流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

「芝居漬け」 BY田中伸子(ジャパンンタイムス)に短い批評が。
「3/11の震災に関わる戯曲のお芝居を観た。
「アトミック・ストーム」は流山児事務所がスマッシュヒット舞台「ユーリン・タウン」に次いで座・高円寺で上演する大所帯ミュージカル。

チェルノブイリ原発事故を受けて当時28歳の佃典彦が92年に書いた戯曲を改訂を重ね、さらに今回、3/11を経た2013年バージョンへとアップデイトした作品。

流山児事務所の人脈を総動員した年齢層に幅のあるキャストで、さらには若手きっての多忙演劇人、柿喰う客主宰の中屋敷法仁が演出を担当し、御大流山児氏もまさに「核」となる役で顔をみせてのにぎやかなミュージカル舞台。」

※CORICH舞台芸術 BYこしか

「三方囲み席。どこに座っていても役者が客席に降りて来て歌い叫び、時に笑わせ乱舞するサービス精神旺盛な「原発」と「震災」を扱った力強い異色POP(社会派?)ミュージカル。

震災直後の一部のマスコミ報道による美辞麗句を怒り笑いするかのように、勢いある嵐が舞台に吹き捲くっていた。

斉藤ネコさんによる地鳴りのようなテーマソングが聞かれるが、曲が聞きやすく覚えやすい詩が痛烈に耳に残る。生演奏による、その曲のオープニングとエンディング場面は風刺的でもあるし迫力あったり。

衣装の作業着姿の一部分に使われている黄色が照明に映えてにいかにも警告色のような見栄え方。
女優陣がみんなキレイで歌うまい。チラシの写真とは違う、別バージョンのポスターが劇場に掲示してあったが、そちらもカッコ良かった。

見てはいけない物を見た訳ではない。
現在進行形の今だからこそやる必要がある舞台なのかも。
ちょっと気が重くなる部分もあったけど、結末は悲観的にならず希望があると信じた幕切れだったと思う。
核燃料姿の流山児さん、着ぐるみみたいで笑った。」
2013-06-06 01:06 この記事だけ表示
これまた凄い「劇評」がミュージカルの専門レビューから。MUSICAL「RENT」を超える!

ミュージカル/注目のミュージカルレビュー・開幕レポート
日本発! ポップな異色作『アトミック☆ストーム』


「え?こんなテーマでミュージカルが出来るの?」という大方の予想を裏切って、不思議な魅力に溢れたエンターテインメント・ミュージカルが誕生しました。その名も『アトミック☆ストーム』。ずばり、「原発」を真正面から扱っています。作者、演出家たちのアフタートークの様子も交え、舞台の様子をレポートします。
執筆者:松島 まり乃


【流山児★事務所『アトミック☆ストーム』】
「ミュージカルってこういうもの」。そんな既成概念を打ち破る作品との出会いは、いつも心浮き立つものです。これまでも「猫しか登場しない、筋らしい筋のない」『キャッツ』や「歌のない」『コンタクト』など、様々な作品が人々の常識に挑み、ミュージカルの可能性を広げてきました。今回登場した流山児★事務所の『アトミック☆ストーム』は、これまでに無いテーマという点で画期的。おそらくミュージカル史上初の、「原発」を真正面から扱った作品です。果たして、本作はミュージカルの新たな地平を拓くのでしょうか?


【奇想天外なキャラクターたちが混沌と交り合う】
暗闇の中で響くピアノの低音。それが大きくなるにつれ、髪振り乱した女性が現れ、主題歌『アトミックストーム』を歌い始めます。「嵐が来るぞぉ……怒りを込めた拳をあげろ……」。
こぶしを効かせ、びんびんと響く民謡風の発声(演じる阿萬由美。
日本製ミュージカルならではの音楽的な心地よさに浸っている間もなく、舞台には大勢の人々が登場し、嵐の訪れを暗示するかのように混沌と交りあい、散っていきます。

不穏な幕開けが過ぎると、そこには体操着姿の小学生と教師の姿が。でも、何かがおかしい。子供たちの無邪気な台詞とは裏腹に、姿かたちはどう見ても立派な大人です。

実は彼らは3.11以来数十年間、放射能汚染を恐れて地下で生活。外界にさらされていないため、姿は大人でも内面は素直な子供のままなのです。そんな彼らと先生のやりとりの後、場面は「原子力安全基準委員会」や政治家たちの世界へ。
そう、本作は「3.11から数十年後の世界」が舞台のファンタジーなのです。

ファンタジーだからとばかりに、出てくる人々は誰も彼も破天荒。安全基準委員長はどこかの国の独裁者のように強引かつ滑稽だし、都知事ときたら、歌手でヒップホップブランドのディレクターでもあるという設定。かつて津波に襲われた地方では、銃を片手に生き別れの息子を待つ老女と、ある復讐に燃える男の運命が交錯します。
 さらに月面上の核廃棄物管理センターでは、チェーホフの『三人姉妹』をパロディ化した三姉妹はじめ、各国から来た人々が脳天気に廃棄作業に励んでいる……。地下と地上と月、それぞれの世界で人々が歌い踊るうち、月ではある異変が。物語は一気に、ホラーじみた展開を始めます。

【人気戯曲をミュージカル化した理由」
誇張だらけの物語ではありますが、不気味なのは、それが完全に「奇想天外」だとは言い切れない点。その「ありえない」結末も、日々のニュースの断片を繋ぎ合わせれば、「数十年後にはひょっとしたら?」と思えなくもありません。
 というのも、本作のインスピレーションは86年のチェルノブイリ原発事故。作者の佃典彦さんは21年前、この事故に触発されて同名戯曲を書いたのだそうです。今回のミュージカル版は「状況を俯瞰しようと」これに地下と月のシーンを加筆したものですが、小学生による幕切れの台詞などは、最初からあったのでは?と思われるくらい、びしっと決まっています。

 6月2日公演後のアフタートークで、佃さんと演出の中屋敷法仁さんは「初演から20年経ってこのテーマが色あせてない社会って、どうなのかな」と困惑気味に語っていましたが、だからこそ、とばかりに企画の流山児祥さんは「より作品に大衆性が持たせられる、世界に持って行ける」と思い、今回のミュージカル化を考えたのだそうです。

 Eテレ「おかあさんといっしょ」や椎名林檎のアルバム等で知られる斎藤ネコさんの楽曲は、中屋敷さんが作曲にあたってリクエストしたとおり、「ノスタルジックだけど、どこか怖さを秘めた音楽」。舞台上の生バンドがエレキを使っていない、というのもこの作品の隠れたメッセージです。

 原発がテーマ、というとその重さにひるんでしまいがちですが、舞台はあくまでからりと明るく、エネルギッシュなエンターテインメント。蛍光色があしらわれた舞台衣装もポップだし、出演者も若手が大半です。日本のミュージカル界に現れた、異色の社会派ミュージカル。もしかして、エイズを扱った『RENT』のような名作に大化けするかも?などと期待しつつ、まずはぜひ、体験してみてください。

*公演情報*
流山児★事務所
『The Musical アトミック☆ストーム 明るい僕らの未来編』
上演中〜6月16日=座・高円寺
2013-06-05 11:14 この記事だけ表示
続々と素敵な劇評(レビュー)が出ています。
BY 朝日新聞記者:今村修氏

そりゃぁもう、大騒ぎ。
昨夜は流山児★事務所「アトミック・ストーム The Musical」(脚本=佃典彦、演出=中屋敷法仁)@座・高円寺。悲惨すぎて笑ってしまうしかない日本の未来を、グロテスクに描き出し掟無用の暴走ミュージカルだ。映画「太陽を盗んだ男」に触発された佃によって、1992年に流山児★事務所に書き下ろされ、その後「もんじゅ」事故など現実の取り入れながら99年まで、4回にわたって改訂上演された。

今回の舞台は、3.11が遠い記憶となった日本。
年齢不詳の石原都知事(伊藤弘子)、マッドサイエンティスト・上条原子力安全基準委員長(塩野谷正幸)の主導で原発は次々と増設され、もうじき100基目が完成しようとしている。
そんなある日、上条の下に元電力会社社員・沢田(甲津拓平)からリベンジ予告が届く。永遠の小学2年生たちが避難を続ける地下、放射能のゴミ捨て場を化した月とも往還しながらドラマは、賑や...かに絶望的にカタストロフへとなだれ込んでいく

ミュージカルとしての構成が整っていることに驚く。小劇場系のとりわけ流山児★事務所系の音楽劇では、がなり声のために歌詞が聞き取れないことが多かったが、今回はどのナンバーも実にクリア−に聞き取れる。歌唱力重視のキャスティングなのか、歌のレベルも高い。40人近い出演者を中屋敷は鮮やかに出入りさせ、テンポ良く場面を進めていく。空間の垂直軸を活かした演出が面白い。

アジプロ、罰当たり。いずれもギリギリの線をついて、怒りのドラマは進んでいくが、強引にミュージカルに仕立てたせいか、ストーリーの綻びや飛躍のしすぎも少なくない。特に、どらまの牽引軸となる沢田と上条の確執はもう少し書き込んで欲しい。またシュールとしかいいようのないクライマックスに起きる東京都庁の破局も、観劇後戯曲を読んでようやく理解できた。

とはいえ、この舞台にこもる熱気は貴重だ。
国会を6万人もの国民が包囲しても、原発問題が来たる参院選挙の争点にすらならない。それを良いことに政権与党は「再稼働」「新設」と言いたい放題。電力会社もタカをくくって、電力料金値上げで国民を恫喝しつつ、徒に時間を稼ぐ。そんな現状に風穴を開けるには、こんな無鉄砲な熱こそが必要と思うからだ。(敬称略)
2013-06-05 11:05 この記事だけ表示
「満席」にはならなかったが驚異的に当日券が伸びてどんどん客席は埋まっていった。
「アトミック☆ストーム」4日目。順調に進化・深化しています。
明日は休演日。とにかくゆっくり休みましょう。2か月間ノンストップで突っ走ってきた現場です。

で、明後日5(水)からリスタート。14時、19時の回ともいまのところ、残席「余裕アリ」です。是非、ご来場ください。好評のアフタートーク。6月1(土)に続いて本日、男優陣とのトークも無事終了しました。
・・・・・・・・
次回:5(水)夜のアフタートークゲストは佐藤信(座・高円寺芸術監督)。
続いて6(木)夜のアフタートークゲストは女優陣:伊藤弘子、阿萬由美、嘉悦恵都、山崎薫の4人。
ともに演出:中屋敷法仁、企画:流山児祥も出演します。ご期待ください。

※また、「アトミック☆ストーム」6月7(金)14時の回終演後、「初」のバックステージツアーも行います。
驚異の「アトミック☆ストーム」の《舞台裏》が覗けます。
役者たちが通る奇妙な空間を実際に「体験」してみてください。
座高円寺でお待ちしています。
2013-06-04 00:40 この記事だけ表示
「アトミック☆ストーム」主題歌です。

嵐が来るぞぉ 荒々しい
流されるな 碇を下ろしてここを動くな
邪魔する奴は 容赦しない

嵐が来るぞぉ アラームが鳴る
騙されるな 怒りを込めた拳を上げろ
邪魔する奴は 容赦しない

待ち続けた年月 変わらない想い
海に沈んで動かない 誰にも文句は言わせない

嵐が来るぞぉ 新たな波 
流されるな 碇を下ろしてここを動くな
邪魔する奴は 容赦しない

嵐が来るぞぉ あらすじは無い
騙されるな 怒りを込めた拳を上げろ
邪魔する奴は 容赦しない

待ち続けた年月 変わらない想い
海に沈んで動かない 誰にも文句は言わせない

嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ
嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ 嵐が来るぞぉ

2013-06-03 00:06 この記事だけ表示
流山児★事務所の新作「アトミック☆ストームTheMUSICAL」@座・高円寺1(作:佃典彦 音楽:斎藤ネコ 演出:中屋敷法仁)6月16(日)まであと17ステージ絶賛上演中です。

当日券予約はhttp://http://www.ryuzanji.com/ で開演2時間前まで受け付け中。前売・当日とも4500円、学生:3500円
※なみちけ:4枚つづり:3000円×4=12000円が「お得」です。お友達お誘いあわせの上ご来場ください。
詳細は座高円寺チケットボックス03−3223−7300まで。
※なお、劇場窓口での発売は開演1時間前。全STAGE当日券発売します。
6月3(月)19時、5(水)14時、19時の3ステージが「超おススメ」です。
なお、3(月)終演後、俳優:麻田キョウヤ、今村洋一、木暮拓矢、五島三四郎 演出:中屋敷法仁、企画:流山児祥によるアフタートークを行います。
ぜひ、ふらりと高円寺までご来場ください。
ポップでカオスの「世界に誇る」ジャパニーズミュージカルがアナタを待ってます。
2013-06-02 23:45 この記事だけ表示
とても素敵な「劇評」が出た。
演劇評論家:江森盛夫さんの明確な視点。
BY江森盛夫の「演劇袋」

ー明るい僕らの未来編ー。脚本:佃典彦、演出:中屋敷法仁、音楽:斉藤ネコ、振付:北村真美、企画:流山児祥、座・高円寺夏の劇場06×流山児事務所。

 佃典彦が20代でチェルノブイリの原発事故の後に書き、流山児★事務所が上演されたものを、今回の福島の原発事故を受けて全面改稿した作品だ。 客は鉄柵で囲まれた舞台を三方から観る

 開幕、事故で行方の知れない息子への老女の絶唱・・、多数の登場人物の区分は、事故のとき地下に潜って奇跡的に生き残った2年三組が暮らす「地下小学校の人々」、活断層が何本あろがびくともしない最高に強靭化した国土を謳い安全神話を復活させ、原子力ルネッサンスを謳歌する学者(塩野谷正幸)と女性東京都知事石原ウラン(伊藤弘子)が先頭の「推進派」、放射能で二体繋がってしまった男二人と、それを操る男の「流れ者」、老女の「ボロ船の住人」、いまや高レベル放射性廃棄物、核のゴミを捨てる場所はなんと月!
 
 その「核のゴミ運転士」、「核のゴミ月面管理センター」このセンターのメンバーはオーリガ、マーシャ、イリーナの「三人姉妹」なのも意表を衝く・・、その月には性別不明の恐ろしげなモノローグを発する怪物がいる「月に住むモノ」・・、それと流山児祥が扮する”使用済み核燃料棒”が、まだ使用中だが彼の半生を象徴するような異様な存在感を放射して・・。

 それら「区分」の人物群を、佃のテキスト、斉藤の音楽、振付の北村の三位一体を溶融させて、中屋敷が見事なダイナミテイでシーン、シーンを流麗に拮抗させミュージカルとして生動させ、日本の滅亡の前夜を描き出した・・。

 ラストのイリーナの「やがて時がくれば・・・どうしてこんなことがあるのか・・・これ以上、何のために繁栄を求めるのか、みんな判るのよ・・働かなきゃ、働かなきゃって・・何のために」という台詞が胸にひびく舞台だった・・・・。だが、ダ−クファンタジーに塗りこまれた舞台ではない、そこはサブカルの名手:中屋敷は、ミュージカルの展開そのものの面白さで、生きることの喜びと希望を充分感じさせたのだ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 アフタートークで流山児が「こんな芝居をやってもいいんですか」という客がいたそうだが、こんなあたりまえの舞台でそう感じる人がいるとは、日本の自主規制、重大事の忌避感の異様さ、そういう変調を見直す舞台でもあるのだ。時宜にかなった面白いミュージカルで、流山児の佃・中屋敷の組み合わせという企画は大成功だった・・。
2013-06-02 18:22 この記事だけ表示
「アトミック☆ストーム」爆走中。本日3日目。座席にはまだ余裕ありです。ふらりと座・高円寺まで。
様々なレビューが・・・・・有難うございます。
・・・・・・
以下  BY福場俊策ブログ。

「役者のパワーに終始圧倒されました。
大人数でのミュージカル舞台。
一人一人が役割を担い圧倒的な熱量を放出していました。
そこにも感情移入してしまい、笑い泣き怒りと忙しかったー(笑)

栗原茂さん、三木崇史さんには注目です!(^-^)
名前の通り原発に関した内容。
佃さん脚本、そして柿食う客の中屋敷さん演出、更には流山児事務所プロデュースの今作品。
すごい事になってます!」
・・・・・・・・・・・・・・
BY秋山桃花facebook

「原発をテーマにした流山児事務所のすばらしいミュージカル:アトミックストーム超おもしろかったです。
バランス感覚がすごくいいと思った。
ネタバレじゃない程度のメモ...
・石原都知事が女
・燃料棒を月に保管、管理人がユニーク
・なんちゃってミュージカル
・燃料棒くん
・地上と月と地下
・すごく俯瞰してる感じ、理性と感情のバランス

6月16日までやってるので、ソーシャルなミュージカルを見たい人、福島や原発の問題とどう関わるか何をするかヒントが欲しい人おすすめ!音楽もすてきでした。

そういえば、去年、流山児☆事務所の「ユーリンタウン」も見にいって、おもしろかったのを思い出した。
なんつーか、骨太、だけど笑いもきちんと抑えている。好きになりました。

6月半ばまでやっています!是非。もう一度観に行こうか迷ってます。」


2013-06-02 10:03 この記事だけ表示
昨日よりも当日券がどんどん増えて、ほぼ「満席」の2日目、サイド席も完全に埋まる!!こうなると役者は全面展開のパワー。
名古屋から作家:佃典彦も上京。
終演後は中屋敷・流山児を交えたアフタートークもあって、その後、楽屋で佃さんの歓迎会。福島からの友人やら旧来の劇団の客も楽屋に大勢。昨日に続いての大宴会。
その後、高円寺のガード下へバラバラに散っていった。
明日:6月2(日)14時の回、座席にはまだ「余裕あり」です。
ぜひ、ふらりと高円寺までお出で下さい。
本番2時間前までhttp://www.ryuzanji.comで当日予約受付中。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、とってもリアルで素敵な観客の感想を以下記します。

BY「宮カ原千絵の音時計」より。

見終わっての帰り道でも、震えが止まりませんでした。

ホラーだったのではなく、本当のことを見た気がしたからなのです。良かった、て舞台は沢山あるけど、こういう感覚は初めてです。迫力とか、派手さとかっていうよりも、核心の重さが。

色んな意味で、なまぬるい自分が嫌になった。この時代に、これだけやる心意気。アングラ、という言葉でまとめていいのかわからないけど、このスピリット、好きです。台本は、20年も前のものの改訂だそうだけど、時代が進んで、より、核心に迫ってるんじゃないのかっ!

お腹の中に、嵐の種をもらった感じだ。どんどん、これから膨らんでいくような気がする。
あたしが今、ほしかったものだよ、これは。
創りもののミュージカルではなくて、あらすじはあったけど、本当は嵐そのものだったんじゃないだろうか。
////////////////////////////

そして、演出家:林英樹さんの感想も。

「高円寺で原発をテーマとした『アトミック・ストーム』観る。
大衆的な歌舞劇としてのミュージカル」を追及する流山児事務所らしい舞台。
フィクションの中に重く深刻なテーマを込め、しかし肩のこらないエンターテイメントに仕上げる流山児流が見事に発揮されていた。」
2013-06-01 21:19 この記事だけ表示
「アトミック☆ストーム」無事初日の幕が開きました。
200以上の客席はさすがに「満席」にはならなかったがほぼ埋まり、客席の反応がビシビシつたわる舞台となった。それにしてもこの芝居は「現在(いま)」やるしかない!との想いを新たにした。
今演劇で出来る事をあと19ステージやり続ける。
志高く!!
というわけで、「しのぶの演劇レビュー」に続いて「いっちの舞台大好き」の有名演劇ブログにも「劇評」が。

たくさんの人に観てもらいたい!流山児★事務所【アトミック☆ストーム】(初日)@座・高円寺1

正直、今回中屋敷さんが流山児★事務所の演出をされると聞いた時、柿喰う客も流山児★事務所も好きな私としてはお互いの良さを消し合っちゃうんじゃないか?…なんて勝手に危惧してたんですけど観劇してみたらそれは取り越し苦労でした。

パワフルな群衆芝居は流山児★事務所ならでは、そしてコミカルな場面は柿喰う客テイスト(?)…それらがうまい具合に調和されていて、観ていてワクワクドキドキ、そしてしんみり。
あっという間の2時間でした。

まだ初日が開いたばかりなのでネタバレは避けますが…内容的には現代ニッポンへの痛烈な問題提起と風刺が満載で、1人でも多くの人に観てもらいたい…いやこれはぜひ観るべきだと思う!!

普段私達が目を背けがちな事柄と真っ向から向き合ったジャパニーズミュージカル、私も来週もう1回観に行く予定です(^^)。

※今回は客席が3方向にあるので、色々な角度から観るのも楽しいかも。
ちなみに今回私はサイド席、しかも最前列で役者さん達とビシバシ目が合うある意味おいしい席でした(笑)。
来週は正面席です。どんな観え方になるのか…楽しみ(^^)!!
2013-06-01 00:52 この記事だけ表示