流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【4年ぶりの演劇祭開催です】

ということで、今年の秋、4年ぶりに、9月15日(木)〜12月4日(日)までSpace早稲田演劇フェスティバル2016を開催します。
オープニング作品は、注目の劇作家:詩森ろば(風琴工房)の新作書き下ろし・演出『OKINAWA1972』ロングラン上演です。わたしは久しぶりに「役者」に専念します。ぜひ、ご覧ください。

映画「生まれる」、北村想リーディング、大人のための演劇ワークショップとSpace早稲田でじっくりいろんなことやります。劇団員は「おせつときょうた」「劇団ユニットラビッツ」「けさらんぱさらん商会」と3演目に出演しています。
2016年秋・冬はSpace早稲田にじっくり腰を据えてモノ創りの日々です。
ご期待ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Space早稲田演劇フェスティバル2016、4年ぶりに開催します。

この「危機の時代」に、再び小劇場運動の《新しい出会い》を目指し、4年ぶりに“Space早稲田演劇フェスティバル2016”を開催します。劇場とは、自由に「他者」と《出会う》解放区であり、市民・民衆の自由空間(アジール:避難所)です。劇場を市民・民衆のアジールとするのが、わたしたち芝居者の仕事です。そんな芝居者の祭が“Space早稲田演劇フェスティバル”です。また、この演劇祭は、次世代を担う若い演劇人、実力あるベテラン演劇人たち、地方の演劇人たちの《出会い》と《交流》の場です。

未曾有の震災に見舞われた九州・熊本から九州「劇」派(福岡との連合ユニット)が、唐十郎作品を、東北・福島の劇団ユニット・ラビッツが、佐藤茂紀の新作音楽劇を引っ提げてやって来ます。そして、3回目の参加となる伊藤和重率いる人気劇団:IN EASY MOTION。初参加は、実力派けさらんぱさらん商会、お笑いの世界から「おせつときょうた」が殴りこみ。注目の演劇プロデュースユニットAmmoも新作を上演します。
3.11以降、集団的自衛権行使、特定秘密保護法下の「危機の時代」の演劇がここにある。演劇は「時代を映す鏡」です。真摯に「現在」を創りあげるクリエーターたちとの《出会い》、舞台芸術の豊かさ!を実感する3ヶ月間をお楽しみください。   

ふらりと、早稲田へおいでください。決して只じゃ帰さない!!

       Space早稲田芸術監督:流山児祥
2016-06-13 13:41 この記事だけ表示
「非戦を選ぶ演劇人の会」の呼びかけに応じて5月15日夜・フクシマ・トーキョーで同時上演する@Space早稲田ピースリーディング
出演者募集!

の呼びかけに、本当に多くの皆さんからの「参加希望」の申込みがメールやfacebookを通じて、届いています。
ありがとうございます。

たぶん、30人以上の参加者になりそうです。
昨日、作家の佐藤茂紀さんと会い「大幅に書き換えてくれるよう」にお願いしました。稽古は13(金)〜15(日)の3日間、演出は流山児★事務所の小林七緒、私ももちろん「出演」します。

フクシマの《あの日から現在そして未来》を描く、フクシマ・トーキョー同時開催(上演)のこの企画。
ご期待下さい。

『うつし世は夢 夜の夢こそまこ』(仮題)
作:佐藤茂紀(劇団ユニットラビッツ)
演出:小林七緒(流山児★事務所)
企画:流山児祥

日時5月15日(日)@Space早稲田 19時開演(上演時間1時間(予定) 終演後:大アフタートーク開催予定。
※入場無料!!

出演者は4月12日(火)発表予定。もうしばらくお待ち下さい。
2016-04-08 15:01 この記事だけ表示
と、いうわけで、楽塾今年最後の稽古。
寺山修司版「女の平和」2016年5月GW @台湾国立劇場公演、きっちり稽古進んでいます。キャスト入れ替え、新人4人!いやはや、大変!が、まだ5ヶ月ある。勝負は2016年4月、びったし1ヶ月!
1月から北村真実先生の振付も始まる。どんどん、行きます。

で、稽古を終えて恒例の忘年会。
いつものように凄い量の皆さんの手作り料理に舌鼓。
本当にお疲れさま、来年もよろしく。

少し早く抜け出して、池袋の芸術劇場のギャラーへ。
「紛争地域の演劇」シリア 伊藤弘子出演のリーディング。
『夕食の前に』(シリア)作:ヤーセル・アブー=シャクラ 演出:シライケイタ(温泉ドラゴン)出演:伊藤弘子(流山児★事務所),蓉崇(タップチップス企画)〜政治闘争の中で「殉教」した父の不在が母と息子を引き裂き、政治、社会への根深い不信が母子の間に激しい葛藤を生み出すモノガタリ〜世界初演!!

でもって、巷は師走だが稽古三昧の日々が続く。

今日から3日間「西遊記」チェック稽古。
明日から「キネマと怪人」も加わって早稲田は昼夜稽古。
いやはや、面白き、役者=人生である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【文化庁委託事業◎平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業◎日本劇団協議会制作◎新進演劇人育成公演〜俳優部門..〜】

音楽劇『キネマと怪人〜喜劇・昭和の世界その2』

作:佐藤信
演出:西沢栄治
プロデューサー:流山児祥

ホテル「ひばりケ丘(ビバリーヒルズ)」で繰り出される、それはまるで映画のワンシーンのような夢と覚醒のイメージの連続。

ラストエンペラー:満州皇帝:溥儀やその妻たちと思われる人物などが登場し「満州国」の建国と消滅から「昭和」をあぶり出す。

華麗で、冷徹に「昭和」を描くブレヒト的音楽喜劇を、『阿部定の犬』で佐藤信からの信頼を得た西沢栄治が、新進演劇人+実力派役者陣たちと共に、前回以上に深く読み込み、より明確に《現在の視点》で創り上げる音楽劇。

音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗(Chairoi purin)

【出演】山ア薫・神在ひろみ/山下直哉・山丸莉菜・五島三四郎・佐原由美/
栗原茂、甲津拓平、里美和彦、廣田裕美、流山児祥(以上、流山児★事務所)/
井村昂(少年王者舘)、宮崎恵治(黒テント)、眞藤ヒロシ(フレンドスリー)、佐野陽一(サスペンデッズ)、阪本篤(温泉ドラゴン)・龍昇(龍昇企画)

2016年1月29日(金)〜2月14日(日)Space早稲田
(東西線早稲田駅1番出口右へ1分)

全席自由(入場整理番号付き)前売/3,500円、当日/3,800円、学生・U25(25歳以下)3,000円、
高校生以下/1,000円
*割引券(学生、U25、高校生以下)の取扱は、日本劇団協議会と流山児★事務所のみ。学生証や年齢を確認できるものをご提示いただきます。
ローソンチケットTEL0570-084-003(Lコード35638)
日本劇団協議会 TEL03-5909-4600(平日10時〜18時)
流山児★事務所 TEL03-5272-1785(平日13時〜17時)

[流山児祥への予約は]
https://www.quartet-online.net/ticket/kinema?m=0abjgca
2015-12-20 10:42 この記事だけ表示
●第1次募集締め切り迫る・・・・・・・9月15日(火)

【Space早稲田演劇フェスティバル2016 4年振りに開催!参加団体を募集しています!】

この「危機の時代」に、再びの小劇場演劇の《新しい出会い=運動》を目指し、“Space早稲田演劇フェスティバル2016”を開催します。 多くの反響と《出会い》を生み、高い評価を得た、濃密な小空間の中で開催される演劇フェスティバル、4年振りの開催です。


劇場とは自由に「他者」と《出会う》解放区であり、市民・民衆のための自由空間(アジール=避難所)です。劇場を、市民・民衆のアジールにするのが芝居者の仕事です。そんな芝居者の祭、それが“Space早稲田演劇フェスティバル2016”です。


客席60〜70席の小劇場=Space早稲田を《開かれたアトリエ》として若手劇団、地域劇団に、廉価で開放します。ただし、Space早稲田は、駒場アゴラ劇場、池袋シアターグリーン、王子小劇場といったいわゆる「小劇場」ではありません。あくまでも、流山児★事務所のアトリエ(稽古場)です。劇団公演も「アトリエ公演」という形をとって、地域の皆さんに、開場以来の18年間で「理解を得てもらって」上演活動しているのが《実情》です。そういった《実情》をご理解の上、参加していただければ幸いです。志ある演劇人たちとの《出会い》のために、廉価で公演場所を提供する!これが「原則」です。

芝居者の原則(キチンと劇場を使うココロ)を持った人たちと「キチンと出会いたい」のです。現代演劇の最前線を疾走する多くのカンパニーや無名だが気鋭の演劇人の《出会い》の場。ここにトーキョー演劇の《現在》がある! そんなフェスティバルになればいいと思っています。3・11以降、集団的自衛権行使、特定秘密保護法下の「戦争の時代」と切り結ぶ演劇が、このささやかな演劇祭から必ずや出てくると確信しています。

演劇は「時代を映す鏡」です。良質な作品を真摯に創りあげる「夢」クリエイターたちとの《新しい出会い》がある事を期待し、多くの皆さんのご参加を待っています。

2015年7月   Space早稲田芸術監督 流山児祥
       フェスティバルディレクター:谷宗和
       実行委員:塩野谷正幸、阿萬由美、龍昇

【期間】 2016年10月10日(月)〜11月27日(日)
    基本的に「1週間単位」でのご利用をお願いします。 
@10/10(月)〜16(日) 
A10/17(月)〜23(日)
B10/24(月)〜30(日) 
C10/31(月)〜11/6(日) 
D11/7(月)〜13(日) 
E11/14(月)〜20(日)
F11/21(月)〜27(日)

【募集期間】
  第一次募集〆切・・・・・・2015年9月15日(火)
  第一次選考発表・・・・・・2015年9月末

【使用料】
   1週間=21万円(税込)+電気料(実費)

【応募先・問い合わせ】
   流山児★事務所
   電話 03-5272-1785
   〒162-0045東京都新宿区馬場下町60-307
2015-09-10 11:44 この記事だけ表示
というわけで、一昨日は月蝕歌劇団「陰陽師安陪晴明」を学芸大学千本櫻ホールで観る。高取ワールド全開のエンターテインメント。30年ぶりに女優:田中こずえ嬢と再会。
私の唯一の映画監督作品「血風ロック」の美加理とならぶもう一人のヒロインを演じてくれた。そうかあの時は18歳だったんだ!時の流れのなんという速さよ。
終演後の飲み会でこずえや高橋咲さんらと話す。
そのうちじっくりと・・・別れる。

帰宅するとこれまた久し振りに花代さんからメール。
1994年「星の王子さま」@渋谷ジアンジアンで、ゲスト出演歌を2曲歌ってくれた。ヒロインの点子ちゃんの名前を娘につけた。写真家・美術家というかアーティストである。スイスの演劇人を連れて行くからあってくれとのこと。Space早稲田へどうぞ!である。

で、昨日は寺山修司の遺したもの・・・・という感じのインタビュー。
スイスとニューヨークの若者達が東京で蘭さんや、宇野さん、わたしといった人々にインタビューしているようだ。高取君の情報も教える。2時間ちかくみっちり、点子ちゃんの英語がこれまた凄い。英語ドイツ語日本語が飛びかうSpace早稲田である。

で、今日は朝はやくから新宿タイ二ィアリスへ。街を歩くと櫻が2分咲き、春一番の強風である。
韓国の劇団コルモッキルが「満州戦線」(パク・クニョン:作演出)という芝居を持ってやってきている。三味線と畳表6畳分を近くの畳屋さんに行ってもらい、劇場に届ける。仕込中、大阪の劇団MAYのメンバーも。同時上演なのである。本番は明日26(木)〜29(日)まで連日15時、19時の二回上演、是非御覧下さい。

夕方は8月公演「マクベス」に出演する石橋君とミーティング。あれこれ「マクベス」についての妄想話。
早稲田大学は本日卒業式である。
2015-03-25 18:36 この記事だけ表示
昨日:8(金)は、観なきゃ観なきゃと思っていた映画「滝を見に行く」(沖田修一監督)をやっと武蔵野館で朝観ることが出来た。楽塾の桐原三枝が出演している映画。いやあ、面白かった。久し振りに「映画」らしいい映画、ニンゲンがそこにいた。
で、武蔵小金井の結城座へ。差し入れをドンキーで大量に買って行く。
殺陣の稽古のあと2回目の「チャンバラ」粗通し。
どんどん進化・深化している。凄く面白くなっている。が、2時間55分(休憩10分)、もう少し刈り込んで、よりシャープに。終わって再び殺陣とdance稽古。

で、今日:9(土)は、1日中Space早稲田にいた。
楽塾5月公演「寺山歌劇☆くるみ割り人形」の美術作業。
「チャンバラ」でメチャクチャ大変なイワヲが場みり、ラビ、太郎も一緒に午前中から作業。
昼過ぎから夜まで、ノンストップでぐんぐん稽古する。
振付は一応終わっているから、とにかく、大胆にラフデザインを進めてゆく3日間稽古だぜ。
で、恒例の楽塾新年会!
楽塾「くるみ割り人形」と流山児★事務所「チャンバラ」の同時並行稽古。
それにしても結城座は遠い、が、これが芝居の「日常」である。
明日から、朝早くからSpace早稲田稽古、昼から武蔵小金井の結城座の「通し」稽古場。
「チャンバラ」は、あと2日!!「くるみ割り人形」は、あと3ヵ月半。
とにかく、楽しくやろうぜ!!

あ、「チャンバラ」はとにかくオモシロイ、最高傑作に出来上がっています。
わたしが保証します。ぜひ、観てください。
「チャンバラ」あと2日で下北沢スズナリ入り!
鄭義信は「徹底」して創りあげてます。

予約はhttps://www.quartet-online.net/ticket/chanbara2015/entry?urd=8xt0GDiyl9 … … … … … … … … … … …
17(土)残席僅少
18(日)・19(月)は超オススメ。
2015-01-10 23:08 この記事だけ表示
熊本の劇団夢桟敷の前身は35年前早稲田で旗揚げした東京ブラックホールというアングラ劇団。高田馬場にあった群六舎スタジオというdanceスタジオを根拠地に公演をやっていた1970年代の演劇団時代のアングラの後輩でもある。熊本にアングラの灯を点しつづけて30年。

その夢桟敷の「30年ぶり」の執念の東京公演があさってSpace早稲田で「初日」を迎えます。トーキョーでは全く無名と彼らがこの暴挙をやるのは一重に次世代の劇団員に「現場」を体験させる事・・・・らしい。
その心意気や良し!である。

夢現座長と劇作家・演出家:山南純平というアングラ愛に憑かれた二人を、是非見てください!仕込を終えて、寝袋に包まって今夜は劇場に寝る。
寝食共にして旅をする彼らの姿は眩しいかぎりである。

出来ることなら多くのトーキョー演劇人がふらりと早稲田に来てほしいと願うばかりである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■劇団夢桟敷No.65「火の君、鳥の物語」
■12月6日(土)15:00/19:00 &12月7日(日)13:00-
■スペース早稲田
■前売り3000円(当日3500円) 
■予約 yumesajiki@ybb.ne.jp
 https://ticket.corich.jp/apply/59120/
 090-4581-5190(制作)
12月6日(土)夜終演後は流山児祥さんのアングラトークがあります。輪になって一杯呑みながらの場になります。
次回公演まであと2日! PR動画を作りました 応援して頂ける方、RTして頂けるとありがたいです!
九州クマモトから阿蘇大爆発9万年前の「新☆神話」をトキオの人たちへ贈ります。 劇団夢桟敷『火の君、鳥の物語』PR@ https://youtube.com/watch?v=QuYB9opoeZk
2014-12-04 22:31 この記事だけ表示
『青ひげ公の城』を終わった翌日の12月1(月)から2015年1月公演『チャンバラ』(作:山元清多 台本演出:鄭義信)@ザ・スズナリの本読み稽古が始まっている。
黒テント、結城座・オペラシアターこんやく座・流山児★事務所・温泉ドラゴンの5劇団の精鋭20人が早稲田に終結している。
『ザ・寺山』以来の演出の鄭さんもノリノリで改訂台本を作ってきた。これが、面白い!これは、演劇的事件です。凄いことになりますよ。
で、3日間の本読みを終えてキャスティング決定。因みにこの公演今年入団した廣田裕美、星美咲、森諒介の新人3人も出演する。『青ひげ公の城』に続いて・・・・流山児★事務所の「若い力」を是非ご贔屓に。
もちろん、若手のホープ五島三四郎もメインキャストで出演します。
塩野谷正幸、上田和弘、イワヲ、里美和彦、木暮拓矢、坂井香奈美、阿萬由美、荒木理恵、音楽の諏訪創と劇団員13人があい努めます。流山児★事務所を退団した温泉ドラゴンの阪本篤も5年ぶりに古巣にカンバックします。黒テント、結城座、こんにゃく座といった山元清多、斉藤晴彦さんゆかりのメンバーの「初競演」です。
お見逃しなく。
大チャンバラ活劇やります!
斬って、斬って、斬りまくり、あとのことは知ったこっちゃねえ!

で、稽古終了するや否や、今夜、Space早稲田は劇場に変貌している!

劇団員総出で明日お昼に熊本からやってくる劇団夢桟敷の基本仕込みである。
照明、音響、客席きちんと創っておきますよ、夢桟敷さんをお迎えする!!
・・・・・・・・・・・・・
劇団夢桟敷No.65「火の君、鳥の物語」
■12月6日(土)15:00/19:00 &12月7日(日)13:00-
■スペース早稲田 ■前売り3000円(当日3500円)
■予約  https://ticket.corich.jp/apply/59120/ 6日(土)夜終演後:流山児祥アングラトーク。
明日、お昼過ぎ先発隊到着。
熊本アンダーグラウンド演劇!ぜひ、Space早稲田で見届けてください。
待ってます!!!
2014-12-03 19:14 この記事だけ表示
それにしても、連日の猛暑のトーキョーである。

午前中は11月の豊島区テラヤマプロジェクトファイナル『青ひげ公の城』(寺山修司:作)の3回目の実行委員会。チラシの原案も送られていた。でもって、夜は9月スズナリ公演『どんぶりの底』(戌井昭人:新作)の本読み・顔合わせ。稽古場は今週の福島ユニット・ラビッツ公演を終えるとザ・スズナリ稽古に向けて来週には模様替えの予定。作家:戌井昭人も来週にはやってくる。

さて、さて、秋の超大作である。こう、ご期待!!

流山児★事務所創立30周年記念公演「どんぶりの底」始動。想えば、1984年8月、小劇場プロデュース公演の始まり:創立公演はシェイクスピアシアターの河上恭徳と演劇団の新白石の二人芝居「さらば、映画よ」(寺山修司:作、篠田昌巳:音楽・演奏)超満員の渋谷ジァン・ジァンであった。あれから30年のときが流れたのである!

それにしても相次いでの訃報である。
長い間、闘病中であった劇団員の伊藤弘子のお母さんが亡くなった。
今年は本当にみじかな人が相次いで彼岸へと旅立ってゆく。
朝倉摂さん、九條今日子さん、斉藤晴彦さん、深津篤史さん、伊藤弘子のお母さん。

淋しい限りである。
冥福を祈るのみ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、いきているわたしたちはキチンと真摯に芝居するだけである。
9月スズナリ公演,戌井昭人「新作」書き下ろし「どんぶりの底」の流山児祥予約フームはこれです。

なお、8月9(土)午前零時より予約開始です。
よろしく!!→https://www.quartet-online.net/ticket/the-depth2014?m=0abjgca … …
2014-08-05 00:44 この記事だけ表示
曇り空のトーキョー、さて、満員爆走開始です!!
これからの流山児★事務所海外・国内「旅する演劇」のメイン・レパートリーである「義賊☆鼠小僧次郎吉」(作:河竹黙阿弥 演出:流山児祥 音楽:諏訪創 振付:北村真実)本日初日です。

キャスト入れ替え、振付、照明、演出も一新、映像も加わって最強の「鼠小僧海外版」が誕生しました。たった7日間8ステージのみの限定公演です。
当日券発売は開演1時間前、開場は20分前です。
※22(火)までの5ステージの前売すべて完売。
※23(水)昼:14時追加公演、夜:19時半、24(木)昼:15時の3ステージのみ「大余裕アリ」です。早稲田で待ってます。オモシロイです、1時間40分ノンストップ歌舞伎。一人2役〜4役でお送りします。お楽しみ下さい。

今すぐ予約。https://www.quartet-online.net/ticket/nezumi2014?m=0abjgca
2014-07-18 09:42 この記事だけ表示