流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『花札伝綺』朝からみっちりリハーサル。食事休憩の30分以外ほとんど休みなしで場当たり。17時過ぎまでみっちり。

メイク、衣裳つけて19時40分開場。

モントリオール公演「初日」の幕が無事が開きました。予想を覆してソールドアウト=満員札止め!の盛況でした。

いやあ、熱い反応。どかんどかんと反応。
プールの逆八百屋の舞台に役者たちはヘトヘト!だったが1時間30分あまりを一気に走りきった。お疲れ様。

モントリオールの総領事夫妻も観劇してもらった。といっても日本人の観客は本当に4、5人。多くのシアターゴーアーが詰め掛けてくれた。5回目のカナダ...
ツアー。

終演後、劇場の皆さんが用意してくれたパーティを近くのBARで、うまい料理、美味い酒、楽しいおしゃべり。さすがに疲れ果てているので12時前に全員でホテルへ帰る。
明日からが正念場!!モントリオールも明日から寒くなるらしい。氷点下15度!

ちなみに明日はお席にいまのところ「余裕あり」だそうです。
是非ふらりと、『花札伝綺』北米ツアー:15(水)20時BAIN ST-MICHEL 5300ST−DOMINIQUE INFITHEATREで2日目の幕が開きます。お近くの皆さん、是非ふらりとご来場ください。待ってます!!めちゃ面白いです。
2014-01-15 14:45 この記事だけ表示

1月11日 『花札伝綺』大きく掲載されています。
http://www.yomitime.com/011014/0501.html

9(木)と10(金)高知でワークショップ。
演出者協会の演劇大学IN高知。
2日間で寺山を作ろうという無謀な試み。テキストは寺山修司さんの「星の王子さま」ほぼ全部。
30分あまりの長編である。それにしてもすごかった2日間で10時間あまりノンストップで歌って踊って芝居しての濃密を通り越したジャンキー状態。みんな良くやった。20代という若さの勝利である。

ということで、2日間、旨いものものも、旨い酒も飲む暇なかった。ただ、打ち上げは実に楽しかった。11日から演劇大学IN高知本格的に始動!みんな、楽しんでね。来年も会えたらいいいね。

1月11(土)帰京、楽塾の稽古、こちらも本格始動。宿題をいっぱい置いておくことに。週刊NY生活に大きなインタビュー記事が!
■デジタルはここをクリック
http://www.nyseikatsu.com

1月12(日) 今朝は5時起床、流山児★事務所『花札伝綺』、元気にいってきまーす。皆さんもお元気で。

ニューヨークでトランジット5時間、モントリオールに定刻に着くも荷物が2つ出てこない。いや、困った。先に行って待っててくれた今回のツアーでコーディネイトしてくれている吉原さんと合流。バスで劇場へ向かう。

ニューヨークもモントリオールも予想していた寒波ではなく穏やかな天気。日本より暖かいほど。いや、良かった。劇場はプール!!すごい!モントリオールでも異色の劇場。ヒット作「カフカの猿」見たいが全国ツアー中との事。

明日の仕込みに向けて各チームは打ち合わせ。字幕も地元の協力をしてくれる女子大生のSさんと一緒にサボとありと一緒にチェック。ほんとに多くの皆さんに支えれての「初」のモントリオール公演である。 ホテルは歩けば40分あまりのダウンタウン。近くにチャイナタウンとバーレスクの劇場街。エロティックなショウをやっている。今回お世話になりっぱなしのI嬢の本拠地。

吉原さんが空港からバスで劇場に向かう中、「ほんとに皆さん旅慣れして落ち着いたものですね」と感心していた。2000年の1ヶ月にわたるエドモントン・ビクトリア・バンクーバーツアーから14年毎年、このチームで世界を旅している。そのうち5回のカナダ。吉原さんのお陰である。感謝
2014-01-13 22:20 この記事だけ表示
2014年の新春である。
それなりに「紅白」を横目に観て、いつものように近所の神社に初詣。
いつものようにお神酒をもらい一陽来復のお札。
・・・・
1(水)
いつもなら、富士山の見えるO線の小高い山へ登るのだが、やめてダラダラ日がな一日過ごす。
読書。
・・・・・
2(木)
今年も大学生たちは箱根路を走っている。さて、山登りである。箱根駅伝往路、今年は東洋大学優勝!設楽啓太くんよかったね。青山学院は5位で山を登っていった。
新宿までダラダラ歩く。凄い人手に閉口、それでも、西口の居酒屋で鰤鎌焼きを肴にホッピー。
・・・・・・
3(金)
東洋大2年ぶりの優勝にも驚いたが、青学は2012年と並ぶ「過去最高タイ」の5位。ま、年始だけの、私の大学ナショナリズムもおしまい。兎に角、富士山を望む箱根を走る男達におれ、何故色っぽさを感じるのだろう?
で、新宿中央公園で水族館劇場:さすらい姉妹の寄せ場路上興行「NORTH [ 骨の散る海」(作:桃山邑 演出:梅山いつき)を観る。あらたに発掘された故・永山則夫さんと精神鑑定医、石川義博さんの対話の彼方に浮かぶ、もうひとつの永山則夫の物語。

千代次さんを始めとするいい役者たちが気持ちよさそうに新春の陽光を浴びて「傾いて」芝居を魅せてくれた。伊藤さんや伊達さんといった旧知の友人、発見の会の伊郷さんと久しぶり会う。10分ぐらいでバラシて公園で打ち上げ。これだな!と妙に感激。いい酒であった、山谷、横浜寿町、渋谷神宮通公園、新宿中央公園、今日は上野公園の路上公演。

西口のしょんべん横丁で朝日新聞津市局:畑記者、伊藤さんと美味い酒。
ついつい調子にのってゴールデン街へ。正月ということで殆どの店が閉まっていたがGへ、これまた久々の高橋征男さんと再会、作家の佐々木譲さんと一緒。零下30度の中標津のことを聞く。モントリオールも零下30度の世界である。
・・・・・・・
4(土)
で、『花札伝綺』今日から「通し」稽古。
私も参加。四国からクレアもやってきている。
さて、2014年の始まりである。元気に行こうぜ!!

2014-01-04 12:51 この記事だけ表示
昨夜は、ひさびさに早稲田でミニ牛丼食ってみっちり『花札伝綺』の稽古。相手役の、谷、リナは変わらないが、三四郎と山下が加わって、、、!いや、相手役が変わると「劇の風景」が変わって面白いな。ニンゲンがナマモノであることを実感。役者は楽しい仕事である。

劇中歌、今回はキーを上げることになった。歌稽古、歌稽古!まだ、まだ俺は発展途上の進化中の役者だぜ。流山児★事務所10月公演『花札伝綺2013版』本番まで1週間!予約はお早めに。

事務所のホームページの表紙が「寺山修司作品連続上演」に変わった。2014年5月まで『花札伝綺』『無頼漢』『田園に死す』ひょっとすると楽塾?も、と、寺山修司作品連続上演が9か月続きます!!...

『花札伝綺』中日新聞9月24日 #fromEvernote https://www.evernote.com/shard/s326/sh/247c597d-de98-41ac-9a14-9c6bc744c137/08e9bc62b91d3b3360c9473f501cbebc

というわけで、24(火)中日新聞芸能欄に大きく掲載されました。続いて27(金)朝日新聞に掲載予定です。ともに、東海3県(愛知・岐阜・三重)版です!初の流山児★事務所寺山修司作品上演!ご期待下さい。こちらのご予約もお早目に!

2014年7月札幌&東北縦断ツアー、そして2015年3月に予定している黙阿弥歌舞伎『義賊☆鼠小僧次郎吉』ロンドン&アジアツアーの企画が進んでいる。

で、いろんな人に会っている。劇団創立30周年の年!原点回帰そして冒険の年!!様々な《出会い》の中から生まれるわたしたちの演劇。まずは『花札伝綺』10月3(木)〜5(土)@Space早稲田にご来場ください!!待ってます。

さあ、19時から『花札伝綺』初の通し!
2013-09-26 15:02 この記事だけ表示
早速、『花札伝綺』の「劇評」が出た。

BY江森盛夫の「演劇袋」
 作:寺山修司、演出:青木沙織、流山児★事務所、Spaceスペース早稲田。今日の舞台は、2012WORLDツアー プレビュー&壮行公演。流山児★事務所はこの「花札伝綺」をもって、8/12日のエジンバラを皮切りに、ニューヨーク、カナダ・ビクトリア、バンクーバーと約一ヶ月の海外ツアーにゆく。その「2012フリジバージョン」のプレビュー公演。

 この芝居は骨格はブレヒトの「三文オペラ」、乞食の元締めのビーチャム夫妻は、この芝居では死人の元締めの葬儀屋団十郎と女房おはか。娘のポリーは、歌留多で、歌留多をかっさらう大泥棒のメッキ・メッサーは、水木しげるの墓場の鬼太郎、ほか「三文オペラ」の乞食の群れは、この舞台では白塗りの死人の群れ、そして全編、本田実の音楽でのミュージカル仕立て・・。
 わたしは今回で3回目だが、舞台は進化して熟してきた。それぞれの役者が、自分のキャラクターを独自に粒立ててきて、鬼太郎、歌留多、団十郎のメインキャラクターに迫る勢いがあり、音楽の本田が”幽霊ジョニー”役で出演して、ソロを歌って音楽の先導役をはたして、舞台全体が音楽的に安定した。美服のイケメン泥棒鬼太郎と、死んで紅い長襦袢の妖艶な美女に変貌する二役の伊藤弘子、歌も芝居も存在感をました歌留多の坂井香奈美、歌も英語の台詞も自信たっぷりの仏蘭西刑事の流山児、芝居の要の団十郎を演じた里美和彦らが舞台を締めて、全体を統括した青木の演出は、流山児が長年標榜してきた”流山児レビュー”の小規模ながらの完成形とも思えた。

 これなら海外での公演も成功するだろう、ボン・ボワイヤージュ!

TWITTR評より。
「Space早稲田にて流山児★事務所の「花札伝綺 2012 フリンジバージョン」を観る。目黒円融寺本堂での公演から更にパワーアップ。役者たちの汗を飛ばしての熱演、寺山の世界を堪能することができた。聴き取れなかった歌の歌詞が英語の字幕を見てわかったりしたのも面白い。」(T. Sakaguchi)

「流山児★事務所「花札伝綺」:短い時間だがアヤしい寺山ワールドを堪能。耽美な死の世界の筈がパワフルな演出。海外公演のリハも兼ねており、おかげで仕込み/バラシまで公開。よくもまあ2時間弱で全作業を終えられるモノだ。」(田峯英太)

「流山児『花札』海外公演前のプレビュー。すばらしいできでした!海外で、たくさんの方を楽しませられるだろうなぁと。海外公演の無事を祈ります。」(おさかな)

「花札伝綺は白と黒を基調とした外国人には異様な世界+アングラ上等の俳優エネルギーで世界戦を思うに痛快の一言。サボさんの舞台は視覚の楽しみがある。」(村井雄/開幕ペナントレース監督)

「「花札伝綺 2012フリンジバージョン」を観た。搬入〜本編〜ばらしまで…手際よく組み立てられるセット…迫力ある本編…とても幸せな時間でした。」(うーたん)
今週は『花札伝綺』WorldTourに向けての「ハードな日々」が続いている。
4(土)、水天宮ピット最終通し。
仕込み15分、上演時間75分、バラシ15分の「通し稽古」5回目。ほぼ安定。
私の全編英語のセリフもなんとかなってきた?今日もギャラリー多し。EDINBURGH Fringeのサポーターのヒトやニューヨークのサポーターのヒトと連日入れ代わり。感謝。
『狂人教育』2000年ビクトリア公演以来、10年以上お世話になっているクレアも四国から来て、字幕他もろもろと手伝ってもらっている。本当に多くの人々に支えられて『花札伝綺』初の欧米カナダツアー準備が進んでいる。大感謝。
・・・・・・・・・・・
5(日)今日も朝から大忙し。
午前中に東松戸まで。
たつまと待ち合わせて父母の墓参。久しぶりに墓の掃除。それにしても、流れ落ちる汗。
お盆前という事で多くの家族が墓苑に。近所にたつまの仕事の「現場」があるというので見せてもらう。マンションのリニューアル!見事な仕事である。感心する。で、たつまの車で早稲田まで送ってもらう事に。車中親子で、久しぶりにいろんなことを話す。いつもの事だが、年に一度のゆっくりした馬鹿な親子の対話。今年はたつまにとってホントーに「いろんなことがあった」ようである。30歳のころの私自身の話も・・・・・。
ぴったり、13時榎町地域センターに着く。
楽塾、今日もいつものように「テキスト」読み。シェイクスピアの「から騒ぎ」寺山修司「不思議の国のエロス」の2本。「不思議の国のエロス」は寺山修司版「女の平和」。
かつて、劇団四季の為に書き下したMusical。オモシロい。
夜はなんとか座・高円寺で平塚直隆の「トラックメロウ」(オイスターズ公演)を観ようと思っているのだが・・・・・。結局、あおきりみかんは観れなかった。ごめんなさい。
・・・・・・・・・・
今夜は22時早稲田に『花札伝綺』搬入。明かり・音響仕込み。地明かりのみのシンプルなやつ。といっても結局は「徹夜」仕込みとなるだろう。
明日6(月)は『花札伝綺』壮行プレビュー公演@Space早稲田。10時集合、13時テクニカルリハーサル。EDINBURGHと同じ状況。18時45分開場、同時に仕込み開始。18時開演!です。
既に前売り完売。70人以上の「超満員」の「壮行公演」となる予定。オモシロいですよ!!