流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

これもまた「素敵な劇評」です。

嵐が来るぞぉ!〜「アトミック☆ストーム」観劇記 BY小林義宣

まさに「おもちゃ箱をひっくり返したような」である!
津波・原発事故からン十年、あの時、たまたま体育授業中の為奇跡的に助かり、玄海先生の指導下これまで放射能を避け地下に潜り生き抜いてきた(学校指定のちゃちな小学生体育着を身に着けたままながら、もはや中身はひねた、しかも昼夜感覚すら麻痺する大人と化(成長?)した)柏崎さんや大飯くんら子どもたち。帰ってこぬ子を待ち原発を恨む老婆と化し銃を構える母親、内部提言が受け入れられず今や自責の念ゆえに怨念の復讐鬼と化した元原発技術者。

しかし他方、この事態が起こり(し)ながらも上等な生地・仕立ての服をパリッと決め、立派な押し出しで迫り続ける原子力安全基準委員長とその部下たち。これまた妖艶ともふてぶてしいとも評すべき素敵な姿態とセックスアピールで原子力安全基準委員長を操りまくる石原都知事とその秘書軍団。相変わらず自分の生活第一、
給料の限り働き(かせられ?)続ける、うやむやの内に国境をも超えてる月面核のゴミ運搬・管理の会社員や
下請け、そのまた孫請けの社員たち。はては核のゴミ月面管理センターで働く可愛いヨーロッパからの出稼ぎ女子職員たち。

そして、この曖昧混沌とした世界をさ迷い行まどう者がいる。2つの頭を持って生まれた原発畸形児、理知的に判断する頭と感情的に騒ぐ口を持つ頭との2つを持つ畸形の者。あるいは、それこそ人間が管理しきって積りの
月では「月に住むモノ・両性具有のかぐや」が冷厳と人間の有様を見据えている。

賑やかでテンポの速い展開。イヤァ、面白かった。
最早、単純な「正義と悪」や「ブルジョアジー対プロレタリヤート」やの構図ではない(ハンナ・アレントも言っている「アイヒマンも普通の人だ」と)。
それぞれの笑うべき内部矛盾も示されている。客席の我々をも巻き込みかねないダイナミックな演技!
この曖昧混沌とした世界の利害対立、合従連衡が今後どう展開するか。

興味津々、次作にも期待しよう。
2013-06-10 11:52 この記事だけ表示
6月5(水)読売新聞夕刊「演劇欄」に以下の「劇評」が掲載された。

震災、原発を問い直す BY塩崎淳一郎
「東日本大震災からわずか2年余りというのに、夜も光があふれる中で暮らしている。記憶は日々薄らいでいく。政治経済の視点で原発事故を考える言説は大事だが、演劇という市井の文化活動を通して地に足を付けて問い直す努力もまた、「考える葦である」人間の義務だろう。

 佃典彦が1992年に書いた戯曲を今回、大震災を受けてミュージカル色を前面に出して改稿。若手の中屋敷法仁が演出を行い、今という時代を切り取る作品として提示する。反原発の主張は鮮明だが、整然とした踊りや歌というエンターテインメント性の追求は怠らない。

 舞台は三つの世界で成り立つ。原発推進の政治の現場、津波から逃れたまま時間が停止した小学生の集団、地球の動きを見つめる月面世界。震災から数十年を経ても帰らぬ息子を待つ老いた母、廃炉現場の欺瞞を告発する作業員の男が絡む。

 課題は3点。時空間の自在な移動が物語の重層性を与える一方、複雑に入り組んですんなり流れに乗れなもどかしさがある。また、約40人の俳優による群像劇の活力を感じつつも登場人物が記号的に映る。そして主義主張を鮮明にする意志が強すぎて洗練さに欠けて、完成度に不満が残り、消化不良の気味がある。

 だが、原子力専門家をユーモラスに演じる塩野谷正幸、息子を思う歌で聴かせる老女役の阿萬由美ら個性ある俳優の存在感は魅力的で、斉藤ネコの音楽、北村真実の振り付け、音楽の生演奏と、裏方の仕事は水準が高い。そこに可能性は感じられるので、練り直しての再演を望みたい。
2013-06-10 11:16 この記事だけ表示
長文の「劇評」が掲載されている。


20年ほど前に書かれた戯曲を全面改稿しての上演なのだそうだ。
サブタイトルは「明るい僕らの未来編」、キャッチフレーズは「日本演劇界の
風雲児たちがおくる  愛と原子をめぐるミュージカル」不穏さが知れようというものだ。
こりゃあ見ないと。

フクシマの事故から遙か時が経った。
のど元過ぎれば熱さ忘れる、が得意な日本人、さらなる技術開発によって
「安全性を高め」た原発を建て続け、その数なんと99基に及ぶ。
プロジェクトを推し住めているのは上条教授とカリスマ東京都知事・石原。
だが実のところ、溜まりに溜まった原発ゴミの処理方法については、何のめども
たっていなかった。目をつぶるのが得意な日本人、とりあえずゴミを見えないところに運んでしまう
ことにする。原発作業員は今日も被爆し続けている。

津波で行方知れずとなった息子を待ち続ける老婆、
地下に潜り、「永遠の小学生」として生き続けている被災者の一団、
教授の研究室から逃げ出した東京生まれの双生児、彼らの後ろにいる謎の男、月の管理施設にいる三人姉妹、
彼女たちの元を訪れ、やがて去って行く作業員、彼女たちが見て見ぬ振りをしている、あるモノ、
やがて全ての物語が一点で交差する。(略)

時々元ネタが分からなくて
えっあっ何だっけと思ってる間に話が進んでしまったが、勢いよくタブーを
破ってしまえ!という気概あふれるミュージカルで、心地よかったのだった。

いいのはタブーなんざくそ食らえという姿勢だけでは、もちろんない。
悪いもんは確かに悪く、でもいいもんなんか一人もいない。
皆それぞれに一生懸命だし、愚かしいし、身勝手でもある。
大団円はもちろん、お手軽な結論もない。
あるところで時は止まり、幕が下りる。
結局どうなったかははっきりとは示されない。
そこが……こういう言葉を安易に使うのはよろしくないと思うが……
とても「リアル」だ、と思う。

現状がいいとはとても思えない、というか、大変よろしくない状態に
あると思う、ニッポン。
よろしくないんだけど、でも、日々それなりに忙しいし、自分の都合も
あったりするし、なんて調子で流してたら、いずれとんでもないことに
なってしまうんじゃないか。
後世の人間に「あの時なんであんなアホな選択を?」と問われて、
「いや自分反対してたんだけどね、多数決で押し切られてね」と
言い訳するような、そんな人間にはなりたくないよな。

忘れてんじゃねぇよ東京人、しっかり目ぇ開けて見ておけよ、と、
いわれてるような気がして、わかってらぁ、これからちゃんと動くから
見てろよと言い返したくなるような(笑)、そんな舞台だった。
多くの人に見て欲しい、と、切に思う。



2013-06-09 22:01 この記事だけ表示
ビッグニュースです!

今日「アトミック☆ストームTheMUSICAL」中日祝いの席で急遽、アフターミニライブに斎藤ネコさんが参加することが決定!!

6月13(木)19時の回終演後、ネコさんの珠玉のバイオリンの響きが座・高円寺「アトミック☆ストーム」のステージで炸裂する。

予約はお早目に!
2013-06-09 21:39 この記事だけ表示
本日9(日)より後半戦10ステージが始まります!「アトミック☆ストーム」好評の中、爆走中です!!

本日9(日)「アトミック☆ストームTheMUSICAL」14時開演、当日券の発売は13時より。「座席には余裕アリ」です。また、開演の2時間前まで当日券予約を劇団ホームページで受付中です!今すぐ予約。

快晴のトーキョー。ふらりと高円寺にお出で下さい。約2時間の世界の何処にもないNEW MUSICALの世界にその目でお確かめください!!
2013-06-09 10:58 この記事だけ表示
とっても素敵な「劇評」が届きました。「アトミック☆ストーム」は確実にある種のムーブメントになっている予感。

BY甲斐織じゅん

今日6月8(土)、「アトッミック・ストーム」の昼の部の公演を見てきました。

@第一に驚いたのは観客層です。女性客が7〜8割を占めていたと思います。
しかも、年代が平均年齢で30歳そこそこ。このようなテーマの芝居に、こういう客層が参加しているとは驚きです。どこに行っても、シルバー世代が中心という、そういうことに慣れっこになっている私には、全く意外でした。どう考えればいいのでしょうか?流山児演劇の固定客なのでしょうか?わかりません。200席は「満席」でした。

A舞台を三方から客席が取り囲むというのも面白いつくり。私は前日の電話予約の時に、「一番いい席を頼む」といってありました。正面のど真ん中の、いい席でした。正面二階の楽団の気配がわかる、という点でもいい席でした。

B私は暗い客席で、メモを取り、時間を記録しながら、しかも、一言一句聞きもらさないように集中しながらも、楽しみました。

C最初の五分間で、すっかり取り込まれました。暗闇の中で、不気味な轟音が鳴り響きます、客席も振動しているように感じました。地震です。音響効果だけで客席が揺れるはずもなく、どうやっているのかなと、何か仕掛けがあるのだろうかと不思議に思いました。

D舞台中央で一人の女が、津波でさらわれた息子を求めて叫ぶように歌い始めます。そして突然舞台の下から大勢の(20人?)人々が現れ、舞台に上がり合唱となります。 見事な導入部です、時計を見たらまだ5分しかたっていません。でもすっかり別空間に引き込まれてしまいました。

Eこの芝居全般、どこまでが客席で、どこまでが舞台なのか、観客もまた出演者であるかのような錯覚に陥ります。全般にわたって実に見事な「演出」だと思います。

Fあらすじは、流山児のHPを見れば十分だと思います、省略します。

G舞台正面の二階が音楽室になっています。音楽も素晴らしいものでした。特にパーカッションのリズム感の素晴らしさ、あれは天性のものだと思います。計算や練習だけでは、リズム感は磨かれない、
これは、音痴の私だからこそ、自信をもって断言できます。次に、ファゴットです。チャルメラと言ったほうがいいのかな、中国の京劇に使われるような、金属音のするものです。実に的確な瞬間、0.1秒も早すぎず、遅すぎず、絶妙のタイミングで朗々と歌います。舌の使い方がうまいのでしょう。ピアノ、ベースいちいち取り上げませんが、音楽チームはこの舞台を最高に盛り上げていたと思います。

Hあらすじには入りませんが、「東京新聞なんかつぶしてやる」と毒ずく「石原うらん」東京都知事、
彼が「こら、ハシモト」と怒鳴りつける子分、おれおれ詐欺の登場、「絶滅危惧種といわれている、原発反対派が、本当に絶滅しそうだ」などの、本気では笑えないギャグも満載。

I「暗い現実だけど、演劇である以上、希望のある作品にしたい」という29歳の中屋敷法仁さんの演出は見事だったと思います。

J原作台本は、誰が書いてもむつかしいテーマです。最後まで気になったのは、昔お姫さんだった「かぐや」の性格付けです。狂言回しのような登場の仕方。もっと、強い性格ずけをして、地球人ではない「月の精」だからこそ、もっとインパクトのあるメッセージを語らせてもよかったな、と思いました。

K最後に、これだけは見てきたものとして伝えなければなりません。出演者、音楽関係者、裏方の方々の、嵐のようなパワーを全身で感じました。歌も、踊りも、一糸乱れず、あれほどの舞台を展開するには、血の出るような練習と稽古を積み上げたに違いありません。
感動せずにはいられません。

今日が、中日、折り返しだそうです。見に行ってよかったと思います。

以上
2013-06-09 00:44 この記事だけ表示
明快で的確なる「劇評」が。

日刊ゲンダイ:山田勝仁氏の「劇評」〜 笑いと戦慄と絶望とかすかな希望の2時間〜

昨日は19時から座・高円寺1で流山児★事務所「アトミック☆ストーム〜明るい僕らの未来編」(作=佃典彦、演出=中屋敷法仁)。

 時は20××年。舞台は3・11から数十年後の日本。あれほどの甚大な被害と犠牲者を出しながら、何事もなかったかのように「地上」では強権的な政府が人々を支配している。そして、いまだに収束の見通しも立たず、廃炉工程の途上にある原発を見てみぬフリする国民は99基の原発を造り続けている。今また「記念」すべき100基目の原発計画が発表され、建設予定地は「お台...場」に。

 一方、地下では原発震災を逃れ、地上生活を諦めた小学生と引率の教師・玄海先生(龍昇)が今も暗闇の中で避難生活をおくっている。小学生たちはすでに中年世代のはずだが、「永遠の小学生」を生き続けている。

 もうひとつの舞台は「月」。月面のクレーターに地球で処理できない放射性廃棄物を投棄するためのプロジェクトが進行し、オーリガ、マーシャ、イリーナの三人姉妹がその任に当たっている。
 そしてもう1人。「かぐや」と名乗る異形の者(野口和彦)が……。

 この三箇所を往還しながら、ラストの破局へと物語は突き進む。

 地上で権力をふるうのは原子力安全基準委員長の上条教授(塩野谷正幸)と都政を牛耳る石原都知事(伊藤弘子)。彼らを執拗に狙うのは元原発ジプシーの沢田(甲津拓平)。そして打ち上げられた廃船を棲み家にし、海から還らぬ息子を待ち続ける母親・舟虫(阿萬由美)。

 流山児ミュージカルも回を重ね、ありがちな、なんちゃってミュージカルとは一味違う「正統派」に進化。生バンド(時々演技もして笑いを取っていた)の演奏と役者の歌唱もきっちり仕上がっている。特に舟虫役の阿萬は坂井香奈美のケガ降板による急な代役にも関わらずまるで当て書きされたかのような好演。歌唱力も抜群。

 三方をフェンスで囲んだ舞台で展開する物語は演出の中屋敷得意のスピード感あふれる演出と「軽さ」が相まって、物語のダークさをほどよく中和する。

 初演作は沢田研二の「太陽を盗んだ男」にインスパイアされたものだったが、今回も「太陽」を抱えた男・沢田の明るい虚無がラストシーンに炸裂する。

 流山児祥はなんとおそらく役者人生で初めて(?)の着ぐるみで登場。しかも、それが史上最悪のとある物質なのだから、その迫力たるやケタ違い。さらに伊藤弘子に至っては都知事役といいながら、実態は扇子で絶えず風を送らなければ「大魔神」に変身してしまうという、これまたとある「原子力の中枢部位」なのだ。野口「やぐや」和彦も月のとある伝説の生き物が放射能でミュータント化したものというグロテスクかつ哀愁を帯びた設定。

 荒唐無稽といいながら、まさに今の異常としか思えない「原子力帝国化」の一途をたどるニッポンの未来を予見するかのような舞台。
 笑いと戦慄と絶望とかすかな希望の2時間。

 
2013-06-08 10:28 この記事だけ表示
5月31(金)の開幕以来、様々な反響を呼んで、文字通り「嵐を呼んで」=「愛と原子をめぐる」新作MUSICAL「アトミック☆ストーム」一気に10ステージ突っ走ってきて本日6月8(土)夜の回で中日を迎えます。
連日多くのお客様のご来場に出演者一同厚く御礼申し上げます。

「アトミック☆ストーム」連日、進化・深化中です。
折り返し、6月16(日)までの残り10ステージも全力で疾走します。

8(土)夜、9(日)昼、10(月)夜、11(火)夜の4ステージはまだ「残席余裕アリ」です。今すぐ予約を。
なお、開演の2時間前まで当日券予約を受け付けています。ぜひ、ふらりと座・高円寺まで。

曇り空のトーキョー。それにしても晴れ男の私、梅雨だといいうのに本番中、一回も雨が降ってない。
2013-06-08 09:34 この記事だけ表示
CORICH舞台芸術 BY/TETORAPACK

「 チェルノブイリ原発事故後に佃典彦が書いた初演脚本を、東日本大震災を受けて全面改稿し、中屋敷法仁の演出で送る流山児カンパニーのパワフルミュージカル。「原発」を強く意識させられながらも、重々しくなく、社会の愚かさや人間の強さ、弱さなどを、いかにも流山児カンパニー風味で楽しめた。

 中央に仕立てられた舞台を3方向から取り囲む客席配置。その舞台を縦横無尽に出演陣が駆け抜け、踊る躍動感たっぷりの舞台。なんか、座・高円寺こけら落とし公演の流山児★事務所による「ユーリンタウン」を思い出してしまった。

 あのときも躍動感が凄かったが、それともう一つ、女優陣がセクシーで魅惑的だったが、それは今回も同じで、サービス精神も行き届いていた感じ。

 斎藤ネコによる音楽も大きな魅力だった。歌詞も分かりやすくて、聞き取りやすいし、一緒にハミングしたくなっちゃう感じ。 流山児★事務所のベテラン・伊藤弘子のぶっ飛んだ石原都知事ぶりも面白かった。

 2011年の再演「ユーリンタウン」で素晴らしい歌声を聴かせてくれた今村洋一君が流れ者役で出演してが、彼の歌声をもっと聴きたかった。

 そんな印象を感じた本作だが、原発のことについては、観客もそれぞれ思いを巡らせることができた作品だったと思う。
2013-06-07 01:01 この記事だけ表示
快晴のトーキョー。
・・・・・・・・・・・
アトミック☆ストーム連日好評のうちに上演中です。
6月16(日)の千穐楽までノンストップ14ステージ爆走です。
ついに、読売新聞に「劇評」も出ました。
6(木)は終演後、女優陣4人とのアフタートーク。伊藤弘子、阿萬由美、山崎薫、嘉悦恵都。
7(金)の終演後、「初」のバックステージツアーも開催。文字通り「アトミック☆ストーム」の舞台裏が覗けます。役者たちが次々と登場する《あの地下》を「体験」してみてください。
・・・・・・・・・
6(木)19時、7(金)14時、8(土)14時、19時 の4ステージはまだ「余裕アリ」です。
連日、当日券が驚異的に伸びている状況です。最終の週のご予約もお早目にお願いします。
ふらっと、高円寺までおいでください。当日券も前売りも同じ料金=4500円。
高円寺で上質な小劇場ミュージカルをお楽しみください。上演時間は2時間ぴったり。
5人のアコースティックジャズ?バンドと39人の役者達がお待ちしています。
高円寺は安くて旨い呑み屋がいっぱいありますよ。
座高円寺は高円寺駅から徒歩5分。
2013-06-06 12:38 この記事だけ表示