流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

21(木)流山児★事務所3月公演「義賊☆鼠小僧次郎吉」初通し。
2時間強の大作に。
ま、全4幕だから当たり前と言えば当たり前。
これでラストの殺陣を加えれば2時間15分の大作が誕生することになる。
ま、それはそれで面白いが、いずれ近いうちに(といっても来年には)海外の演劇祭でも上演する予定なのでやはりこのままでは・・・・。ということで、久し振りに徹夜に近い状態で台本構成。最終稿を持って稽古場へ。
22(金)再度、本読み・・・・・・でトップシーンから創り変えを始める。
先ずは1幕と2幕。空間の使い方も変える。スピーディでそれでいてなるべく「わかりやすい」(実はこれが常に問題なのだが)それでいて、よりかぶく(傾く)芝居に、ゆっくり焦らず創っていこうと思っている。

23(土)から振付開始、これぞ舞台芸術創造現場!って感じのSpace早稲田、ま、ヤリタイことをてっていてきにやるだけである。まだ、時間はたっぷりある。
鼠小僧リセット完了。
2013-02-23 09:48 この記事だけ表示
メチャクチャ寒い日が続いている。
「義賊☆鼠小僧次郎吉」順調に稽古進んでいます。
で、アフタートークのゲストも以下のように決定しました。
早稲田で河竹黙阿弥没後120年というか昔の芝居と今の芝居について雑談します。

★若手演劇人が語る古典と現代演劇についての雑談〜★
その@ 3月15(金)西沢栄治(jam session:演出家)×日澤雄介(劇団チョコレート主宰:演出家)×流山児祥(流山児★事務所芸術監督:演出家)

そのA 3月18(月)西沢栄治(jamsession:演出家)×堀越涼(花組芝居:役者)×流山児祥(流山児★事務所芸術監督:演出家)

そのB 佐野バビ市(東京ミルクホール主宰:演出家)×村井雄(開幕ペナントレース主宰:演出家(予定)×流山児祥(流山児★事務所芸術監督:演出家)

※3回とも夜の回の終演後20〜30分予定でおこないます。是非ご来場ください。
※ほかにスペシャルゲストも予定しています。

2013-02-20 10:01 この記事だけ表示
春がそこまでやってきている2月半ばである。ロシアには巨大隕石!
流山児★事務所3月公演は河竹黙阿弥没後120年流山児歌舞伎『義賊☆鼠小僧次郎吉』。
Space早稲田が江戸時代のちっちゃな歌舞伎小屋に変身して「黙阿弥台本通り」の江戸世話物狂言として上演します。江戸・幕末の市井の人々が生んだモノガタリ=義賊☆鼠小僧誕生秘話を描く超娯楽大衆活劇。
3月14(木)の初日に向け初の長期2ヶ月!稽古中,客席も完成、なんと花道、揚幕まで!です。
来週から振付も始まる。『義賊☆鼠小僧』ワールドプレビュー(世界初演)まで4週間!
ご期待ください!
あ、それからイープラスの「アトミック☆ストーム」プレオーダーも今日開始!
大忙しの流山児★事務所の春である。
さあ、稽古だ、稽古だ!

流山児★事務所2013年3月公演
祝祭歌舞伎『義賊☆鼠小僧次郎吉』
原作:河竹黙阿弥、
脚本・演出協力:西沢栄治(JAM SESSION)
構成・演出:流山児祥
2013年3月14(木)〜24(日)@Space早稲田

前売:3200円 当日:3500円 U25&学生割引:2500円
【日時指定整理番号付き】

※座席数60席の小さな劇場です。
土日は混みあうことが予想されるので、劇団WEB予約での前売り券購入がオススメです
※上演時間は1時間30分(予定)
※開場は開演の20分前、当日券の発売は開演の1時間前。

【出演】:上田和弘・イワヲ・谷宗和・甲津拓平/神在ひろみ・佐藤華子/柏倉太郎・阿萬由美・山下直哉・山丸莉菜・五島三四郎/流山児祥

チケットの申し込みは:http://www.ryuzanji.com、 03−5272−1785(流山児★事務所)
【解説】
3.11以降の閉塞状況と同時に暴発寸前の、溜まりに溜まったエナジーを歌い舞い爆発する世直し冒険活劇!それが『義賊☆鼠小僧次郎吉』流山児祥と注目の実力派演出家:西沢栄治がタッグを組み黙阿弥に挑む。安政の大地震から2年後に上演された、幕末の混乱期に江戸民衆のヒーロー=義賊と呼ばれた男の虚実皮膜のドラマ。 Space早稲田から「世界」に発信する12人の実力派俳優によるカオスに満ち溢れる祝祭歌舞伎!

【ものがたり】:捨て子の次郎吉は盗人お熊に育てられ、大名や豪商から金銭を盗み貧者に分け与える盗賊・稲葉幸蔵となる。易者平澤左膳に身を装って鎌倉滑川に潜んでいた。ある晩、幸蔵は悪人に金を盗まれ悲嘆にくれる刀屋新助と愛人お元の難儀を救うため、稲毛の屋敷から百両盗む。しかし辻番・与惣兵衛に見咎められ、しかも彼が「実の父」であることがわかる。今や盗人になった幸蔵は名乗ることもできずその場を立ち去る。数日後の雪の夜、幸蔵はお元の弟・三吉から衝撃的な知らせを受ける。稲毛の屋敷から盗んだ金の極印から足がついて、お元と新助が捕えられ父・与惣兵衛まで盗難の責を問われて入牢したという。

 NEWS! 流山児★事務所は2013年新人募集中!オーディションは2月24(日)(締め切りは2月19(火)※11月公演中津留章仁:脚本、寺山修司:原作「無頼漢〜ならずもの〜」に出演できます。
2013-02-16 10:18 この記事だけ表示
12(火)絶好調で「義賊☆鼠小僧」立ち稽古中である。
稽古1週間目は基本的に役者が考える時間(とき)であり試す時である。
どんなふうでも稽古場の空間を使って、あーでもないこーでもないと思い思いのことをやってもらう事にしている。が、時々こらえ性のない演出家が馬鹿な事をし出して困る稽古場でもある。ごめんなさい。

ま、この1週間が勝負といえば勝負、役者の関係性が出来上がるのはここ。ある種の演劇の固定観念や先取り、説明、準備された感情やらを辞める。それでいて飛ぶ感覚。しょせん芝居なんてもんは眼前の相手役を信ずればイイ!これでも解消されないときはテメエに問題があるのである。といっても俺が一番出来ねえんだけどね・・・・。来週からは振付やら歌やらどっさりてんこ盛りとなるのは分かっているが、この1週間はキッチリ遊びましょう。流山児★事務所のいつもの稽古風景。本番まであと1か月。

6月公演「アトミック☆ストーム」のチラシもそろそろ決定。20日過ぎには世間の日の目を。

そんな「義賊☆鼠小僧」稽古を抜けて下井草の斎場へ。岩淵達治氏のお通夜に遅くにお邪魔する。先生はいつものようにダンディな背広姿で棺に眠っておられた。カッコいい。近くのパン屋に行って倒れた話を聞く。優しいお顔。20歳の頃の出会い、パラダイス一座の事などが走馬灯のように駆け巡った。
帰宅すると北朝鮮核実験の報。
・・・・・・・・・・・・・
13(水)グアム島で邦人無差別のニュースを聞き、演出者協会理事会へ。
今年6月に予定されている社団法人化の話。組織の再編の話。20年以上の協会での仕事を確実に次世代にバトンタッチする時が近づいてきた。
2013-02-13 17:17 この記事だけ表示
「義賊☆鼠小僧」劇中歌も次々と出来上がってきた。
諏訪創とのコンビ第2弾、元さんの「チャンバラ」に続いて黙阿弥とは。
いい曲がずらり。うん、ロックでパンクで歌謡曲になってるじゃん。
で、今日はお昼前から真紀子さんと衣裳の打ち合わせ。これまた、大変、一人三役。
で、夕方から楽塾の活動についての新聞の取材、というより「中高年演劇のススメ」のインタビューを受ける。NHKの「ラジオ深夜便」に続いて、街と繋がる演劇について延々喋る。
・・・・・・・・
で、稽古。みんな稽古1時間前からストレッチやら歌稽古、台詞あわせやら感心感心。
久し振りに北京で肉そば、店のおばちゃんと世間話。お茶を入れてくれる。これが美味い。
風邪は治った・・・・・と思う。各位にお伝えしますがインフルエンザではなく風邪ですから。
・・・・
で、絶好調でノンストップで22時過ぎまで。で、残って自主稽古する奴や歌稽古も。これもいい。
これぞ、稽古開始初日「義賊☆鼠小僧次郎吉」ほんとオモシロイ流山児KABUKIになります。
いかん、いかん、それにしても、たった5分の煙草休憩しかとらんかった。荒立ちだといって始めたのに、いつのまにか「完全な立ち稽古」になってるし・・・・。明日からゆっくりやります。

それにしても、久しぶりに11時間も早稲田の稽古場にいた。が、いい感じ。これが俺にはやはり一番いい。
・・・・・・・・・・
で、中野のMOMOで青蛾館公演『狂人教育』が今日から初日。青木砂織:演出、伊藤弘子、冨澤力も出演しています。よろしく。
Big news
6月公演「アトミック☆ストームTheMusical」台本第1稿完成!さすが佃典彦:名古屋のミラーマン、締め切りはキチンと守る!これからは演出家:中屋敷法仁とのキャッチ・ボールがはじまる。今年度最大の愛と原子をめぐるミュージカルの問題作!!ご期待ください。勿論その前は「義賊☆鼠小僧」です。
2013-02-05 11:10 この記事だけ表示
「リバーサル」劇評 BY「休み似たり」

北京蝶々の大塩哲史の作を新進芸術家育成事業とした公演。小林七緒の演出、コンゲーム満載でエンタテインメントとして楽しい80分。

恨みを持つ4人は家電メーカの社長の娘を誘拐して身代金を誘拐する。身代金を出す、という社長からの返事は来たが、娘はそんな筈は無い、という。この誘拐、このままでは失敗するといい、成功に協力するという。リスクの多い現金の受け渡しや振り込みよりは確実に手に入るものを提案する。果たしてそれは成功するのか。

家電メーカーに勤める身としてはギョーカイの厳しさ、あるいは本当の資産は何なのか、というあたりの目の付け所(ごくシンプルな切り口だけど)、気づいていたとしても芝居に織り込める作家はそう多くはありません。そういう意味でなるほど、大塩哲史の語り口だな、と思うのです。小劇場の芝居でありそうで意外に少ない、今の私たちの立ち位置を見回しつつ、見たくないこと、見えてしまうことを交えつつ、エンタメとして見やすい感じでしっかりと語る物語。場所の謎解き、現金受渡のリスクなどステロタイプだけれど、ちゃんと書き込んでいるのはいい感じ。

やむにやまれず犯罪を起こす人々、誘拐されたのに徐々にリーダーシップを取っていく娘、それが経営工学なのかはわからないけれど、グループを一つの目的遂行のため、時には人をコマにしつつも動かしていく、ということ。これを冷たいと感じる向きもありましょうが、まあ云っていることは正しくて(頭でわかっていても、それが実際にできればアタシも違う生き方もできましょうが:-)、実際のところどこかの研修にありそうにどんどん積み上がっていく感じ。景気が悪くなったって、この手の人心掌握は確かに正しく、武器となるのです。まあ少々反則なやりかたも混じりますが、まあそのあとの豹変がコミカルで人間くさい感じがまた楽しい。

まあ、これもファンタジーだとは思うのです。それでも、チラシによれば「ディストピアの近未来」を描く作家だけれど、やるせない現実の私たちの身近な感じに寄り添い、人々をしっかりと描くことの力を再確認するのです。幅広い年齢の役者を集められることもあいまって、ぐんと奥行きが出る感じ。」 (後略)


2013-01-30 22:49 この記事だけ表示
お陰様で日本劇団協議会主催「新進演劇人育成公演」=「リバーサル」2日続いての「超満員札止め」で無事終演しました。ほんとうにありがとうございました。
大塩哲史:新作書き下ろし、小林七緒:演出、10人の実力派の役者たちの競演は15ステージのロングラン公演で見事に進化・深化して何処にもないエンターテインメントになりました。
・・・・・・
この《出会い》は今後、大きく成長する予感がします。
それにしても、チームワークのとれたいい現場でした。
終演後、全員でバラシ。早稲田は元通りの稽古場に。これまた、凄い。
夜半から打ち上げ、事務所で創った賄いの料理の数々、お客さんや各事務所からの差し入れなどで、実に賑やかな酒宴に。本当にお疲れ様でした。協力してくれたスタッフに感謝。
そして、Space早稲田に来てくれた、多くのお客様に最大の感謝!
・・・・・・・
明日はいつものように稽古場片付け。
明後日から3月公演「義賊☆鼠小僧」の本格稽古開始である。
既に「本読み」も終えて、キャスティングも終えている。
いよいよ、流山児★事務所の2013年が始まります。
滅茶苦茶面白い流山児KABUKIを創り上げます。劇団員+2人の女優。早稲田でしかできないそして「世界」に発信する劇!こんどは3月Space早稲田でお会いしましょう。
2013-01-30 00:17 この記事だけ表示
CORICH舞台芸術 劇評より  kazuoga5409

「舞台は3人の男女が一所に固まっている場面から始まる。そこへ、便所に行っていたもう一人の若者が加わる。ここで、この4人がいるのが車の中であることがわかる。そしてこの4人の男女(修吾、照雄、静香、徹)は狙っていた社長令嬢祥子に襲い掛かり、誘拐する。が、どうにも穴の多すぎる4人の計画に業を煮やした祥子は、自分も父親を憎んでいるのだと言って、彼らにアドバイスを行ない始める。そしていつまでも彼女に心を許そうとしない修吾に対しては自分の肉体までも提供してしまう。一方、祥子の父親は自分の近くに内通者がいると感じ、秘書の織部に常務の鍬田を探らせていた…。

上演時間が85分とやや短めのため、非常にテンポよく進んでいく。場面転換のための装置換えも、役者たちが楽しげに踊りながら多少おチャラケた感じで行なうのだが、これも見ていて面白い。反面、ドラマの...方はシリアスに展開される。
純真な令嬢と見えた祥子が、誘拐犯の会話の言葉尻から様々な推測とその計画の欠陥を指摘する明晰さを発揮したかと思えば、次第にその本性を現していくあたりを、今村美乃がうまく演じている。「結果が出なければ意味がない」「ない頭は絞れない」等々、終盤で誘拐犯たちを侮蔑する言葉を吐きまくる時の憎々しさはなかなかである。ただ「父」と言う時のアクセントが多少気になった。
ラストで「お父さんはいつ泣くの」と訊く祥子に「お前が死んだら泣くかもな」と答え、自分には友達がいるという修吾には「そうか、羨ましいな…」と呟いて去っていく社長の孤独な寂しさを中原和宏が印象的に演じている。
しかし何といってもいい味わいを出していたのは刑事役の岡本篤(劇団チョコレートケーキ)。糖尿病ということで、常にコーラやチュッパチャップスなど甘いものを口にし、とぼけた感じだが、鋭い洞察力を秘め、終盤では冷徹な一面をも垣間見せる…演技力の確かさに加え、前述のダンスの時もややテレ気味ながら笑顔を振りまき、なかなか見れない姿であった。

二重三重のどんでん返しが仕組まれ、人間の感情の生々しさをも突きつける、芝居の面白さを味わえる公演であった。
2013-01-29 10:48 この記事だけ表示
超満員札止めの「リバーサル」14ステージ目でした。多くのご来場ありがとうございます。

Space早稲田で15ステージのロングラン公演は久しぶりである。それにしてもステキな劇空間である。作品に合わせて空間を変えられるSpace。半地下の階段から、地下に通じている切り穴?、円形でも、3方舞台も花道ありの歌舞伎仕様も可。

本舞台、三間の間、正面一面の二重舞台、茶壁。ってヤツが出来る。リアルに・・・だ。世界は三間の間である。「リバーサル」は三方舞台で廻りをすべて観客に囲まれているしそれも以上に近い。つまり、観客も「劇」を体験する。ある種の当事者に近い存在となる。そーいった意味ではアングラの基本形でもある。

劇を自分の問題=当事者として考える、劇は見るものではなく体験するもの、劇は「ある」のではなく「なる」ものなのだ。唐さんの40年前の作品=「少女仮面」を観ていてつくづくそう思ったものだ。

...あと、金守珍さんの言う「少女とは唐さん自身」という視点は面白いと思った。でもって、唐さんの「少女仮面」を観て信さんの「阿部定の犬」をやりたいな!と直感している俺ってなんだ?これまた、テキストにたいする当事者性の違い?なににせよ、アングラとは生き方である。
・・・・・・・・・
「祈りと怪物」「飛龍伝」「芝浜の革財布」と今月は連続して芝居を見た。それぞれ面白かった。
で、「リバーサル」本日千穐楽である。
13時40分開場、14時開演、当日券は13時から劇場受付で発売します。体験する誘拐劇、をお見逃しなく!!
それでは、Space早稲田でお待ちしています。
2013-01-29 10:12 この記事だけ表示
「リバーサル」絶賛好評のうちに、いよいよ後半戦突入です。
今年のSpace早稲田はロングラン公演が続きます。
次回作品は流山児★事務所3月公演「義賊☆鼠小僧次郎吉」
わたしたちの根拠地である客席60〜80のこの劇場が全ての創造の源。
この「小劇場」でしかできない濃密で贅沢な会話劇を是非お楽しみ下さい。
[リバーサル」は大塩哲史新作書きおろし、小林七緒:演出 里美和彦、木暮拓矢、山下直哉の流山児★事務所男優陣に加えて花組芝居の堀越涼、劇団チョコレートケーキの岡本篤、加えて日和佐美香、田嶋真弓、今村美乃の女優陣、ベテラン新納敏正、中原和弘といった実力派が繰り広げる演技バトル。
演劇の楽しい要素がいっぱいつまったサスペンス誘拐劇になってます。まさにreversal反転する劇。
日々進化深化しながら今日から後半戦に突入します。ご期待ください。
・・・・・・・・・・・
ぜひ、早稲田までおいでください。
残り6ステージ!!お見逃しなく。

本日25(金)は18時40分開場、19時開演、当日券発売は18時より。
上演時間は1時間25分。お席は「余裕アリ」です。
2013-01-25 09:55 この記事だけ表示