流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

若手公演「架空の情熱2012」初日昼夜2ステージ無事開幕しました。
夜の回は「満員」の客席。爆笑の渦、予想を超えてこのノンストップ音楽劇はお客さんの心をとらえた。世界に類のない見事なアングラ・コラージュ劇になった。
自信を持って「この作品」をこれからも育てていきたいと決めた。
・・・・・・・
「劇評」もすぐ出た。

@江森盛夫「演劇袋」より。

 流山児も出る、若手5人の(男2、女3)「若手」公演。この「劇的なるものをめぐって」の元祖は流山児自身が最若手で入っていた、かっての早稲田小劇場での鈴木忠志が様々なテクストから構成・演出して、白石加代子が出演した、伝説の名舞台だ。今回は、アラバール「戦場のピクニック」、ベケット「ゴドーを待ちながら」、南北「桜姫東文章」鏡花「婦系図」村上春樹「踊る小人」谷川俊太郎詩集「これが私の優しさです」唐十郎「ジョン・シルバー」と処女作の「24時53分『塔の下』行きは竹早町の駄菓子屋の前で待っている」それと番外の柳家小さんの落語「粗忽長屋」ほか・・・これらを贅沢に盛り込んで、おまけにリニューアルされて劇場らしくなったSpace早稲田の左右の壁にはかってのアングラ劇団、金杉忠男の中村座にあった役者が体ごとぶつかる「突撃板」が設えられ、役者がここでも果敢にぶつかる・・。

 まったくのアングラ源流に流山児流の歌と踊りをちりばめた1時間15分は、なかなか充実した楽しい時間だった。なにより若手、山下直哉、五島三四郎、荒木理恵、鈴木麻名実、山丸莉菜の5人が、かってのアングラ役者のパッションを蘇えらしていた・・。この芝居のキャッチフレーズは金杉忠男の名文句”淋しかったら、ふらりとおいで決して、只では帰さない”・・・そのとおりだった・・。
・・・・・・・・・・
「若手が生き生きと躍動」@いっちの舞台大好き

「流山児★事務所の若手公演、若手らしいパワーと躍動感溢れる舞台でとても楽しかったです!
若手の中でも年長の山下直哉さんと荒木理恵さんが舞台を引っ張ってキャリアの浅い他の3人をよくまとめていたし、山丸莉菜さん&鈴木麻名実さんの同期コンビ(2010年入団)もさることながら、今年の新人・五島三四郎さんの堂々たる役者ぶり!
五島さん、すっかり流山児★事務所に溶け込んでますね。
これだけ若手が生き生きとしてれば、当面流山児★事務所も安泰だな♪
これからの若手の成長と活躍が楽しみになった、今回の若手公演でした。」

///////////////////////////////////////////////////////////
※淋しかったらふらりとおいで、決して只では帰さない!
【流山児★事務所2012「若手」公演】 
『架空の情熱2012〜劇的なるものをめぐって〜』
 構成・演出:流山児祥 
 出演:山下直哉・荒木理恵・山丸莉菜・鈴木麻名美/五島三四郎(新人)/流山児祥(特別出演)
 
 振付:北村真実 照明:小林七緒 音楽:少年飛行隊 美術:小林岳郎 音響:畝部七歩 
 受付:米山恭子

「踊る小人たちの帝國はどこにある?砂漠の戦場で2人の兵士の視(み)たものは?」
●流山児★事務所の5人の新鋭たちが2012年弥生、総力を結集して「初」の若手公演に挑む注目作。
●古今東西の「様々なるテキスト(劇的なるもの)」を食い破り現出する演劇的身体の《現在》。
●現代演劇・歌舞伎、落語、小説、詩・・・これは「何でもあり」のスーパー音楽劇!

日時:2012年3月30日(金)15時/19時開演・31日(土)14時/18時開演(2日間4ステージ)
劇場@Space早稲田(東西線「早稲田」1番出口、右へ徒歩1分) 03−3208−3920
料金;前売り:2000円 当日:2300円 学生・U25割引:1500円(日時指定・全席自由)
※学生・U25(25歳以下)割引は流山児★事務所扱いのみ。
※開場は開演の15分前。当日券・入場整理券の発行は開演の45分前。

※上演時間は約1時間15分。
予約問い合わせTEL:03-5272-1785  mail@ryuzanji.com
http://www.ryuzanji.com
////////////////////////////////////////////////////
流山児★事務所は以下の要綱で、2012年新人「2次」募集中です。
【応募資格】18歳以上 国籍・経験・学歴不問
【応募方法】現金書留で以下を同封して流山児★事務所まで郵送のこと。
(1)履歴書(写真貼付)(2)作文「自分自身の広告」(800字以上)(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(800字以上)(4)試験料5,000円【応募〆切】4月12日(木)消印有効(持参不可)【試験日時】4月17日(火)
【申し込み】
流山児★事務所「新人募集」係〒162-0045東京都新宿区馬場下町60-307
流山児★事務所「若手」公演「架空の情熱2012〜劇的なるものをめぐって〜」本日30(金)15時開幕です。メチャおもろい芝居です。見逃したら一生の損ですよ。最近は全く見ないポップでシュールなアングラコラージュ劇です。で、まるでミュージカル?のノンストップの疾走音楽劇!!
・・・・・・・・・・
2回のゲネプロ。
昼の「通し」後、動きのチェック。真実先生のいつもの事だが微調整でイメージがどんどん膨らんでゆく。最後のチェック。
で、稽古場にいる全員を連れて隣の「すきや」で新メニュー「ポン酢おろし牛丼のサラダセット」の早い夕食。ビンボー劇団の座長でごめんなさいである。時々「ホドリ」というこれまた安い焼肉屋に劇団員をつれていくのだが、ここも基本的には「学生ランチ」「サラリーマンランチ」をメインにしている。これもビンボー劇団の座長ゆえ。ま、そんなもんだ。
で、最終通し。太郎、こめこの顔。
1時間15分・・・これでいい。ほぼ完成!
明日最終チェックで初日に突入である。
稽古を終えて、劇場つくり。
明日からはSpace早稲田は小劇場です。では劇場でお待ちしています。早稲田駅の1番出口でて右に1分。北京という中華料理親さんの地下がSpace早稲田です。
・・・・・
帰宅すると6月公演「さらば、豚」の1章が送られてきた。東君、気合が入っている。オモシロイ書き出しである。10人の男たちのハードボイルド・アクション。よーし、気合入れてやるぞ。
ま、今は「架空の情熱」の役者だ!俺も役者なんだから!!
「架空の情熱2012」朝から明かり合わせの続き。
同時に稽古の追い込みも。
何とか15時前に終わる。
中抜けして「宇宙兄弟」第6話の収録。4月1日からNTV系列で全国放送が開始される。
いま、山手線で「宇宙兄弟」号が走っている。
原作者の小山宙哉先生をお迎えしての「第1話・第2話」の試写会。
滅茶苦茶カッコいいドラマに仕上がっています。ま、わたしはどうか?ですが。わたしは第2話、4話、6話、7話と出演している。久しぶりの声優稼業という事でまだ、どうも・・という感じで日々精進しています。
というわけで、いつもより1時間押しの収録となる。
・・・・・・・
結局20時通し予定が45分押し。1時間10分。
いい感じで出来上がっている。照明の直しは明日に。
23時過ぎに捕る。イワヲは美術作業、細部のディテール。
・・・・・・・
快晴。春日和。

照明直し、チェック、稽古。
15時、19時の2回のゲネプロ。
いよいよ明日30(金)15時Space早稲田で『架空の情熱』初日です。「大いに余裕あり」です。ぜひ、ふらりと早稲田へおいでください。オモシロ、凄い音楽劇です!客席50〜60席の実にゆったりとした贅沢な小劇場です。

オールドバンチ完結篇@スズナリ
10日間10stage、無事走り終えることが出来ました。
予想を遥かに上回る全国からの多くのお客様のご来場に感謝します。
3年ぶりのパラダイス一座!一度限りの「復活」公演は本・当に世代を超えて多くの人々の力によって創り上げられた楽しき「遊び」であった。
平均年齢80歳の不良演劇人多とはまさに、不敵で、無敵であった。
・・・・・・・
いつも通りの1時間の稽古。
あさやさんの中学生の孫2人が自由研究で「幕の終わる時」?を書くらしく、体操から取材。
Xmasの千穐楽!昨日に続いて「超満員」となる。たつまがいつものように千穐楽観劇、彼女と。知っている顔、カオ。かお。かくして、10ステージすべて「満員」記録で4回目のパラダイス一座「特別」公演は終わった。鳴り止まない拍手。初日、昨日に続いてダブルのカーテンコール。本当にありがとうございました。20年後の再結成の夢・・・・・。かくして、バンチは《伝説》となる。
・・・・・
バラシを終えて、スズナリの下の「うちわ」「ステージドア」の2軒の店を借り切って大打ち上げ。
本多さんの創ったきのこ飯が美味い。タカオさんは2か月ぶりのビール。瓜生さんは今日はあまり飲まない、岩淵さん元気もりもり、赤座さんと二瓶さんも楽しそう。あさやさんは座・高円寺での斎藤憐さんを偲ぶ会へ。わたしは行けなかった。合掌。
・・・・・・・
さて、バンチの余韻に浸る間もなく、今日はSpace早稲田の片づけ、大掃除である。
総会、夜は恒例の劇団忘年会。
激動の2011年、様々な事があった。私たちは真摯に演劇活動を続けてきた。
そして、続けてゆく。
Space早稲田では2011年に続き、第2回目となる“Space早稲田演劇フェスティバル2012”を開催します。
期間は2012年7月7日(土)から10月7日(日)までの3ヶ月間。

劇場とは自由に「他者」と《出会う》解放区であり、自由空間=アジール(避難所)です。劇場を真に民衆のアジールにすることがわたしたち芝居者の仕事。現代演劇の最前線を疾走する全国の多くの若手劇団や実力派のみなさんたちの《出会い》の場、それがSpace早稲田演劇フェスティバルです。

昨年に続いてシンポジウム「小劇場のこれから」(仮題)、また、若手演出家による現代演劇の源流を探る=@アングラ演劇の《原点》岸田戯曲賞受賞作1968〜74作品リーディング上演&劇中歌コンサートといった演劇祭企画も予定しています。

みなさん是非、客席70席の贅沢な「小劇場でしかできない」多彩な「作品」を創ってください。
この “Space早稲田演劇フェスティバル2012”に参加を「希望する劇団」を下記のとおり募集中です。1日3万円の廉価です。

【募集期間】
各劇団基本的に1週間単位の貸し出しとなります。(搬入、搬出を含む)
@8月6日(月)〜8月12日(日)※この期間は1〜3日間の利用も可。30000円/1日
A8月20日(月)〜8月26日(日)
B9月24日(月)〜9月30日(日)

※各団体基本的に1週間単位の貸し出し

【会場】
Space早稲田

【料金】210,000円/1週間  30000円/1日電気使用料(別途実費)

【応募締切日】
2011年12月末日

【お問合せ・お申込み】流山児★事務所 03-5272-1785
http://www.ryuzanji.com

というわけで、来年もSpace早稲田演劇祭をやります。参加団体&個人大募集中です。ふるってご応募ください。

☆Space早稲田演劇フェスティバル2012参加団体&個人募集中!!☆

 Space早稲田は2011年に続き第2回目となる“Space早稲田演劇フェスティバル2012”を開催します。期間は2012年7月7日(土)から10月7日(日)までの3ヶ月間です。

 劇場とは自由に「他者」と《出会う》解放区であり、自由空間=アジール(避難所)です。劇場を真に民衆のアジールにすることがわたしたち芝居者の仕事。現代演劇の最前線を疾走する全国の多くの若手劇団や実力派のみなさんたちの《出会い》の場、それがSpace早稲田演劇フェスティバルです。>

昨年に続いてシンポジウム「小劇場のこれから」(仮題)、また、若手演出家による現代演劇の源流を探る=@アングラ演劇の《原点》岸田戯曲賞受賞作1968〜74作品:リーディング上演&劇中歌コンサートといった「演劇祭企画」、流山児祥シニア演劇ワークショップなど、を予定しています。みなさん是非、客席70席の贅沢な「小劇場でしかできない」多彩な「作品」を創ってください。
 みなさんとの《出会い》を待っています。

 この “Space早稲田演劇フェスティバル 2012”に参加を「希望する団体&個人」を下記のとおり募集します。「初」の公募です。また、今回、ご要望に応えてご利用料金を1日:30000円に「値下げ」しました。トーキョーでもっとも元気な演劇祭をこの小劇場で!!

★ご利用期間及び募集団体&個人数
@2012年7月30日(月)〜9月9日(日)のあいだで6団体:各団体&個人は基本的に1週間単位の貸し出しとなります。(搬入、搬出を含む)
A2012年9月24日(月)〜10月7日(日)のあいだで2団体:各団体&個人は基本的に1週間単位の貸し出しとなります。(搬入、搬出含む)

★料金:210,000円/1週間 1日:30000円。>> 電気使用料(別途実費)
★応募はお早めに!〆切は12月末日。「定員」に達し次第、締め切ります。
★2012年1月、参加団体発表。

★なお、この演劇祭の出場選考・運営はSpace早稲田芸術監督:流山児祥、フェスティバルディレクター:龍昇 フェスティバル実行委員:塩野谷正幸・甲津拓平・里美和彦・阿萬由美が行っています。

◎申し込み・問い合わせ>> 流山児★事務所  電話 03-5272-1785  FAX 03-3205-9170>>>> メール mail@ryuzanji.com>> 〒162-0045東京都新宿区馬場下町60-307>> http://www.ryuzanji.com