った。1970年代、わたしたちは嵐のように日本中を放浪していた。こどものころは♪ギラギラ ギラギラ あの地平線が光っている・・・だったが、当時は
♪真っ赤に燃えた太陽だから・・・?父と一緒に呑んだ記憶がそんなにない。もっといろいろしゃべっておけばよかったな、と思う。母は「くそ婆ァの詩」(山松ゆうきち)よろしく、86歳で大往生するまで関東中のギャンブル場へ1年365日!毎日!通い続けて死んだ。まさに尊敬すべき「わたしの母」である。母のように1年365日、稽古場へ通い続けて死にたいものだ・・・いや、冗談じゃなくて本気。

『オールドバンチ・完結篇』ひさしぶりの稽古再開である。荒立ち!からの「再開」。
仮セットが組まれて、本番通りのSpace早稲田。
かくして、楽塾発表会は『オールドバンチ』の仮セットを使ってやることに?!これまた!

今週はバンチの稽古を2日ほどお休みして、福島:郡山での「初」の演劇大学。びんちゃんも日曜日のsymposiumにやってくる。びんちゃんは郡山出身。1973年、『女剣劇!三銃士』という作品を演劇団公演としてやったことがある。40年も前の話である。

さ、大先輩がた、楽しく、じっくり稽古やりましょうね。よろしくお願いします。

・・・・・・・・
 2年ぶり!あの「七人の侍」たちが2011年師走の下北沢:スズナリに帰ってくる!!見逃すな!パラダイス一座特別公演。只今、優先予約受付中!!

 前代未聞の「演劇の冒険」として始まった平均年齢80歳の高齢者劇団=パラダイス一座は2009年2月下北沢本多劇場で『続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜』を上演し3年間の活動を終えた。

 パラダイス一座は、シニアによる演劇のアモルフな反乱=自由の「解放区」を日本中に生み出す?という演劇の持つ《自由さ》を指し示した。

 2006年、90歳の日本演劇界の最長老の演出家:戌井市郎を筆頭に瓜生正美、岩淵達治、観世榮夫、中村哮夫、本多一夫、肝付兼太の「七人の侍(俳優)」と、舞台美術:妹尾河童、音楽:高橋悠治が結集したパラダイス一座旗揚げ公演。宣伝写真は、世界のアラーキー:荒木経惟という最強の布陣となった。 パラダイス一座という集団名と『オールド・バンチ』というモノガタリをわたしと一緒に考えたのは、敬愛する黒テントの劇作家(アニキ):山元清多であった。

 第2弾はこれまた敬愛するB級遊撃隊の劇作家(オトウト):佃くん。彼が元さんのバトンを受けて「伝説の殺し屋たち」のモノガタリ『続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜』を書上げてくれた。

 ファイナルの第3弾は、ふたたび、元さんにバトンタッチ。奇想天外、驚愕のオカマの戦友たちのビルマへの帰還を描くアクション大作であった。不動のメンバーに新加入が3人、作・演出家のふじたあさや、俳優の二瓶鮫一、音楽は林光という超豪華な顔ぶれとなった。本多劇場公演は「連日満員御礼」のカンドーのファイナルであった。

 ところが、解散後、半年もたたないうちに、座長の戌井さんが、もう一度『オールド・バンチ』をザ・スズナリで公演しようよ、と言い出した。2011年のクリスマス、95歳の「新鋭俳優」として戌井さんは舞台に立ちたかったのだ。勿論、他のメンバーも一度限りの「特別公演」に賛成した。脚本はもちろん、元さん。が、2010年、山元清多、戌井市郎の両氏が相次いで彼岸(あっち)へと旅立った。

 こうなりゃ、やるしかない!観世榮夫、山元清多、戌井市郎メモリアル公演! 佃典彦・山元清多:共同脚本『オールド・バンチ〜男たちの挽歌・完結篇〜』

 ヒロインに赤座美代子さんを迎え!不良ジジイどものモノガタリの「完結篇」!派手にぶちかまします。もちろん、観世さん、戌井さんともども此岸(こっち)へ戻って「映像出演」してもらうパラダイス一座オール・スターキャスト公演。名曲「青い山脈」大合唱付きです。

演劇は誰もが一生、遊び戯れられるモノ。劇場はパラダイス。下北沢でお待ちしています。
楽塾「から騒ぎ」しこしこ少数でやっています。
あーでもない、こーでもないの一進一退。
これでよろしい。
で、もっと切ればといらぬお世話。で、30分あまりの超ダイジェスト版に。
別に作品を作るわけではない、使用テキストでしかない。シェイクスピアさんもも野田くんも怒りゃしねえよ、このテキストで如何に「自分たちのモノガタリ」を作るかだ。
・・・・・・
16時、パラダイス一座特別公演『オールド・バンチ〜男たちの挽歌・完結編〜』顔合わせ・本読み。
舞台監督の真理さん、衣裳の真紀子さん、美術補の水谷さんも参加。

急遽、荒立ち!とする。
前回の美術の位置にバミリ。仮のベンチ。
誰に向かってしゃべっているか、テキストの確認をしながら3時間みっちり。

稽古終了後はいつものように、パラダイス一座の豪華パンフレット用のインタビューも始まった。
「ユーリンタウン」の本番のためしばらく稽古が出来ない。
次は立ち稽古です!と宣言し稽古を終える。
そてにしても、皆さん元気である。平均年齢80歳の超高齢軍団:パラダイス一座本当の最終公演に向けて出発である。

その後、討ち入り記念呑み会に突入。22坪に役者のほぼ全員が。昨日は、高円寺で「ユーリンタウン」別所さんの参加という事で、役者ほぼ全員の討ち入り呑み会をやった。ま、呑んで一味同心の世界、それが演劇渡世である。

というわけで、ユーリンタウン、楽塾、パラダイス一座、同時並行入り乱れての秋・冬である。楽しくいきましょう、生きましょう!である。
・・・・・・・・・