流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

なんとかラストシーンまで辿り着いた。
いつもの事だが、紆余曲折の稽古である。
オトコ10人、男でいたい、と想うそんな現場。面白いものである。
・・・・・・・・・・・・
還暦過ぎてまったく喧嘩しなくなったが、今度のような現場にいるとわたしもまだ、男の子、って感じになる。ときおり、いい年して、キチンとこぶしを固めて、空手の正拳突きやらシャドーボクシングの真似事したりしている。が、足が思うように動かない。確実にいま喧嘩したら負けるなんてもんじゃないことも実感している。昔はきっちり足と手が動いていたものである。喧嘩はエルボーとこぶしと「膝」でやるものである。ボクシングとも空手とも柔道ともちがうシロモノなのだ。度胸と逃げ足とはったり。で、勝っても負けても怪我をさせたらきちんと相手のケアすること。

ま、ガキのころは、それこそ、毎日のように,よく喧嘩していた。小・中のころは「スポーツするよう」に喧嘩をしていた記憶がある。わたしの体中、至る所にガキの頃の喧嘩の名残りが残っている。それでいて、だれひとり恨むこともなく、ひきこもることもなく、いわゆる「いじめ」としての「喧嘩」という感覚が私にはないのは何故だろう?そういえば、喧嘩した翌日はなぐりなぐられた相手と「普通に」昨日の事、忘れて「会話」していたっけ。今、思えば、あれって、なんだったんだろう。そうか、オレタチにとって「喧嘩するコト」は最高のコミュニケーション・ツールだったのである。まるで、動物のように、オスのように・・男の子だったのである。あれから半世紀がたった。

「盟三五大切」の南九州ツアーの時、40年ぶりにあった悪友たちは元気だった。14歳で流山に引っ越してきて、中学に転校した時もメチャクチャ、集団に殴られたものである。ま、そのあとキチンと借りは返したが。想えば「スポーツのように」喧嘩し、コミュニケーションした少年時代である。

映画館:有明東映裏の決闘・・・・・あれ、なんで決闘したんだろう?理由も思いださえない。ただ、殴り合っているうちに、急にアイツがジャックナイフで私の右足を刺した。血が流れ出した(たいしたことはないが、今でも傷は残っている)、その後、アイツは結局、少年院入りし、ヤクザになったという。あの頃、いわゆる不良と呼ばれていたやつらも中学を卒業するとほとんどが堅気になった。あの頃も、男たちは、町で炭坑夫で一生過ごすか、街のチンピラになるか,FUKUOKA,TOKYO,、OSAKAへ「集団就職」で出てゆくか?そんな時代であった。60年三池闘争、その後、炭鉱はダメになってゆく。炭塵爆発。CO闘争・・・・・そんな、私自身の少年時代がオーバーラップする「さらば、豚」の稽古である。青春時代の全共闘、連合赤軍事件の時代まで「さらば、豚」は一気に駆け抜けるオトコタチの寓話でもある。

炭坑節や炭坑の事をこんなに知ったのも「初めて」である。ほとんど、わたしは「私の街」について知らなかったともいえる。鄭義信の「パーマ屋スミレ」を観たときの既視感、今回の「さらば、豚」の既視感。
・・・・・・・・・
今日も夏のような空である。
蝉しぐれの中の殴り合い。
というわけで、今日はトップシーンからラストまで止めながら「通す」ことにした。
あと2週間!
まだ、じっくり時間はある。
と言いながら、歌と踊りも加わる。
ま、歌って踊って喧嘩して、これが私のハードボイルド密室劇である。



桟敷童子の「軍鶏307」の改訂版をすみだパークスタジオで観た。ベニサンピットを想い出す空間。ま、実際ベニサンピットの支配人のSさんが受付近くにいるのでなおさらそう思ってしまう。多くの稽古場があるのも同じ、開演前プロデューサーの岡島くんにばったり。「志村魂」の稽古場でもある。「軍鶏307」は戦前戦後の庶民の歴史を描く大作。いつものように東節が炸裂して満員の客席を桟敷童子の世界に。見事に「劇団」でしかできない芝居をやっている。今回もダブルキャストの2ヴァージョンでの上演。
終演後、錦糸町の駅の喫茶店で東君と台本の一部改訂。
キャラクターをより鮮明に。シャープにスピード感をもった芝居に。
そのまま、稽古場へ。
ラストの章をじっくり。
実際に暗くして懐中電灯のみでの稽古も始める。
行きつ戻りつの稽古。
多良間さんがメインの2曲を創ってくれた。歌と踊りも来週から・・・・盛り沢山である。
・・・・・・・・・・
作・演出家の前川麻子が稽古場見学。おもえば、半世紀近い付き合いである。麻子が10代のころから付き合っているのだから『青ひげ公の城』や『ピカレスクイアーゴ』脚本・主演の『おんあごろしあぶらの地獄』といった作品、ちなみに青木砂織の初演出作品は『センチメンタルアマレット・ポジティブ』である。稽古後、近くの飲み屋でしゃべって気付いたのだが若杉宏二・伊藤弘子・稲増文らと丸っきりの同時代か。
稽古場は仮セット制作。
久しぶりに劇団の男衆がほぼ全員集合。徹夜で仕込みのSpace早稲田である。
演出卓の向きも変わる。
今日から気分一新、追い込みである。
『イロシマ』『花札伝綺』の稽古も錯綜して稽古場は時間帯で様々な貌を・・・ま、これが芝居である。
土曜日の仮通し稽古から『さらば、豚』専用の稽古場になる。本番近し!
・・・・・・・・
それにしてもSpace早稲田はいい劇空間である。役者が「いる」役者を「育てる」空間・・・である。

劇団員の武田智弘が劇団AUNのつかさちゃんと結婚した。
5月13(日)青山のスパイラルホールにあるカフェで披露パーティ。絵美の時と同じような野外のカフェもあるお洒落なところ。100人余りのお客とご親族と一緒のアットホームなパーティ。それにしてもかわいいお嫁さんである。役者同士の結婚。AUNの吉田さんのメッセージではないけど、ビンボーで大変な仕事を一緒にやっていくことはそれこそいばらの道である。とにかく、仲よく気楽に、気長に、愉しくやってくれ・・・・。
ま、流山児★事務所はほぼ大半が既婚者だが芝居を続けている集団である。ビンボーだが子だくさん、これでいい。なんとかなる。
それにしても流山児★事務所全員集合で黒いスーツ姿。どこからみてもヤクザの組って感じ?それって、何。
披露パーティを終えて、みんなは渋谷に出たが,わたしは久しぶりに銀座線に乗って浅草へ。
雷門あたりは凄い人出である。
スカイツリー開業という事でとにかく正月みたいな人出である。そうか、来週は三社祭である。
木馬館、ロックとぶらぶら、染太郎とまわって神田・日本橋とこれまたぶらぶら。久しぶりのTOKYO散歩となる。ロックの安酒場で煮込み。これが美味い。木馬館の根岸のおばちゃんが元気に受付にいる風景をみると浅草に来たって感じる。リッチモンドホテルが木馬館の隣にできているよ。ふーん。
それにしても外国人の観光客がいっぱいである。
近いうちに、桟敷童子の芝居見にすみだパークStudioにいくがスカイツリーに上る予定はない。そういえば、東京タワーもずいぶん後に上った記憶がある。ディズニーランドもロスのディズニーランドは2回行ったが、浦安のディズニーランドにはまだ、1回しか行ってない。因みに、タケ夫婦は大のディズニー好きだが・・・・。
・・・・・・・・・・
さて、「さらば、豚」あーでもない、こーでもない、と寄り道多しの立ち稽古中である。
やっては、話。話してはやる、とにかく、やってみる。これでいい、あせることは何もない。
決めない、決めない。うん、それにしても本多さん台詞ぜーんぶ?入ってる、ときおり、カンペを見ようとする癖が出るが、禁止すると、キッチリ入っている、凄い進歩である。この調子でいきましょう。
美術打ち合わせ2回目。島さんも粘る。今週中には仮セットを組みたいもんだ。衣裳も同時進行。
音楽も近日中には上がってくる。
ま、愉しく。スリリングに。
東くんの新作「さらば、豚」の稽古に入っている。
とにかくうるさい芝居である。稽古場は一日中、男たちが、怒鳴り合い、殴り合い、罵倒しあっている。それも、ヤクザが豚の世話しているんだが、その豚が、108頭も逃げ出したから、煩悩のブタよろしく、逃走した豚の「大事件」で命の取り合いをやっているのである。108頭の豚・・・・これがミソである。これは、笑える。笑うしかない「大事件」。男9人が狭い炭鉱の暗闇の中に閉じ込められている、密室のdorama。ま、シュールで不条理。だったらこの状況を「逆手」にとっていろんな実験(といっても、関係性はリアルでなければならない。)をやってみることにした。テキストとしての台本。この3日はゆっくり焦らず、テキストの「関係性」を追うことに・・・・。
映画のシナリオのように時空間が飛ぶとしてもコチとらアナログ。で、死んだり生き返ったりいそがしいったらありゃしない。これって芝居じゃん?ぐらいにしておくと「大胆不敵になれる」ってもんである。あほくさ!阿呆の群れ・・・・。役者存在の根幹はこの「あほくさ」である。無意味。
・・・・・・・・
しばらくは、役者たちの時間にして、好き勝手にやってもらうことにしている。もちろん、時々茶々いれている。オモシロいがソコどーするの?と無責任に、「俯瞰の視点」を言えば、9人の役者たちはキチンと考えてくれる。こんな感じの稽古・・・・・想い返せば『ハイライフ』を創った時もそうであった。
2000年シアターX(カイ)の「初演」の時、4人の登場人物たちはトップシーンで現れては、最後まで舞台上に存在した。結局、いわゆる「装置」らしいものは「稽古の過程」で全てなくなり、丸いイス4つのシンプルなものになった。4演を重ねて、役者が存在するだけの空間にたどり着いた。関係性としての「何もない空間」での「劇」に進化・深化していった。

ま、そんなことを妄想しながら、今週はドラマの真ん中までたどり着いた。
来週は細かく、大胆にラストまでラフに創ろうと思っている。
唄も2曲、発注。劇中の2曲は出来た。厚人くんにはギターを持った渡り鳥の小林旭みたいに歌ってもらうことにした。命のやり取りやっているのにギターを弾いてヤクザが歌いだすのもオモシロイ。
・・・・・・・・・・
役者たちの時間。
批評しあう時間。
テメエなんてどこにもいない。テメエは関係の中にしかいない。
・・・・・・・
今日の夜は9月に予定しているリーディング企画の打ち合わせ。5本の戯曲を今読んでいる。オモシロイ。劇的想像力、集団的想像力が生み出したテキスト群。
原発ゼロの日本列島である。国内にある50基ある原発が1970年以来42年ぶりにすべて停止している。原発が運転再開するメドは立っておらず、去年の3・11東京電力福島第1原発事故を経験した日本は、発電量の3割を占める原発の運転ゼロが続く前例のない時期を迎えたのである。

原発ゼロは「脱原発」に向けた一歩である。サヨナラ原発のデモがこどもの日、全国で繰り広げられた。それにしてもデモをやることが日常化して・・・・・いいことである。
再稼働を決して許さず、この夏を「節電」で乗り切ったら民主党政府はなんというつもりだろう。原発への国民投票だと思いこのチャンスを生かしきるしかない。ニンゲンの持つ動物性エネルギーこそ使うべきなのである。ニンゲンもまたドーブツなのだ。

ドーブツがエンゲキしているのだ。というわけではないが、「さらば、豚」稽古本格再開である。オトコだらけのSpace早稲田。演出助手のカナミ以外は男。厚人くんには劇中歌の作曲も急遽、オファー。これが、じつにイイ。ドーブツでオトコでアングラの歌って感じの曲。
競演の今村君にも一緒に歌ってもらう事にした。今村君は言わずと知れた「ユーリンタウン」のビンボー役。
歌って踊って、喧嘩して・・・・・これぞ、男の花道!かな。
本多社長にも勿論、歌ってもらいましょう(笑い)。それにしても、社長、連日の差し入れありがとうございます。ビンボーな役者たちの夜のバイト前の夜食になって・・・・・助かります。
・・・・・・・・・・・・・・・
♪108頭の豚の群れ〜 野越え山越え空越えて
海の中までひた走る…
ぶうだらぶうだら鮫を喰い ぶうだらぶうだら鯨喰い 
難破船でひと踊り〜 疲れて眠りドザエモン 
108頭の豚の群れ〜 死して海賊幽霊船 七つの海を越えて行く
生きとし生けるを激しく愛し 生きとし生ける優しく憎む
ぶうだらぶうだらぶうだらら、ぶうだらぶうだらぶうだらら

こんな感じ、であと4週間、じっくり楽しもうぜ。
今日は、稽古場バミリ。小道具も揃って、明日からついに「荒立ち」稽古突入である!!それにしても、咳が止まらない。ヤバい、風邪だぜ。

・・・・・・・・・・・・
午前中、朝から風邪の薬をもらいにT病院。あいかわらず、不整脈の状態が思わしくなく、今週中に心エコー検査を受けることになった。で、その後、豊島公会堂下見。天野天街、村井雄、演出助手の雷雨、米山の5人で公園と公会堂の、至る所彼方此方、見て回る。11月公演『地球☆空洞説』も準備進行中である。54人の出演者。キャスティングも6月までには終える予定。7月には大人のためのWORKSHOPもやることになったぞ。
楽塾「十二夜」の本番が終わって、翌日から6月公演東憲司新作書き下ろし「さらば、豚」に向けて動きだしている。いつもの事だが・・・・稽古場には昨日の打ち上げ(宴)の名残りも。
美術家:島次郎さん、舞台監督:高橋淳一さん、演出助手の坂井香奈美と一緒に「美術」打ち合わせ。
イロイロなアイディアが、オレタチの「さらば、豚」を創り出すための真摯な作業。
ほぼ、方向性決定!
明日から本格的に稽古へ。
まず、1週間ぶりの本読み。荒立ち。役者ミーティング。今週はじっくり、テキストとの格闘。
愉しきチームつくり。歌も6曲!踊って歌ってhard−boiled!!オトコたちの熱いドラマがスズナリに炸裂する!来週から、本格的に「立ち稽古」だぜ・・・・で、いこうぜ。
////
桟敷童子:東憲司「他劇団」への「初」の書き下ろし作品、島次郎:美術「さらば、豚」絶賛発売中!
全ステージ「余裕あり」です。前売り予約はお早目に!!

【見所満載】
「ハイライフ」2009年WORLDツアー以来の塩野谷正幸・若杉宏二・保村大和の黄金トリオが帰ってくる。佃典彦は「tatsuya」主演以来の流山児★事務所出演。B級遊撃隊の「土管2011」東京公演でその役者ぶりが評判であった。加えて元:唐組のトップスター:丸山厚人!色気ある5人の実力派に加えてイワヲ・木暮拓矢・冨澤力の流山児★事務所の中堅・若手。そして「ユーリンタウン」ボビー役でブレイク中の新鋭:今村洋一!特別出演:本多一夫:77歳の老優が決める。華の役者陣の競演をお楽しみください!!
///////////////////////////
流山児★事務所2012夏公演〜豚は夢を見る〜
東憲司(劇団:桟敷童子)新作書き下ろし
流山児祥:演出
島次郎:舞台美術
『さらば、豚』
日時:2012/06/06(水) 〜 2012/06/12(火)
会場: 下北沢ザ・スズナリ 03−3469−0511
【出演】
塩野谷正幸・若杉宏二・佃典彦(B級遊撃隊)・保村大和・丸山厚人(ex唐組)・今村洋一(地下空港)/イワヲ・木暮拓矢・冨澤力/本多一夫(特別出演) 

【スタッフ」
照明:沖野隆一 振付:北村真実 音楽:阿彌善 音響:松本昭 舞台監督:高橋淳一 
料金:4200円 当日:4500円  学生:3500円(要学生証提示、流山児★事務所、ザ・スズナリでの取扱のみ】【全席指定】
チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにて発売。
ザ・スズナリ 03−3469−0511
流山児★事務所 03−5272−1785 http://www.ryuzanji.com、mail@ryuzanji.com
* 当日券の発売は開演の1時間前より。

物語:いつかどこかの・・・・かつて炭鉱だった町・・・その町の養豚場の・・・地下にある・・・・潰れた炭鉱での・・・・寓話
炭鉱跡の養豚場で豚の世話をしているのは敵対している二組のヤクザ達。ある日、養豚場から豚が一匹残らず消えた。二組のヤクザは互いに相手の仕業だと争う。消えた豚を追っかけてヤクザ達が迷い込んだ先は、不気味な廃炭坑。閉じ込められたヤクザ達に、闇の奥から忌まわしい唄が聞えて来る…・・・それはヤクザ達にとって忘れられない「弔いの唄」であった。

劇団桟敷童子の東憲司、他劇団 への「初」書き下ろし!島次郎が10年ぶりに手がける舞台美術!
鬼才:流山児祥演出!の黄金トリオで放つ注目のハードボイルド活劇巨編。九州の炭鉱町を舞台に「実力派男優10人」がザ・スズナリに結集する。オトコたちの夢とロマンとぶざまな生き様が炸裂するファンタジー!名作『ハイライフ』を超える2012上半期最大の「問題作」がやってくる!見逃すな!!